ケイト・レディが完璧な理由

原題:I DON’T KNOW HOW SHE DOES IT
監督:ダグラス・マクグラス
出演:サラ・ジェシカ・パーカー、グレッグ・キニア、ピアース・ブロスナン
製作:2011年米

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ) [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2013-02-06)
売り上げランキング: 20,987

妻であり、2人の子供の母であるケイト・レディ(サラ・ジェシカ・パーカー)は、夫リチャード(グレッグ・キニア)の協力もあり、ファンドマネジャーという大好きな職業につきながら、家庭と仕事を両立させるため奮闘する毎日。
そんな中、ニューヨーク本社の責任者ジャック(ピアース・ブロスナン)の高い評価を受けて、ケイトの提案する新しい投資ファンドについて、ジャックとタッグを組むことになるのだが・・・。

おすすめ度:

サラ・ジェシカ・パーカーといえば、Sex and the cityのキャリーのイメージが強すぎて。
でも、本作の舞台はN.Yではなくて、ボストン。
SATCでは未婚のフリーライター、本作では既婚で子持ちのキャリアウーマン。
役柄は違えど、彼女のバタバタ感は、SATCとどこか通じるところもあったような。

専業主婦のママには負けたくない、仕事を言い訳に手抜きはしたくない、子供に恥をかかせたくない、寂しい想いをさせたくない。
冒頭で夜中に手作りパイ(?)に取り組む彼女の想いが、最後までブレないところが、気持ちよかった。

専業主婦 vs 働くママ をちょっと大袈裟に仕立てたところもあり。
実際にママやってる人が観たら、色々と思うところもあるでしょうかね。
独身女の私は、ただおもしろおかしく観てましたけど。

男性陣は、長い結構生活を経てなお妻が大好きな旦那役にグレッグ・キニア、イケメン上司にピアース・ブロスナン。それぞれに魅力的。

大好きな仕事があって、それを応援してくれる優しい旦那様がいて、可愛い2人の子供に囲まれて。
その上、自分をめっちゃ評価してくれる上司がイケメンときた。
本当に羨ましい限り。そんな状況なら、私だってどんなに忙しくても頑張るよ・・・。

ニューイヤーズ・イブ

原題:NEW YEAR’S EVE
監督:ゲイリー・マーシャル
出演:ロバート・デ・ニーロ、ヒラリー・スワンク、ミシェル・ファイファー、ザック・エフロン、ハル・ベリー、サラ・ジェシカ・パーカー、アシュトン・カッチャー、ジェシカ・ビール、アビゲイル・ブレスリン、ジョン・ボン・ジョヴィ
製作:2011年米

ニューイヤーズ・イブ [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-11-07)
売り上げランキング: 237

大晦日のニューヨーク。カウントダウンのイベント「ボール・ドロップ」の準備が進んでいる。
N.Yに住むさまざまな事情を抱える人々が、その特別な日に愛や勇気と向き合おうとしていた・・・。

おすすめ度:

クリスマス前のカップルをオムニバス風に描いた「ラブ・アクチュアリー」の、大晦日版という感じ。
とにかく豪華なキャストで、私のようなミーハーには嬉しい作品です。

印象に残ったのは、ミシェル・ファイファーとザック・エフロンの不思議な組合せ。
ミシェル・ファイファー、あの役柄はかなり頑張ってましたね。
そんな彼女を軽快にリードするザック・エフロンが、とてもキュートでした。

アシュトン・カッチャーとリー・ミシェルのカップルも、自然体で良かったです。

ジョン・ボン・ジョヴィは・・・大根ですねー。
もちろん、歌は良かったですが。

あと、ネタバレになるので控えますが、ストーリー終盤のある2人の強い絆には、ホロッと泣けました。

N.Yタイムズスクエアの年越しイベント、「ボール・ドロップ」って言うんですね。
毎年カウントダウンの様子はニュース等で見ますが、こんな豪華なボールを落とすイベントだったとは。

2時間前後の映画の中で、それぞれの個性、人生がうまく描かれている映画。
とても楽しめました。
年末に観ると、より気分が盛り上がっていいかもしれません。

>> ロバート・デ・ニーロ出演映画をみる
>> ミシェル・ファイファー出演映画をみる
>> ザック・エフロン出演映画をみる
>> ハル・ベリー出演映画をみる

エド・ウッド

原題:ED WOOD
監督:ティム・バートン
出演::ジョニー・デップ、サラ・ジェシカ・パーカー、マーティン・ランドー、パトリシア・アークエット
製作:1994年米

エド・ウッド [DVD]
エド・ウッド [DVD]
posted with amazlet at 12.08.12
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2006-01-25)
売り上げランキング: 36626

映画制作に燃える貧乏な若き映画監督エドウッド(ジョニー・デップ)は、怪奇スターのベラルゴシ(マーティン・ランドー)との出会いにより、性転換した男の話を撮ることになる。
集まる仲間は一風変わったものばかり。そんな中ベラルゴシが亡くなってしまう。
傷心の彼だったが、崇拝するオーソンウェルズに偶然に出会い・・・。

おすすめ度:

史上最悪の監督の言われたエド・ウッドの半生を描いた伝記。

ティム・バートン作品なので、ビジュアル的には強烈な部分が多いですが、色々な人々との出会いの中で自分自身を見つめ直しながら成長していく1人の映画監督の伝記としては、とてもおもしろい。

ケバケバのアンゴラを羽織ってオカマ口調のエドウッドを演じるジョニー・デップが最高!
ハマリ役と言っていいでしょう。
こういう癖のある役を演じるのが、きっと本人も好きなんじゃないかなと。

>> ジョニー・デップ出演映画をみる