[ドラマ]オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム-シーズン1~2

Filed under: ヒューマンドラマ — 1:37 AM 2021/07/26

原題:Muhteşem Yüzyıl
出演:ハリット・エルゲンチュ、メルイェム・ウゼルリ、オカン・ヤラブク、ネバハット・チェフレ、セルマ・エルゲチュ
製作国:トルコ
放送開始:2011年~


※映画レビューサイトですが、海外ドラマの感想も時々書きます。ネタバレあり注意。


おすすめ度:

オスマン帝国の最盛期、第10代皇帝スレイマンの時代。トプカプ宮殿を中心舞台に、皇帝家族やハレムの人々を描いた作品。
世界約90か国で放送され、約8億人が視聴したとされる大大大人気のトルコドラマ。
シーズン1~4まであり、日本では現在「hulu」で全シーズン配信中。
シーズン1が48話、シーズン2が79話、シーズン3が92話、シーズン4が93話とたっぷりあり、あらすじは書ききれないので、興味があればHuluのサイトでどうぞ。

⇒ huluでシーズン1から視聴可能!-オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム


突っ込みどころが満載のトルコドラマ。出演者はトルコの他ドラマでも活躍する豪華な顔ぶれ。
まずはシーズン1~2について、見どころや気になった点をかい摘んでご紹介。

見どころは何といってもハレムで暮らす美女たち。皇女や側女、女だらけの後宮が舞台です。
オスマン帝国の一番華やかな時代の現イスタンブールが舞台ということもあり、豪華な宮殿や宝飾品、女性たちのエキゾチックな衣装など、とにかく素敵。

史実では、オスマン帝国の10代皇帝スレイマンは、軍事的な成功を多くおさめ、法の基盤を確立した実力者。
一方で、詩を書いたり宝飾品を作ったりと、芸術の才能もあったらしい。壮麗帝と呼ばれている。
ドラマでは女性関係が強調されているけれど、実際のスレイマンは遠征を数多くして領土を拡大していった皇帝で、ドラマ内でのスレイマンの描き方に対し、トルコ国内では当初かなりの反発もあったらしい。
でも、戦争シーンばかりじゃドラマとして面白くないからねぇ。

「ハーレム」って聞くと日本では何となくエロいイメージを想像する人が多いと思うけど、このドラマではそういったシーンはありません。イスラムの国のドラマなので。
浴場でタオル一枚巻いた若い女の子たちが髪をなでるように洗ってるシーンはよく出ますが、その程度。

実際にトルコを旅行して、トプカプ宮殿やモスクなどを見学した人であれば、イメージがしやすくより楽しめる。
トルコに行ったことない人は、多分このドラマを見てトルコに行きたくなると思うし、ドラマを見てから行ったほうが絶対に楽しめると思う。

スレイマン役のハリット・エルゲンチュは声がいい!ハゲててもセクシー。
スレイマンは「ムヒッビー(恋する者)」という名前で詩も多く残しているけれど、ドラマ内でもちょっと恥ずかしいポエムをあのイイ声で詠んでいます。
シーズン1~3のヒュッレム妃役メルイェム・ウゼルリは、可愛く見える時とぶさく見える時の両方があって、顔演技に幅があるところが好き。奴隷から皇帝夫人にまでのし上がった強さ、したたかさ、そして美貌(史実上はそれほど美人ではなかったようだけど…)という点でハマリ役。
スレイマンの母后役のネバハット・チェフレは、トルコ版デヴィ夫人。年齢を重ねても美と健康を保っている様子。
皇帝の片腕イブラヒム役のオカン・ヤラブクもかなりの演技派。顔に合わない高い声がどうにも気になってしまうが。役柄的にはシーズン1は好印象で見ていたけれど、シーズン2以降はどんどん憎らしくなっていきます。
皇女ハティジェ役のセルマ・エルゲチュは、長身でモデルの経験もある教養人らしい。何カ国語も話せるとか。
実生活でもドラマの中でも「美貌」と言われているが、激怒した時の顔はチャッキーみたいで怖いです。
上記以外にも個性的な出演者が多く、人でかなり楽しめる。個人的にはマルコチョール・バリ・ベイが好きです。

シーズン1では奴隷として宮殿に連れてこられたヒュッレムが皇帝の寵愛を受け、周囲と対立しながらも強くのし上がっていく姿が中心に描かれています。
シーズン2では皇子たちを含めた人間関係、後宮で起こる様々な事件、嘘や裏切り、そしてスレイマンの新たな女性関係など、さらにドロドロした展開になっていきます。
シーズン2の最後でヒュッレムは後宮の支配者となり、いったんストーリーとしては区切りがつくので、長すぎて疲れる!と思ったらここで休憩してください(笑)

