バレンタインデー

原題:VALENTINE’S DAY
監督:ゲイリー・マーシャル
出演:アシュトン・カッチャー、ジェニファー・ガーナー、ジェシカ・ビール、ジェシカ・アルバ、アン・ハサウェイ、ジェイミー・フォックス、テイラー・スウィフト、テイラー・ロートナー、エリック・デイン、ジュリア・ロバーツ、ブラッドリー・クーパー、キャシー・ベイツ、シャーリー・マクレーン
製作:2010年米

バレンタインデー [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-11-03)
売り上げランキング: 4,941

舞台は、バレンタインデーのロサンゼルス。
老若男女15人の恋の行方をオムニバス風に描いた作品。
婚約から一転破局してしまったカップル、長年連れ添った夫婦、片思いの少年、次のステップに進みたい高校生カップル、バレンタインが大嫌いな独身たち。
みんな最高のバレンタインデーを夢みているが・・・。

おすすめ度:

キャストが豪華。若手からベテランまで有名どころを惜しみなく、という感じ。

アシュトン・カッチャーは、単純で素直な友達想いの花屋のオーナーが、意外とハマリ役。
ジェシカ・アルバは、出番が少なくてがっかり。
久しぶりに映画で観たジェニファー・ガーナーは、プライベートではもう3児の母なのに、そんなの全然感じさせないほど若くてキュート。
アメフト選手役のエリック・デインは、目の保養になるわ~と思って観ていたら、ストーリー中盤では意外な告白が。

他にも、登場するたび思わずオーっ!と言ってしまうようなスターが次々と出てくるので、ミーハーには嬉しい映画です。

同じくゲイリー・マーシャル作品で、似たような雰囲気の映画で「ニューイヤーズ・イブ」がありますね。
ストーリーは、ニューイヤーズ・イブのほうが好きかも。
そういえば、ジェシカ・ビールとアシュトン・カッチャーは、両作品に出演してますね。
ゲイリー・マーシャルのお気に入りなのかしら。

アメリカのバレンタイン事情がよく分かる映画。
バレンタインデーにカップルで仲良く観たら楽しいと思います。

>> アシュトン・カッチャー出演映画をみる
>> アン・ハサウェイ出演映画をみる
>> ジュリア・ロバーツ出演映画をみる

幸せの教室

Filed under: ヒューマンドラマ — タグ: , — 4:49 PM 2013/01/06

原題:LARRY CROWNE
監督:トム・ハンクス
出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ
製作:2011年米

幸せの教室 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2012-10-03)
売り上げランキング: 10,879

ラリー・クラウン(トム・ハンクス)は、大卒ではないことを理輔に、長年勤めたスーパーをリストラされてしまう。
再就職を試みるも上手くいかず、スキルを身につけるために大学への入学を決意する。
そこで、スピーチの授業を担当する教師メルセデス・テイノー(ジュリア・ロバーツ)と出会い・・・。

おすすめ度:

トム・ハンクスが製作・脚本・監督を務めた作品とのこと。

リストラという苦境を乗り越えて生き生きと輝きを取り戻していく主人公のラリー・クラウン、夫婦関係や日々の生活に不満を抱える大学教師メルセデス・テイノー。
それぞれ深堀りされたキャラクター、彼ら自身の生き様はよく描かれているものの、全体としては盛り上がるところなく、ふわ~んと終わってしまい、観ごたえがなくておしい。

「幸せの教室」なんて邦題だから、「いまを生きる」や「陽のあたる教室」のような感動のヒューマンドラマを想像しちゃったけど、その類ではないです。

大物2人の共演だからと期待しすぎは禁物。

>> トム・ハンクス出演映画をみる
>> ジュリア・ロバーツ出演映画をみる

食べて、祈って、恋をして

原題:EAT PRAY LOVE
監督:ライアン・マーフィー
出演:ジュリア・ロバーツ、ハビエル・バルデム
製作:2010年米

食べて、祈って、恋をして ダブル・フィーチャーズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2011-08-24)
売り上げランキング: 1094

