ブラッド・ダイヤモンド

原題:BLOOD DIAMOND
監督:エドワード・ズウィック
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジャイモン・フンスー、ジェニファー・コネリー
製作:2006年米

ブラッド・ダイヤモンド [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 16,308

内戦が続くアフリカで、ダイヤを密売するダニー・アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)は、反政府軍RUFに集落を襲撃された際に妻子と生き別れになったソロモン(ジャイモン・フンスー)と出会う。
ソロモンは、ダイヤモンドの採掘場で強制労働させられている最中に、巨大なピンクダイヤモンドの原石を見つけて隠していた。
ダニーがバーで出会ったジャーナリストのマディー(ジェニファー・コネリー)は、RUFの資金源となっている”ブラッド・ダイヤモンド”の真相を探って、アーチャーに近づくのだが・・・。

おすすめ度:

2006年に公開した作品で、米国務省が批判したことでも話題になった作品。
えぐいシーンが多いと聞いてたので、当時は観る勇気がなかったけれど、レオ様の出演作なのでやっぱり観ておこう、ということでレンタル。

悲惨なアフリカの内戦がリアルに描かれ、噂どおり目を覆いたくなるようなシーンの連続。
緊張感やスピード感があって、アクションとしてもサスペンスとしてもおもしろい。

先進国では幸せの象徴ともいえるダイヤモンドの背景に、こんな惨いストーリーがあるとは。
銃を向ける少年兵の映像はショッキングすぎる。
紛争ダイヤの現実。

社会問題提起の色が濃い作品だけれど、レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、そしてアフリカ出身のジャイモン・フンスーそれぞれの人間的魅力もたっぷり。

本作でのレオナルド・ディカプリオは、筋肉ムキムキで超ワイルド。
でも、顔はあいかわらずチャウチャウ。cute!!

>> レオナルド・ディカプリオ出演映画をみる

そんな彼なら捨てちゃえば?

原題:HE’S JUST NOT THAT INTO YOU
監督:ケン・クワピス
出演:ベン・アフレック、ジェニファー・アニストン、ドリュー・バリモア、ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・コネリー、スカーレット・ヨハンソン、ジャスティン・ロング、ジニファー・グッドウィン
製作:2009年米

そんな彼なら捨てちゃえば? [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-07-14)
売り上げランキング: 7257

いつも恋に空回りするジジ(ジニファー・グッドウィン)に、バーテンのアレックス(ジャスティン・ロング)に男の本音を伝えアドバイスする。付き合って7年の恋人ニール(ベン・アフレック)と結婚したいベス(ジェニファー・アニストン)は、全く結婚する気がない彼にイライラ。ヨガ教室の講師アンナ(スカーレット・ヨハンソン)は、妻ジャニーン(ジェニファー・コネリー)のいるベン(ブラッドリー・クーパー)に夢中。
それぞれの恋の行方は・・・。

おすすめ度:

ドリュー・バリモアがプロデュースしたそうですが、彼女自身ネットで彼氏を募集するおちゃめな女性役で出演しています。

個人的には、すごくツボなラブコメでした。

ジジを演じたジニファー・グッドウィンの積極的で空回りなアプローチは、同じ女性として見ていて痛いと思いながらも、なんか笑えます。
アンナを演じたスカーレット・ヨハンソンは、役柄的にも外見からも、女性とくに既婚者の女性には、やや批難されそうですね。
でも、幸薄い未来が見え隠れするような感があり、そこが”100%嫌な女”には見えないところだと思います。

ジェニファー・アニストンは、ピッタリのハマリ役で、いくつになっても可愛い。
ベン・アフレックとのカップルぶりはラブコメ定番で、安定感すら感じました。

それぞれキャラクターやカップルの恋模様に、自分の今までを重ね合わせたりと、共感・同調できる部分もあり、また恋する男の本音についてのノウハウ(?)もあったりして、女性はこの映画、結構楽しめるんじゃないかと思います。

>> ベン・アフレック出演映画をみる
>> ジェニファー・アニストン出演映画をみる
>> ドリュー・バリモア出演映画をみる

ビューティフル・マインド

原題:A BEAUTIFUL MIND
監督:ロン・ハワード
出演:ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、エド・ハリス
製作:2001年米

ビューティフル・マインド [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2009-04-10)
売り上げランキング: 2802

数学の研究に没頭するナッシュ(ラッセル・クロウ)は、日常生活の中でも奇妙な行動が目立ち、周りからは変人扱いされる。
大学で数学を教える彼は、ある聴講生の女性(ジェニファー・コネリー)と出会い、天才数学者としての彼を一途に尊敬する彼女と結婚する。
講師として働く一方、ソ連の暗号解読を依頼され極秘でスパイとしての活動をはじめるようになる。
その頃から、幻覚に悩まされるようになり・・・。

おすすめ度:

実在する天才数学者ナッシュの人生を描いた感動作。
アカデミー賞作品賞を受賞。

ある天才の数奇な運命。
ラッセル・クロウの変人ぶりは好演でしたが、彼の妻を演じたジェニファー・コネリーが良かった。
若い頃から中年までを描いた作品なので、年にして30年ぐらいの幅があったと思いますが、違和感を感じさせずとても自然でした。

妻の支えがあってこそ立ち直ることができ、年老いた主人公がノーベル賞の受賞の挨拶で感謝の意を伝えるところはジーンときました。

>> ラッセル・クロウ出演映画をみる