マリー・アントワネット

Filed under: ヒューマンドラマ — タグ: — 9:52 PM 2013/05/20

原題:MARIE ANTOINETTE
監督:ソフィア・コッポラ
出演:キルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン
製作:2006年米

マリー・アントワネット (通常版) [DVD]
東北新社 (2007-07-19)
売り上げランキング: 3,105

14歳のオーストリア皇女マリー・アントワネット(キルステン・ダンスト)は、フランス王太子(ジェイソン・シュワルツマン)に嫁ぐことになった。
マリーは、ヴェルサイユ宮殿での豪華な暮らしを楽しみながらも、王太子と夫婦関係と子作りのプレッシャーに悩まされる日々だったが・・・。

おすすめ度:

ソフィア・コッポラらしい、独特の世界観のある作品。

そういえば、ヴァージン・スーサイズ、ロスト・イン・トランスレーションと観てきて、私にはこの人の作品の魅力は理解できないから、もう観るのをやめよう、って前に思ったのに。
また観ちゃった。

確かに映像は美しいのだけど、微妙な”間”とか全体的なトーンが、どうも好きになれなくて。
スッキリしない終わり方も、なんだかなぁって。

一人の女の子の宮廷での日常を描いた作品、って軽い気持ちで観るといいのかも。
歴史映画や伝記の感覚で観ちゃうと、は?って感じです。

キルスティン・ダンスト、16~18歳のお姫様を演じるには無理がありすぎです。
肌感とか表情とか、観ようによってはおばあちゃんみたい。

>> キルスティン・ダンスト出演映画をみる

ヴァージン・スーサイズ

原題:THE VIRGIN SUICIDES
監督:ソフィア・コッポラ
出演:キルスティン・ダンスト、ジョシュ・ハートネット
製作:1999年

ヴァージン・スーサイズ [DVD]
東北新社 (2001-02-02)
売り上げランキング: 28789

13歳から17歳までの年子で美しい5人姉妹は、敬虔なクリスチャンの両親の元、厳しく育てられる。
ある日、末娘が突然自殺をはかり、続いて四女のラックス(キルスティン・ダンスト)が学園の人気者トリップ(ジョシュ・ハートネット)と過ちを犯す。
両親は、娘たちを家に閉じ込めてしまう・・・。

おすすめ度:

映像が綺麗で独特の雰囲気ある映画ですが、理解に難しい作品でした。

自由を奪われた思春期の姉妹たちの、心の不安定さ・弱さを表現したかったのか。
なんとなくスッキリしない映画でした。

>> キルスティン・ダンスト出演映画をみる
>> ジョシュ・ハートネット出演映画をみる

モナリザ・スマイル

原題:MONA LISA SMILE
監督:マイク・ニューウェル
出演:ジュリア・ロバーツ、キルスティン・ダンスト、ジュリア・スタイルズ、ジニファー・グッドウィン
製作:2003年米

モナリザ・スマイル [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2004-12-22)
売り上げランキング: 60822

格式ある名門女子大学に美術史助教授として迎えられたキャサリン・ワトソン(ジュリア・ロバーツ)は、大学の保守的なしきたりに戸惑いながらも、斬新な授業や自由な思想で、生徒たちと向き合おうとしていく。
しかし、生徒たちの最大の関心は、エリート男性にプロポーズされ、結婚して家庭を築くこと。
良き妻・良き母になることが女性の最大の幸せと信じ、充実した教育を受けて向上していくことに何の価値も見出せない彼女たちに、失望を隠せない。そして、そんな花嫁学校で教鞭をふるう自分にもまた、怒りを覚えていくのだが・・・。

おすすめ度:

1950年代といえば、今からほんの60年前。
大学で作法を習うクラスがあったり、在学中の結婚は当たり前だったりと、大きなジェネレーションギャップを感じました。
これが自由の国アメリカ?と。

キルスティン・ダンストやジュリア・スタイルズは、真っ白な肌にブロンドの髪、真紅の口紅と、どこから見ても立派に50年代。
逆に、知的なモダンな教師を演じるジュリア・ロバーツ。
それぞれに魅力的でした。

根本的な生き方についての考え方は、今も昔もどこの国でも変わらないなと思って、色々考えながら観てました。
特に女性におすすめの映画かと。

>> ジュリア・ロバーツ出演映画をみる
>> キルスティン・ダンスト出演映画をみる

スパイダーマン2

原題:SPIDER-MAN 2
監督:サム・ライミ
出演:トビー・マグワイア、キルスティン・ダンスト
製作:2004年米

スパイダーマン 2 デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2004-12-03)
売り上げランキング: 10182

あれから2年。
ピーター(トビー・マグワイア)は大学に通いながら、スパイダーマンとしての仕事(人命救助)も続けていたが、多忙な日々に疲れた彼は、ついにスパイダーマンを辞める決心を・・・。

おすすめ度:

