ブリジットジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月

原題:BRIDGET JONES – THE EDGE OF REASON
監督:ビーバン・キドロン
出演:レニー・ゼルウィガー、ヒュー・グラント、コリン・ファース
製作:2004年英

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル (2012-04-13)
売り上げランキング: 19585

弁護士のマーク(コリン・ファース)と付き合いはじめたブリジット(レニー・ゼルウィガー)。
彼とのラブラブ生活がはじまって、早6週間が経っていた。
ある日、弁護士仲間の若い美人が、マークの家を訪れているところを目撃してしまう。
自分はデブでとりえのない女と落ち込み、しだいに彼の愛をも疑うようになる。
一方、元カレのダニエル(ヒュー・グラント)とは、突然仕事で一緒に組むことになった。
ダニエルはセックスセラピーに通っていて、もう昔のような女遊びは止めたといって彼女に迫るが・・・。

おすすめ度:

「ブリジットジョーンズの日記」の続編。

今回は、彼がいない寂しいブリジットではないけれど、恋がはじまったらはじまったで、新たな悩みが。
女性ならみんな一度は経験するであろう、恋愛中のさまざまな悩み、葛藤。
なんだか妙にリアルでした。

コメディ色は前回よりもさらに濃くなっているので、始終ドタバタしている感じ。
でも、すごくおもしろくて、途中泣けるところもありました。

驚いたのは、レニー・ゼルウィガーの体。
「シカゴ」であんなにガリガリに痩せたのに、またあそこまで戻したんですね。
女優さんってすごい。

ヒュー・グラントは、南の国でちょっと日焼けした浅黒い感じが、さらにエロかったです。

>> レニー・ゼルウィガー出演映画をみる
>> ヒュー・グラント出演映画をみる
>> コリン・ファース出演映画をみる

ブリジット・ジョーンズの日記

原題:BRIDGET JONES’S DIARY
監督:シャロン・マグワイア
出演:レニー・ゼルウィガー、ヒュー・グラント、コリン・ファース
製作:2001年米

ブリジット・ジョーンズの日記 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル (2012-04-13)
売り上げランキング: 3290

30代独身、恋人なし、体重オーバー気味のブリジット(レニー・ゼルウィガー)が、職場のセクシー上司ダニエル(ヒュー・グラント)と急接近する。
しかし、プレイボーイのダニエルは、浮気相手の同僚と婚約してしまう。
傷心のブリジットの前に、ブリジットに好意をいただくバツイチの弁護士マーク(コリン・ファース)が現れるが・・・。

おすすめ度:

おもしろい!
恋に前向きだったと思うと急に落ち込んだり。
でも、最終的には全てを笑いに変えてしまう明るさが、ブリジットの魅力でもあり、この映画の最大の見せどころ。
決して美人でも可愛くもないのに、あんな風に愛される女性は幸せですね。

映画では彼女の恋愛話に焦点をあてているけれど、小説のほうはもっと彼女の仕事や日常の出来事が描かれているらしいです。
小説も読んでみたいなと思いました。

プレイボーイの上司役のヒュー・グラントは、あれが素でしょうと思わせんばかりにハマっており、少々イモっぽいレニー・ゼルヴィガーと不釣合いな感じが、逆によかったです。
レニー・ゼルウィガーは、この映画のために体重を10kgも増やし、ロンドンに住んでいるという設定のため完璧なイギリス英語もマスターしたそうです。

同世代の女性が観たら、きっと共感できるところがたくさんある映画かと。

>> レニー・ゼルウィガー出演映画をみる
>> ヒュー・グラント出演映画をみる
>> コリン・ファース出演映画をみる

ロイヤル・セブンティーン

原題:WHAT A GIRL WANTS
監督:デニー・ゴードン
出演:アマンダ・バインズ、コリン・ファース
製作:2002年米

ロイヤル・セブンティーン [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2004-04-23)
売り上げランキング: 18796

17歳のダフネ(アマンダ・バインズ)は、N.Yのチャイナタウンで母親と2人暮らしの高校生。
一度も会ったことのない父親は、イギリスの上流階級の家庭で育った政治家で、母親とは激しく愛し合ったにも関わらず、ダフネが生まれる前に別れてしまったのだった。
どうしても父親に会いたいダフネは、彼が暮らすロンドンへ飛び立つ。
父親と対面し、しばらく伯爵家に滞在することになった彼女には、堅苦しい社交行事やパーティへの参加など、様々な試練が待っていた。
それでも持ち前の陽気さで、周りの人々の心を掴みながら明るく過ごす彼女だったが・・・。

おすすめ度:

お気楽で前向きな若い女の子の、シンデレラストーリーとまではいかないまでもハッピーな物語。

コリン・ファースが輝いてます。
独特な存在感のある役者で、この映画では真面目で少しオチャメな父親を演じています。

ダフネ役のアマンダ・バインズは、ジェニファー・アニストン系統で可愛いです。

>> コリン・ファース出演映画をみる

ラブ・アクチュアリー

原題:LOVE ACTUALLY
監督:リチャード・カーティス
出演:アラン・リックマン、コリン・ファース、エマ・トンプソン、ヒュー・グラント、リーアム・ニーソン、キーラ・ナイトレイ 
製作:2003年英・米