ニューヨークで作家・ジャーナリストとして活動するエリザベス(ジュリア・ロバーツ)は、離婚して家を出て若い俳優と生活をはじめるも、満たされない日々。
すべてを変えようと、自分を解き放つ1年間の旅に出ることを決意する・・・。

おすすめ度:

著者エリザベス・ギルバートの自伝的小説はの映画化。
旅が好きな私は、この映画の公開が楽しみでした。

イタリア → インド → バリ と、ひとり旅を続ける主人公を通して、人々の生活、文化、宗教、美しい自然を目の前に、自分が旅している気分で楽しめる映画。
特に、ウブドで撮影したというバリ島の神秘的で美しい自然と信仰深い人々には、とても癒されました。
各地で刺激的な人々と出会って、食を楽しみ、瞑想し、最終目的地のバリでは恋をして、自身の心の変化に気づく。
そんな自由な旅がしてみたい!

日々の生活に不満はないけれど何か物足りない、もっと刺激が欲しい、自分を変えたい、そんな主人公の心境は、今の自分に似ていて、重ね合わせて観ていました。
同世代の女性の中には、共感できる人も多いと思います。
ジュリア・ロバーツもこの役に合ってて、良かったです。

>> ジュリア・ロバーツ出演映画をみる


プリティ・ウーマン

原題:PRETTY WOMAN
監督:ゲイリー・マーシャル
出演:リチャード・ギア、ジュリア・ロバーツ
製作:1990年米

プリティ・ウーマン 特別版 [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2006-04-19)
売り上げランキング: 848

実業家のエドワード(リチャード・ギア)は、道端で知り合ったコールガールのビビアン(ジュリア・ロバーツ)を、高級ホテルの自分の部屋に呼ぶ。ビビアンのくったくのない明るさが気に入ったエドワードは、1週間自分のアシスタントとして傍にいてくれるように頼む。
エドワードのアシスタントとしてふさわしいように身なりを整え、上品な振る舞いをしようと努力する彼女に、彼もしだいに惹かれていく・・・。

おすすめ度:

単にコールガールが玉の輿に乗るまでのシンデレラストーリーではなく、全く違う立場の二人が、お互いの弱い部分を認め合い、刺激しあって一緒に成長していく物語。
道端に立っていた女性が、最後はプライドのある知的な輝く美女に変身していく姿に、世界中の多くの女性が憧れたでしょう。

ジュリア・ロバーツの可愛いビッグスマイルで、とても元気が出ました。
何度も観たくなる映画です。

>> ジュリア・ロバーツ出演映画をみる
>> リチャード・ギア出演映画をみる

モナリザ・スマイル

原題:MONA LISA SMILE
監督:マイク・ニューウェル
出演:ジュリア・ロバーツ、キルスティン・ダンスト、ジュリア・スタイルズ、ジニファー・グッドウィン
製作:2003年米

モナリザ・スマイル [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2004-12-22)
売り上げランキング: 60822

格式ある名門女子大学に美術史助教授として迎えられたキャサリン・ワトソン(ジュリア・ロバーツ)は、大学の保守的なしきたりに戸惑いながらも、斬新な授業や自由な思想で、生徒たちと向き合おうとしていく。
しかし、生徒たちの最大の関心は、エリート男性にプロポーズされ、結婚して家庭を築くこと。
良き妻・良き母になることが女性の最大の幸せと信じ、充実した教育を受けて向上していくことに何の価値も見出せない彼女たちに、失望を隠せない。そして、そんな花嫁学校で教鞭をふるう自分にもまた、怒りを覚えていくのだが・・・。

おすすめ度:

1950年代といえば、今からほんの60年前。
大学で作法を習うクラスがあったり、在学中の結婚は当たり前だったりと、大きなジェネレーションギャップを感じました。
これが自由の国アメリカ?と。

キルスティン・ダンストやジュリア・スタイルズは、真っ白な肌にブロンドの髪、真紅の口紅と、どこから見ても立派に50年代。
逆に、知的なモダンな教師を演じるジュリア・ロバーツ。
それぞれに魅力的でした。

