007 スカイフォール

原題:SKYFALL
監督:サム・メンデス
出演:ダニエル・クレイグ、ジュディ・デンチ、ハビエル・バルデム、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ベレニス・マーロウ
製作:2012年米・英

007/スカイフォール [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013-08-02)
売り上げランキング: 1,430

MI6のエージェント、ジェームス・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、工作員イヴ(ナオミ・ハリス)とともにトルコでの作戦に参加していたが、MI6の工作員が殺され、極秘情報の入ったハードディスクが奪われた。
ハードディスクを取り返そうと犯人を追い、もみ合いになっているところを、M(ジュディ・デンチ)の指示によりイヴが犯人を狙って撃った弾がボンドにあたり、峡谷に落下する。ボンドは行方不明、死亡したとされるが・・・。

おすすめ度:

007シリーズ50周年記念ということで、ロンドン五輪の開会式でのエリザベス女王との登場も記憶に新しいですが。
ダニエル・クレイグの007シリーズを観るのは、実は本作品がはじめてだった私。
迫力満点でおもしろかった!

冒頭のアクションから始まり後半のクライマックスの銃撃戦まで、とにかく始終興奮しっぱなしです。
電車や車がまるでオモチャのように破壊されるド派手さもすごいけど、ボンドの体をはった格闘シーンは下手なボクシングの試合なんかより百倍おもしろい。
ダニエル・クレイグ、あの年齢であの体、あの筋肉、さすが。

今回の作品で007シリーズ最後となるジュディ・デンチ演じるMとボンドの関係がクローズアップされた脚本で、以前Mの元で働いてMを恨むシルヴァ(ハビエル・バルデム)の存在を通して、スパイとしてのボンドがMに抱く複雑な気持ちや忠誠心が描かれています。

今回、ボンドガールは2名体制ってことなんですかね。
女性絡みのシーンが少なく、若干エロさが足りないという意見もあるようで。

シルヴァ役のハビエル・バルデムは、なんとあのペネロペ・クルスの旦那なんですね。
クレイジーっぷりが好きです。
あの特徴ある喋り方、どこかで聞いたような・・・と思ったら、「食べて、祈って、恋をして」にも出てたんだ!
バリ島でジュリア・ロバーツと恋に落ちたブラジル人役です。

レイフ・ファインズは、今後M役で出てくるんでしょうか。
007シリーズに彼って、なんか妙に違和感があったけど、慣れの問題?

イスタンブール、ロンドン、上海、マカオと、色んなところが舞台になってて、そこも見所。


食べて、祈って、恋をして

原題:EAT PRAY LOVE
監督:ライアン・マーフィー
出演:ジュリア・ロバーツ、ハビエル・バルデム
製作:2010年米

食べて、祈って、恋をして ダブル・フィーチャーズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2011-08-24)
売り上げランキング: 1094

ニューヨークで作家・ジャーナリストとして活動するエリザベス(ジュリア・ロバーツ)は、離婚して家を出て若い俳優と生活をはじめるも、満たされない日々。
すべてを変えようと、自分を解き放つ1年間の旅に出ることを決意する・・・。

おすすめ度:

著者エリザベス・ギルバートの自伝的小説はの映画化。
旅が好きな私は、この映画の公開が楽しみでした。

イタリア → インド → バリ と、ひとり旅を続ける主人公を通して、人々の生活、文化、宗教、美しい自然を目の前に、自分が旅している気分で楽しめる映画。
特に、ウブドで撮影したというバリ島の神秘的で美しい自然と信仰深い人々には、とても癒されました。
各地で刺激的な人々と出会って、食を楽しみ、瞑想し、最終目的地のバリでは恋をして、自身の心の変化に気づく。
そんな自由な旅がしてみたい!

日々の生活に不満はないけれど何か物足りない、もっと刺激が欲しい、自分を変えたい、そんな主人公の心境は、今の自分に似ていて、重ね合わせて観ていました。
同世代の女性の中には、共感できる人も多いと思います。
ジュリア・ロバーツもこの役に合ってて、良かったです。

>> ジュリア・ロバーツ出演映画をみる