世界にひとつのプレイブック

原題:SILVER LININGS PLAYBOOK
監督:デヴィッド・O・ラッセル
出演:ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ
製作:2012年米


妻の浮気現場を目撃してしまったパット(ブラッドリー・クーパー)は、精神的に病んで精神病院に入り、8ヶ月後に家に戻るも、荒れた言動ばかり。
そんなある日、近所に住むティファニー(ジェニファー・ローレンス)と出会う。
彼女もまた、夫を事故で亡くし、心のバランスを保てなくなっていた。
ティファニーの誘いで、一緒にダンスコンテストに出ることに決めたパットだったが・・・。

おすすめ度:

ジャンルはヒューマンコメディとあったので、一応コメディに分類しました。
でも、これってコメディなの!?
特に笑えるようなところ、なかったような気がするんですが。

前半は、キレて捲し立てたり言い争ったりするシーンばかりで、ちょっとうんざりしました。
後半、希望の光を見つけて2人で前向きに進んでいくあたりからは、まぁ良かったですが。
評価の高い作品のようだけど、個人的には好みじゃないです。

オスカーを受賞したジェニファー・ローレンスは、機内の小さいスクリーンで見ても充分魅力が伝わったぐらい。
22歳とは思えない色気と貫禄ですね。
一方、主演男優賞にノミネートされたブラッドリー・クーパーは、期待ほどでもなかったような。

ジェニファー・ローレンスの魅力と、脇役のロバート・デ・ニーロの存在感に、一応★3つ。
でも、内容的には★2にしたいぐらい、楽しめなかった映画。