根本的な生き方についての考え方は、今も昔もどこの国でも変わらないなと思って、色々考えながら観てました。
特に女性におすすめの映画かと。

>> ジュリア・ロバーツ出演映画をみる
>> キルスティン・ダンスト出演映画をみる

ノッティング・ヒルの恋人

原題:NOTTING HILL
監督:ロジャー・ミッシェル
出演:ヒュー・グラント、ジュリア・ロバーツ
製作:1999年米

ノッティングヒルの恋人 [DVD]
ポニーキャニオン (2000-02-17)
売り上げランキング: 40158

ノッティングヒルという小さな街で本屋を営む平凡な男ウィリアム(ヒュー・グラント)。
ある日、ハリウッドの人気女優アナ(ジュリア・ロバーツ)が店を訪れる。
その後、飲み物を買って家に戻る途中のウィリアムとアナは、街角で衝突、アナの服をオレンジジュースで汚してしまう。
慌てたウィリアムは、彼女を自宅に連れていき・・・。

おすすめ度:

大好きなラブストーリです。
ちょうどイギリスで生活しているときに観た映画で、実際にウェスト・ロンドンのあたりも行ったりしたので、何だかとても身近に感じれる映画。

ビバリーヒルズに住む大女優と、ノッティングヒルに住む平凡な本屋の男がひょんなことで知り合い、お互い心惹かれて恋に落ちるという、夢のあるラブストーリー。

華やかなジュリア・ロバーツと、臆病でどこか頼りないヒュー・グラント。
一見ミスマッチだけれど、2人並ぶとやっぱり大物どおし、それぞれに素敵です。

ヒュー・グラント演じるウィリアムのルームメイト役のウェールズ語を喋る男性が、ユーモアたっぷりでおもしろい。
他にも共演者がみんな個性的で、ところどころでイギリスの生活も垣間見れたりします。

夜の公園シーンも印象的だけれど、やっぱりジュリア・ロバーツの本屋での告白シーンが最高。
音楽もすごくよくて、ローナン・キーティングの「When you say nothing at all」や、エルビス・コステロ「She」は、映像と一緒に心に残ります。

>> ヒュー・グラント出演映画をみる
>> ジュリア・ロバーツ出演映画をみる

ジキル&ハイド

原題:MARY RIELLY
監督:スティーブン・フリアーズ
出演:ジュリア・ロバーツ、ジョン・マルコヴィッチ
製作:1995年米

ジキル&ハイド [DVD]
ジキル&ハイド [DVD]
posted with amazlet at 12.08.14
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (2004-06-23)
売り上げランキング: 89232

ジキル博士(ジョン・マルコヴィッチ)の家で奉公人として働くメアリー(ジュリア・ロバーツ)は、彼の優しさへと惹かれていくも、彼が何か秘密を持っていることに気づく。
ある日、奉公人たちを集め、ハイド氏という男がこれから館に出入りするが、自分と同じように待遇するようにと命じる。
博士の周りで起こる色々なことを見て、彼女はだんだんと不信感を抱いていく・・・。

おすすめ度:

アメリカ版 「家政婦は見た」 ですね。
二重人格者の謎を探るミステリー。
ヴィクトリア朝のロンドンが舞台となっていることで、さらに不気味感が増しています。

ジョン・マルコヴィッチも怪しいけれど、何よりジュリア・ロバーツが怖い。
メイクのおかげもあるけれど、いつもの華やかなイメージは想像もつかないほど暗いですが、名演です。
ジョン・マルコヴィッチの2役も素晴らしい。

>> ジュリア・ロバーツ出演映画をみる
>> ジョン・マルコヴィッチ出演映画をみる

ザ・メキシカン

原題:THE MEXICAN
監督:ゴア・ヴァービンスキー
出演:ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ
製作:2001年米

ザ・メキシカン [DVD]
ザ・メキシカン [DVD]
posted with amazlet at 12.08.13
東宝ビデオ (2001-11-21)
売り上げランキング: 13695

マリファナを扱う組織の手下に入れられてしまったジェリー(ブラッド・ピット)が、メキシコに行って伝説の銃「メキシカン」を運んでくるという任務を与えられる。
この銃には呪いがかかっているらしく、その後の彼には連続で災難がふりかかる。
そんな中、恋人(ジュリア・ロバーツ)も、彼が無事に仕事を終えるまで人質にされてしまう・・・。

