バレンタインデー

原題:VALENTINE’S DAY
監督:ゲイリー・マーシャル
出演:アシュトン・カッチャー、ジェニファー・ガーナー、ジェシカ・ビール、ジェシカ・アルバ、アン・ハサウェイ、ジェイミー・フォックス、テイラー・スウィフト、テイラー・ロートナー、エリック・デイン、ジュリア・ロバーツ、ブラッドリー・クーパー、キャシー・ベイツ、シャーリー・マクレーン
製作:2010年米

バレンタインデー [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-11-03)
売り上げランキング: 4,941

舞台は、バレンタインデーのロサンゼルス。
老若男女15人の恋の行方をオムニバス風に描いた作品。
婚約から一転破局してしまったカップル、長年連れ添った夫婦、片思いの少年、次のステップに進みたい高校生カップル、バレンタインが大嫌いな独身たち。
みんな最高のバレンタインデーを夢みているが・・・。

おすすめ度:

キャストが豪華。若手からベテランまで有名どころを惜しみなく、という感じ。

アシュトン・カッチャーは、単純で素直な友達想いの花屋のオーナーが、意外とハマリ役。
ジェシカ・アルバは、出番が少なくてがっかり。
久しぶりに映画で観たジェニファー・ガーナーは、プライベートではもう3児の母なのに、そんなの全然感じさせないほど若くてキュート。
アメフト選手役のエリック・デインは、目の保養になるわ~と思って観ていたら、ストーリー中盤では意外な告白が。

他にも、登場するたび思わずオーっ!と言ってしまうようなスターが次々と出てくるので、ミーハーには嬉しい映画です。

同じくゲイリー・マーシャル作品で、似たような雰囲気の映画で「ニューイヤーズ・イブ」がありますね。
ストーリーは、ニューイヤーズ・イブのほうが好きかも。
そういえば、ジェシカ・ビールとアシュトン・カッチャーは、両作品に出演してますね。
ゲイリー・マーシャルのお気に入りなのかしら。

アメリカのバレンタイン事情がよく分かる映画。
バレンタインデーにカップルで仲良く観たら楽しいと思います。

>> アシュトン・カッチャー出演映画をみる
>> アン・ハサウェイ出演映画をみる
>> ジュリア・ロバーツ出演映画をみる

バーレスク

Filed under: ミュージカル,元気を出したい — タグ: — 10:29 PM 2012/11/25

原題:BURLESQUE
監督:スティーブ・アンティン
出演:クリスティーナ・アギレラ、シェール、エリック・デイン
製作:2010年米

バーレスク [DVD]
バーレスク [DVD]
posted with amazlet at 12.11.25
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2011-10-05)
売り上げランキング: 726

歌手になることを夢見て故郷のアイオワからL.Aに来たアリ(クリスティーナ・アギレラ)は、ある夜テス(シェール)が経営するバーレスク・ラウンジという店を訪れる。
そこのダンスショーに魅了されたアリは、ウェイトレスとして働きながら、やがて舞台に立つチャンスを得る。
ショーの途中で音源アクシデントで、アリが咄嗟にアカペラで歌ったことから、その歌唱力でお店は大盛況となり、一躍お店の看板スターとなるのだが・・・。

おすすめ度:

この作品は、映画館の大画面&大音量で観るべきでした!

分かってはいたけれど、クリスティーナ・アギレラの歌唱力がすごい。
そして、出産を経験した女性とは思えないスレンダーでかっこいい体型。
(公開時に来日したときは、ふっくら激変しててビックリしたけど・・・)
この映画での彼女は、なんだか顔もすごく可愛くて、ショーの時のきついメイクも、オフの時のナチュラルなメイクも、全部良かった。
観る前までは正直、この人って演技とかできるのかな?と思ってたけど、のっけから釘付けになってしまいました。
とにかく、クリスティーナ・アギレラの魅力全開な作品ですね。

華やかな舞台にたつことを夢みて、田舎から都会に出てきた一人の若い女性がチャンスを掴み取って成功する、というストーリーはありがちですが、主人公アリの行動力や、自分の可能性をとことん信じて突き進むひたむきな姿は、観ていてとても気持ちがいいし、元気をもらえました。
チャンスというのは貰うものではなく、自分自身で掴み取るものだなと。

クリスティーナ・アギレラの若さ溢れる華やかなダンスと歌とは対照的に、シェールのしっとりした歌と演技も良かったです。

分類するのに迷いましたが、一応ミュージカルにしてみました。

歌姫2人のパフォーマンスが楽しめる映画、おすすめです。