ラブ・アクチュアリー [DVD]
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2004-06-23)
売り上げランキング: 29712

クリスマスまであと5週間のロンドンで、夢や希望、悩みを抱えた人々が、幸せなクリスマスを迎えようと動き始める・・・。

おすすめ度:

イギリスを代表とする俳優が一同に集結した作品。
秘書に恋する英国首相にヒュー・グラント、ポルトガル人メイドに恋するコリン・ファースをはじめ、エマ・トンプソン、リーアム・ニーソン、アラン・リックマン、キーラ・ナイトレイと、豪華キャストです。

それにしても、全部で何人登場する?ってくらい、人数が多い。
7~8カップルいたでしょうか。
オムニバス風に、それぞれがどこかで繋がっているという、珍しいタイプのラブコメです。
随所でイギリスらしさが表現されている作品。

愛とひとことで言っても、夫婦の愛、若い男女の愛、古い友人間の愛、子供の愛、叶うことのない片思い、と色々あるワケです。
2時間ちょっとの映画の中でそれぞれの愛の形が観れるので、飽きることはないかも。

リーアム・ニーソンの息子役の男の子が、片思いのクラスメートの女の子のことを「She is the one!」と真剣なまなざしで叫んでいたのが、とっても印象的でした。
人ってその時々で真剣に恋をするんだな~って、ちょっと幸せなキモチになりました。

映画の冒頭で、「Love actually is all over」と言ってましたが、年の最後にこういうハッピーな映画を観るのも悪くないです。

>> ヒュー・グラント出演映画をみる
>> コリン・ファース出演映画をみる

スプリングガーデンの恋人

原題:HOPE SPRINGS
監督:マーク・ハーマン
出演:コリン・ファース、ヘザー・グラハム、ミニー・ドライバー
製作:2003年米・英

スプリング・ガーデンの恋人 [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2004-07-23)
売り上げランキング: 123968


イギリスに住む画家コリン(コリン・ファース)は、婚約者(ミニー・ドライバー)が他の男と結婚を決めたことにショックを受け、ひとりイギリスの田舎町「HOPE」へやってくる。
恋の痛手が癒されぬまま、そこに住む人々の肖像画などを書いてのんびりした日々を送っている中、滞在していたホテルのオーナーの計らいで、ある若い女性(ヘザー・グラハム)と知り合う。
2人はお互いの優しさに癒されながら、しだいに惹かれあっていくのだが、ある日突然、元婚約者が彼の前に現れる・・・。

おすすめ度:

ノッティングヒルの恋人のコリン・ファース版、と勝手に想像していたせいか、少々がっかりでした。
薄っぺらい恋愛ストーリーで、コリン・ファースの良さが全く出ていない。
ミニー・ドライバーもヘザー・グラハムも、適役とは言えないですね。
三角関係もなんだか中途半端だし。

>> コリン・ファース出演映画をみる

イングリッシュ・ペイシェント

原題:THE ENGLISH PATIENT
監督:アンソニー・ミンゲラ
出演:ジュリエット・ビノシュ、レイフ・ファインズ
製作:1996年米

イングリッシュ・ペイシェント [DVD]
東芝デジタルフロンティア (2002-09-27)
売り上げランキング: 78985

砂漠の飛行機事故で全身に火傷を負って生死をさまよう男(レイフ・ファインズ)が運ばれた修道院で、看護婦(ジュリエット・ビノシュ)は、彼を献身的に看病する。
彼は、記憶を辿りながら、身の上話を語り出す。
砂漠で地図づくりの仕事をしていたこと、ある女性と恋に落ちたこと、嫉妬に狂ったその女性の旦那に復讐されたこと。
彼の周りに起こったことが、次々と明らかになっていく・・・。

おすすめ度:

イギリスのブッカー賞を受賞したマイケル・オンダーチェの長編小説「イギリス人の患者」の映画化。

「二つの大陸にまたがって繰り広げられる愛のロマンを描く官能的な映像叙事詩」という前評判と、アカデミー賞9部門受賞作品に、勝手に期待しすぎたかも。
独特な映像美の中で壮大な世界が描かれていて、確かにとても美しかったですが、170分の長い映画。
本当に長かった。

キャストは、ジュリエット・ビノシュ、レイフ・ファインズ、クリスティン・スコット・トーマス、コリン・ファースと豪華です。

「官能的」というのも、どうなんでしょう?
この辺は、個人の好みでしょうか。

これが映画ではなく、もしサイレントで映像だけ流してあったら好きだと思います。

>> クリスティン・スコット・トーマス出演映画をみる
>> コリン・ファース出演映画をみる