とにかく長い長いドラマで、しかも一度見始めると続きが気になって仕方ないので、暇な人にオススメです。

ビフォア・ミッドナイト

Filed under: 恋愛・ラブコメ — タグ: , — 5:30 PM 2015/02/20

原題:BEFORE MIDNIGHT
監督:リチャード・リンクレイター
出演:イーサン・ホーク、ジュリー・デルピー
製作:2013年米

ビフォア・ミッドナイト [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015-02-04)
売り上げランキング: 337

9年ぶりにパリでの再会を果たした2人のその後。
時はさらに9年経ち、ジェシー(イーサン・ホーク)とセリーヌ(ジュリー・デルピー)は、双子の子供たちと共にギリシャで6週間の休暇を過ごしていた。
最初の出会いから18年、いまや生活を共にし、仕事と育児に追われる2人。
久しぶりに2人きりのロマンチックな夜を過ごす予定も、些細なことから口論になってしまい・・・。

おすすめ度:

余韻を残す終わりだった2作目「ビフォア・サンセット」から、また9年が経っています。
結ばれることはないと思っていた2人の間には、まさかの子供まで。

40代になった2人は、日々の生活に疲れて、若い頃のパッションはやや失いながらも、あの果てしなく続くテンポの良い会話は健在。
風光明媚なギリシャの町を歩きながら、とにかくよく喋る。
さっきまでたわいもない話で盛り上がっていたのに、なぜか喧嘩がはじまったり。
理論派で愛情深いアメリカ人男と、行動力のある感情派のフランス人女が一緒に暮らすと、こんな風になるということ。

このシリーズは、ほぼ2人の会話だけで成り立っています。
1作目:恋人までの距離(ディスタンス)
2作目:ビフォア・サンセット

今度どうなるか分からない2人の不安定な関係、切なさといったものは今作にはなく、家庭の問題や夫婦の間に生じる亀裂といった、よくありがちな夫婦の物語に傾いていましたね。
前作が傑作だっただけに、どうかな・・・と思うところはあったけれど。
人ってこうして年を取っていくんだね、って向き合えた映画。

ともあれ、2人のその後がまた観れたのは、嬉しかったです。
また続きがあるのかな?

>> イーサン・ホーク出演映画をみる

チェ・28歳の革命/チェ・39歳別れの手紙

Filed under: ヒューマンドラマ — タグ: — 6:49 PM 2015/01/09

原題:CHE: PART ONE/THE ARGENTINE, CHE: PART TWO/GUERRILLA
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:ベニチオ・デル・トロ
製作:2008年・米

チェ ダブルパック (「28歳の革命」&「39歳別れの手紙」) [DVD]
NIKKATSU CORPORATION(NK)(D) (2009-06-12)
売り上げランキング: 26,490

放浪中のメキシコである晩、アルゼンチン人の医師チェ・ゲバラとキューバ革命を画策するフィデル・カストロが出会う。
革命メンバーとなったゲバラは、カストロら革命メンバーと共に、グランマ号にてキューバに上陸する。
農民の信頼を得て、ゲリラ兵を訓練し、激しいゲリラ戦を勝ち抜いてついにキューバ革命は成功するのだが・・・。

おすすめ度:

革命家チェ・ゲバラの半生を描いた2部作。
キューバ旅行の前に、歴史のおさらいも含めて観ました。

プエルトリコ出身のベニチオ・デル・トロが、アルゼンチン人のチェ・ゲバラを演じています。
ゲバラ本人は相当なイケメンで、顔はどちらかといえばブラッド・ピット似。
でも、やっぱりラテンの血の入ったベニチオ・デル・トロのほうが適役だったでしょうね。

前編のチェ・28歳の革命では、ゲバラがカストロと出会い、キューバ革命の同志として共に戦い、革命を成功させるまでを描いています。
後編では、キューバ革命成功後、ゲバラがカストロらと別れて革命の場をボリビアに移してからの話がメイン。

本2部作では、キューバ革命の前後を中心に描かれており、戦闘シーンが多めです。
ゲバラが若い頃、南米諸国を放浪しながら他国に支配される南アメリカの現状を目の当たりにし、その後革命家として生きることを決意するにいたった心情、背景がこの映画ではほとんど描かれていないのがちょっぴり残念。
でも、喘息持ちでありながらゲリラの第一線で戦い、時には医師として革命メンバーや農民を手助けをする、強く心優しいゲバラの人柄は、ベニチオ・デル・トロの好演もあって、見事に伝わってきました。

キューバの首都ハバナには、革命博物館やチェ・ゲバラの元邸宅などがあり、映画の中では描かれきれていなかった革命中のエピソードや、彼のプライベートの生活などを知ることができました。
キューバ旅行の様子はこちらのブログで紹介しています。

>> ベニチオ・デル・トロ出演映画をみる