ミッドナイト・イン・パリ

原題:MIDNIGHT IN PARIS
監督:ウディ・アレン
出演:オーウェン・ウィルソン、レイチェル・マクアダムス、キャシー・ベイツ、マリオン・コティヤール
製作:2010年米・西


アメリカ人で娯楽映画の脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムス)とともにパリを訪れる。
作家への転身を夢見てノスタルジー・ショップで働く男の小説を書き始めるギルだったが、壁にぶつかっていた。
ある夜、ワインの試飲会に参加したギルは、帰り道に迷い物思いにふけっていると、0時の時計の鐘とともに、1台の古い車が目の前に止まる。
車に乗り込んだギルが着いたのは、あこがれの作家ヘミングウェイや画家ピカソらがいる1920年代、黄金期のパリだった・・・。

おすすめ度:

機内で観てすごく良かったので、DVDレンタルしてもう一度観ました。

0時の鐘がなると旧式のプジョーが現れて・・・その後はファンタジー全開。
現実の世界では周囲の影響で型にはめられた人生のギルが、夢の世界で本来の自分を取り戻していく。

心地よい夢をみているような映画です。
タイムスリップしたパリの夜に繰り広げられる出来事、エネルギッシュで個性的な人々、その魅力たるや。
特に、アドリアナを演じたマリオン・コティヤールが最高。
1920年代の黄金期に天才たちと共に生きた知的なパリジェンヌを熱演。

こんな映画を作るウッディ・アレンも、パリという街そのものに魅了された一人でしょうね。

バッド・ティーチャー

原題:BAD TEACHER
監督:ジェイク・カスダン
出演:キャメロン・ディアス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジェイソン・シーゲル、ルーシー・パンチ
製作:2011年米

バッド・ティーチャー [DVD]
エイベックス・マーケティング (2012-10-03)
売り上げランキング: 23,023

玉の輿結婚を夢みる中学教師のエリザベス(キャメロン・ディアス)は、婚約者の母親にお金目当てだと見抜かれ、婚約破談になってしまう。
適当に授業をこなすある日、彼女の勤める中学に若くてハンサムな代理教師スコット(ジャスティン・ティンバーレイク)が赴任してくる。
スコットが大企業の御曹司だと知ったエリザベスは、彼を振り向かせるために豊胸手術を受けるために手術費用を荒稼ぎしはじめるが・・・。

おすすめ度:

キャメロン・ディアスのラブコメって、いつも何だかんだで結構笑えるんだけど、この映画はイマイチ。
全くやる気のないひどい態度の中学教師という設定が、大袈裟すぎてドン引きです。

元恋人だったキャメロン・ディアスとジャスティン・ティンバーレイクの共演ってのが売りの映画で、ストーリー上はキャメロン演じるエリザベスが、ジャスティン演じるスコットに一方的にお熱をあげてます。
スコットはちょっと不思議ちゃんですが、意外にもジャスティンは好演。
最近映画での活躍が多いジャスティンは、本業の歌以外にもファッションブランドを立ち上げたり、レストランのオーナーだったり、そして先日ついに結婚もしたし、私生活も充実してそうですね。

何歳になっても衰えないキャメロンの体型が羨ましい。

>> キャメロン・ディアス出演映画をみる

ツーリスト

原題:THE TOURIST
監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
出演:ジョニー・デップ、アンジェリーナ・ジョリー
製作:2010年米・仏

ツーリスト [DVD]
ツーリスト [DVD]
posted with amazlet at 13.01.13
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2011-07-27)
売り上げランキング: 3,883

国際指名手配犯アレキサンダー・ピアースの恋人エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、ピアースからの手紙の指示どおり、列車にのヴェネチアへ向かう。
その車内で、アメリカ人のツーリスト、フランク・トゥーペロ(ジョニー・デップ)に声をかける。
魅力あふれるエリーズに誘われ、2人はヴェネチアの高級ホテルに宿泊するのだが・・・。

おすすめ度:

一応サスペンス・ミステリーに分類してみましたが、この映画はなんと言ったらいいのか。
スピード感がなく淡々と進むストーリー、先の展開は気になるものの、そこにスリルも感じず、アクションシーンですら緊張感が全くないという、ちょっと不思議な映画でした。
これが作り手の狙いだとしたらおもしろいけど、そうでなかったら・・・どうなのだろう。

見所はやっぱり、ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーの共演。
配役は当初トム・クルーズとシャーリーズ・セロンの予定だったらしいですが、あの役ならトム・クルーズじゃなくてジョニー・デップでいいかと。
彼はコスプレ特殊メイクの印象が強いけれど、意外とこういう普通のおじさん役がいいのです。

日本では本作でのアンジェリーナ・ジョリーが美しいと評判のようですが、アメリカではskinny(痩せすぎ)で気持ち悪いと言う人が多いのだとか。
確かに、昔もうちょっと太ってた頃のほうがよりsexyだったとは思うけど、綺麗であることは確か。

途中、もしかして?と思ったとこは何度かあったけど、ラストはしっかり騙されました。
ちょっと不可解なストーリーですね。

舞台となるヴェネチアの町並みや風景が素敵で、イタリアに行きたくなります。

>> ジョニー・デップ出演映画をみる
>> アンジェリーナ・ジョリー出演映画をみる