世界にひとつのプレイブック

原題:SILVER LININGS PLAYBOOK
監督:デヴィッド・O・ラッセル
出演:ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ
製作:2012年米


妻の浮気現場を目撃してしまったパット(ブラッドリー・クーパー)は、精神的に病んで精神病院に入り、8ヶ月後に家に戻るも、荒れた言動ばかり。
そんなある日、近所に住むティファニー(ジェニファー・ローレンス)と出会う。
彼女もまた、夫を事故で亡くし、心のバランスを保てなくなっていた。
ティファニーの誘いで、一緒にダンスコンテストに出ることに決めたパットだったが・・・。

おすすめ度:

ジャンルはヒューマンコメディとあったので、一応コメディに分類しました。
でも、これってコメディなの!?
特に笑えるようなところ、なかったような気がするんですが。

前半は、キレて捲し立てたり言い争ったりするシーンばかりで、ちょっとうんざりしました。
後半、希望の光を見つけて2人で前向きに進んでいくあたりからは、まぁ良かったですが。
評価の高い作品のようだけど、個人的には好みじゃないです。

オスカーを受賞したジェニファー・ローレンスは、機内の小さいスクリーンで見ても充分魅力が伝わったぐらい。
22歳とは思えない色気と貫禄ですね。
一方、主演男優賞にノミネートされたブラッドリー・クーパーは、期待ほどでもなかったような。

ジェニファー・ローレンスの魅力と、脇役のロバート・デ・ニーロの存在感に、一応★3つ。
でも、内容的には★2にしたいぐらい、楽しめなかった映画。

バレンタインデー

原題:VALENTINE’S DAY
監督:ゲイリー・マーシャル
出演:アシュトン・カッチャー、ジェニファー・ガーナー、ジェシカ・ビール、ジェシカ・アルバ、アン・ハサウェイ、ジェイミー・フォックス、テイラー・スウィフト、テイラー・ロートナー、エリック・デイン、ジュリア・ロバーツ、ブラッドリー・クーパー、キャシー・ベイツ、シャーリー・マクレーン
製作:2010年米

バレンタインデー [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-11-03)
売り上げランキング: 4,941

舞台は、バレンタインデーのロサンゼルス。
老若男女15人の恋の行方をオムニバス風に描いた作品。
婚約から一転破局してしまったカップル、長年連れ添った夫婦、片思いの少年、次のステップに進みたい高校生カップル、バレンタインが大嫌いな独身たち。
みんな最高のバレンタインデーを夢みているが・・・。

おすすめ度:

キャストが豪華。若手からベテランまで有名どころを惜しみなく、という感じ。

アシュトン・カッチャーは、単純で素直な友達想いの花屋のオーナーが、意外とハマリ役。
ジェシカ・アルバは、出番が少なくてがっかり。
久しぶりに映画で観たジェニファー・ガーナーは、プライベートではもう3児の母なのに、そんなの全然感じさせないほど若くてキュート。
アメフト選手役のエリック・デインは、目の保養になるわ~と思って観ていたら、ストーリー中盤では意外な告白が。

他にも、登場するたび思わずオーっ!と言ってしまうようなスターが次々と出てくるので、ミーハーには嬉しい映画です。

同じくゲイリー・マーシャル作品で、似たような雰囲気の映画で「ニューイヤーズ・イブ」がありますね。
ストーリーは、ニューイヤーズ・イブのほうが好きかも。
そういえば、ジェシカ・ビールとアシュトン・カッチャーは、両作品に出演してますね。
ゲイリー・マーシャルのお気に入りなのかしら。

アメリカのバレンタイン事情がよく分かる映画。
バレンタインデーにカップルで仲良く観たら楽しいと思います。

>> アシュトン・カッチャー出演映画をみる
>> アン・ハサウェイ出演映画をみる
>> ジュリア・ロバーツ出演映画をみる

そんな彼なら捨てちゃえば?

原題:HE’S JUST NOT THAT INTO YOU
監督:ケン・クワピス
出演:ベン・アフレック、ジェニファー・アニストン、ドリュー・バリモア、ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・コネリー、スカーレット・ヨハンソン、ジャスティン・ロング、ジニファー・グッドウィン
製作:2009年米

そんな彼なら捨てちゃえば? [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-07-14)
売り上げランキング: 7257

いつも恋に空回りするジジ(ジニファー・グッドウィン)に、バーテンのアレックス(ジャスティン・ロング)に男の本音を伝えアドバイスする。付き合って7年の恋人ニール(ベン・アフレック)と結婚したいベス(ジェニファー・アニストン)は、全く結婚する気がない彼にイライラ。ヨガ教室の講師アンナ(スカーレット・ヨハンソン)は、妻ジャニーン(ジェニファー・コネリー)のいるベン(ブラッドリー・クーパー)に夢中。
それぞれの恋の行方は・・・。

おすすめ度:

ドリュー・バリモアがプロデュースしたそうですが、彼女自身ネットで彼氏を募集するおちゃめな女性役で出演しています。

個人的には、すごくツボなラブコメでした。

ジジを演じたジニファー・グッドウィンの積極的で空回りなアプローチは、同じ女性として見ていて痛いと思いながらも、なんか笑えます。
アンナを演じたスカーレット・ヨハンソンは、役柄的にも外見からも、女性とくに既婚者の女性には、やや批難されそうですね。
でも、幸薄い未来が見え隠れするような感があり、そこが”100%嫌な女”には見えないところだと思います。

ジェニファー・アニストンは、ピッタリのハマリ役で、いくつになっても可愛い。
ベン・アフレックとのカップルぶりはラブコメ定番で、安定感すら感じました。

それぞれキャラクターやカップルの恋模様に、自分の今までを重ね合わせたりと、共感・同調できる部分もあり、また恋する男の本音についてのノウハウ(?)もあったりして、女性はこの映画、結構楽しめるんじゃないかと思います。

>> ベン・アフレック出演映画をみる
>> ジェニファー・アニストン出演映画をみる
>> ドリュー・バリモア出演映画をみる