おすすめ度:

大物2人の共演で話題になりましたが、ブラッド・ピットもジュリア・ロバーツも、それぞれの良さが出る役柄ではないような。
これなら、別の俳優さんが演じたほうが逆におもしろかったかも。
この2人が恋人どおしってのにも、ちょっとムリがあったような。
まぁ、2人とも他の映画での印象が強いので、そのイメージで観てしまった私だけがそう思うのかもしれませんが。

ストーリーはともかく、メキシコの風景、2人の身に着けているオシャレなものなど、本筋以外のところで楽しめる映画ではあると思います。

>> ジュリア・ロバーツ出演映画をみる
>> ブラッド・ピット出演映画をみる

オーシャンズ12

原題:OCEAN’S TWELVE
監督:スティーブン・ソダーバーグ
出演:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、ジュリア・ロバーツ、アンディ・ガルシア、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、ブルース・ウィリス
製作:2004年米

オーシャンズ 12 [DVD]
オーシャンズ 12 [DVD]
posted with amazlet at 12.08.12
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005-07-01)
売り上げランキング: 10661

オーシャンズに大金を奪われた、ラスベガスの三大カジノを所有するベネディクト(アンディ・ガルシア)は、ダニー(ジョージ・クルーニー)とその手下たち全員を探し出し、奪った金に利子をつけて決められた期限までに返さなければ、命を奪うという脅しに出た。
オーシャンズは、ベネディクトに返す金を集めるため、ヨーロッパに舞台を移し、再び窃盗を企てるのだが・・・。

おすすめ度:

オーシャンズ11の続編。
1作目とメンバーはほぼ同じでしたが、ユーロポールの敏腕捜査官として、キャサリン・ゼタ・ジョーンズが登場。

1作目に比べると、しょぼい印象です。
ストーリーも何だかおかしい。1作目で奪った金を、2作目で利子つけて返すなんて。
キャサリン・ゼタ・ジョーンズのほかにも、後半でブルース・ウィリスが登場したりして、さらに出演者は豪華になっています。
でも、その割りにおもしろくなくて残念。

>> ジョージ・クルーニー出演映画をみる
>> ジュリア・ロバーツ出演映画をみる
>> ブラッド・ピット出演映画をみる
>> マット・デイモン出演映画をみる
>> キャサリン・ゼタ・ジョーンズ出演映画をみる

オーシャンズ11

原題:OCEAN’S ELEVEN
監督:スティーブン・ソダーバーグ 
出演:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、ジュリア・ロバーツ、アンディ・ガルシア
製作:2001年米

オーシャンズ11 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 4656

仮釈放中の窃盗犯ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)が、捕まる前に一緒に窃盗を繰り返していた仲間を集め、ラスベガスの三大カジノを経営する大金持ちベネディクト(アンディ・ガルシア)の金を狙う計画を立てる。
ダニーは妻(ジュリア・ロバーツ)と離婚寸前の状態であり、その妻の現在の恋人がベネディクトであった。
金と妻の愛情の両方をいただく計画は、果たして・・・。

おすすめ度:

11人のプロの強奪グループが、ラスベガスの三大カジノのお金が収められる地下金庫を狙うクライムムービー。

出演が豪華で、見ごたえある映画でした。
主役のジョージ・クルーニーやカジノ王のアンディ・ガルシアはじめ、いかさまトランプ師にブラッド・ピット、スリの名人にマット・デイモン、車両のプロにケイシー・アフレックなどなど。

確かに11人いたけれど、メインキャラ以外は出番少なし、という印象。
なので、ちょっともったいない気がしないでも。

ただ、これだけ大物が集まるとまるで日本のお正月の歴史ドラマみたいな感じです。
旬の俳優みんな登場しちゃいました、みたいな。

そういう視点で見れば、すごくおもしろかったです。

>> ジョージ・クルーニー出演映画をみる
>> ジュリア・ロバーツ出演映画をみる
>> ブラッド・ピット出演映画をみる
>> マット・デイモン出演映画をみる

エリン・ブロコビッチ

原題:ERIN BROCKOVICH
監督:スティーブン・ソダーバーグ
出演:ジュリア・ロバーツ
製作:2000年米

エリン・ブロコビッチ コレクターズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2011-01-26)
売り上げランキング: 5295