スパイダーマンの2作目。

今回のスパイダーマンの敵であるドック・オクは、かなり笑えます。
装置ショボイ。

途中でちょっと寝てしまいました。
スパイダーマン1作目は結構おもしろかったのに、残念。

>> キルスティン・ダンスト出演映画をみる

スパイダーマン

原題:SPIDER-MAN
監督:サム・ライミ
出演:トビー・マグワイア、キルスティン・ダンスト、ウィリアム・デフォー
製作:2002年米

スパイダーマン ツインパック [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2004-12-03)
売り上げランキング: 11264

N.Y郊外に住む高校生ピーター(トビー・マグワイア)は、課外授業で訪れた場所で、気づかずうちにスーパースパイダーに刺されてしまう。
体に異変が起こり、強靭な肉体とクモの特殊能力を身に着けた彼は、街中で起こる危機を救い、ヒーロー「スパイダーマン」として一躍有名に・・・。

おすすめ度:

大人気アメリカンコミックの映画化。

映像は楽しめました。
主役のトビー・マグワイアは、役作りのため相当カラダを鍛えたようで、腹筋くっきり割れていました。
キルスティン・ダンストは、別に美人でもなく、華があるワケでもなく、演技がうまいワケでもないのに、なぜ。

>> キルスティン・ダンスト出演映画をみる

エターナル・サンシャイン

原題:ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND
監督:ミシェル・ゴンドリー
出演:ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルスティン・ダンスト、イライジャ・ウッド
製作:2004年米

エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション [DVD]
ハピネット・ピクチャーズ (2005-10-28)
売り上げランキング: 39623

ジョエル(ジム・キャリー)は、ケンカ別れした恋人のクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)とヨリを戻そうと訪ねるが、彼女はある特殊な医院で自分との記憶を全て消してしまっていた。
自分も同じように彼女と過ごした日々の記憶を消そうと決心するが、手術の最中、過去の記憶を逆回転で体験しながら、忘れたくない素敵な時間の存在に気づく・・・。

おすすめ度:

2004年度のアカデミーで、脚本賞を受賞した作品。

この脚本、本当に素晴らしい。
ファンタジーの天才ですね。
脚本だけでなく、全体的な構成にもセンスの良さを感じる映画。

ジム・キャリーがとても普通の役で、でも時折みせるコメディアンとしての彼のおもしろさも味わえます。
喋り方まで変えてエキセントリックな女性を演じていたケイト・ウィンスレットも、魅力的でした。
ミスキャストという声も一部であるようですが、私はあえて彼女なのが良かったんだと思います。
この人やっぱり、少し痩せると美人ですね。
キルスティン・ダンストやイライジャ・ウッドも出演していて、見ごたえあり。

この映画、好き嫌いが結構激しく分かれると思います。
記憶の中と現実とで時間軸が変わるので、ちょっと混乱するかもしれませんが、最後はすごくうまいことまとまっているので、後味の悪さはないと思います。

個人的にかなり好きな映画。おすすめです。

>> ジム・キャリー出演映画をみる
>> ケイト・ウィンスレット出演映画をみる
>> イライジャ・ウッド出演映画をみる
>> キルスティン・ダンスト出演映画をみる

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

原題:INTERVIEW WITH THE VAMIRE
監督:ニール・ジョーダン
出演:トム・クルーズ、ブラッド・ピット、クリスチャン・スレイター、キルスティン・ダンスト、アントニオ・バンデラス
製作:1994年米

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2000-04-21)
売り上げランキング: 41965

妻と娘を亡くして絶望するルイ(ブラッド・ピット)に、美貌の吸血鬼レスタト(トム・クルーズ)が近づき、血を吸われたルイも吸血鬼になってしまう。
冷酷なレスタトとは反対に、繊細で自分が生き延びるために人間を殺すことに抵抗のあるルイ。
彼らと共に生きる少女のヴァンパイア(キルスティン・ダンスト)。
そんな吸血鬼の物語をインタビューするクリス(クリスチャン・スレイター)は・・・。

おすすめ度:

トム・クルーズ主演に対する批難や、インタビューアー役のリバー・フェニックスの突然の死など、公開前から色々と波紋を呼んだ作品。

回想という形でストーリーが進んでいき、興味をそそられるストーリー仕立てで、おもしろかったです。

リバー・フェニックスの代役に抜擢されたクリスチャン・スレイターは、ぴったりハマリ役でした。
トム・クルーズは、この役のために相当体重を落としたらしく、冷酷で美しいヴァンパイアを見事に演じていたと思います。
ブラッドピットに関しては、少々残念。フランス人という設定だったようだけど、あの似合わないカツラとメイクはないなー。
やはり彼には、「リバー・ランズ・スルー・イット」のように爽やか青年を演じて欲しい!
子役のキルスティン・ダンスト、この頃はまだ可愛かったです。

スター勢ぞろいで、見た目にも楽しめる映画です。

分類するのに迷ったけど、吸血鬼ということで、一応ホラーに。

>> トム・クルーズ出演映画をみる
>> ブラッド・ピット出演映画をみる
>> クリスチャン・スレイター出演映画をみる
>> キルスティン・ダンスト出演映画をみる
>> アントニオ・バンデラス出演映画をみる