3人の子供を持つ離婚暦のある女性がエリン(ジュリア・ロバーツ)が、勤め先の法律事務所で資料の整理中に不審なファイルを見つける。
それは、大企業の工場が有害物質を垂れ流しにしていることを裏付けるものだった。
実際に病に苦しむ住民がいることを知り、彼らと共に訴訟を起こす決意する・・・。

おすすめ度:

全米史上最高額の和解金を手にした実在の女性を描いたストーリー。

半ば強引に手にした仕事、しかもアシスタントという立場でありながら、悪事を見つけ訴訟に持ち込み、自らも汚水の調査にあたりと、とにかくパワフルな女性を演じたジュリア・ロバーツは、見事にハマリ役。
突然大きくなった気がする胸をこれでもか!って露出してて、でも全然イヤミじゃなくて、同じ女性としても魅力を感じました。
自分の信念を貫き通し、見事に大仕事をやり遂げて大金を手にする女性の姿は、強くて逞しくて素敵。

Sheryl Crowの「Everyday Is A Winding Road」も、元気が出る一曲。

>> ジュリア・ロバーツ出演映画をみる

陰謀のセオリー

原題:CONSPIRACY THEORY
監督:リチャード・ドナー
出演:メル・ギブソン、ジュリア・ロバーツ
製作:1997年米

陰謀のセオリー [DVD]
陰謀のセオリー [DVD]
posted with amazlet at 12.08.11
ワーナー・ホーム・ビデオ (2000-04-21)
売り上げランキング: 20381

おすすめ度:

妄想癖のあるタクシー運転手ジェリー(メル・ギブソン)は、自分で作り上げた空想の戯言を、タクシーの乗客に語って聞かせている。
マンションに戻ると、新聞記事をスクラップし、独自の統計から陰謀説を作り出しているのだった。
ある日、司法省の女性弁護士アリス(ジュリア・ロバーツ)に、ある国家レベルの陰謀が迫っていることを語るが、相手にしてもらえない。
しかし、彼の陰謀説は単なる妄想ではなかった・・・。

ハリウッド映画おなじみの、政府秘密機関が絡むサスペンススリラーです。

テンポがよく、脚本はおもしろいです。
過去の記憶を潜在意識から拾い集め陰謀説を作り上げているという、よく考えると恐ろしいストーリー。
ジュリア・ロバーツ演じた女弁護士の役、これは別に彼女じゃなくてもよかったんじゃ?という気がします。
ジュリア・ロバーツの魅力があまり出ていない。
音楽もなんとなくミスマッチ。
ストーリーじたいは結構おもしろいのに、おしいです。

>> ジュリア・ロバーツ出演映画をみる

アメリカン・スウィートハート

原題:AMERICAN’S SWEETHEARTS
監督:ジョー・ロス
出演:ジュリア・ロバーツ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、ジョン・キューザック
製作:2001年米

アメリカン・スウィートハート [DVD]
ポニーキャニオン (2005-03-02)
売り上げランキング: 81881

大物スターのカップル(キャサリン・ゼタ・ジョーンズとジョン・キューザック)は、既に冷め切った関係だったが、共演の話が舞い込み引き受けることに。
とにかく横暴な態度の姉に、彼女のサポートをする妹(ジュリアロバーツ)はだんだん愛想を尽かすが、姉のお相手のジョン・キューザックには秘かに恋心をいだいていた・・・。

おすすめ度:

映画業界、スターのドタバタを描いた作品です。
まず、キャサリン・ゼタ・ジョーンズのワガママぶりがすごい。
彼女は美人なだけに、嫌な女を演じると心底ビッチと思えてしまう。
逆に、いつもは派手な役柄が多いジュリア・ロバーツは、この映画では控えめなで健気な女性を演じていて、なんだか新鮮。

しかし、この美女2人が取り合う相手がジョン・キューザックというのは・・・微妙。

>> ジュリア・ロバーツ出演映画をみる
>> ジョン・キューザック出演映画をみる
>> キャサリン・ゼタ・ジョーンズ出演映画をみる