ヘアスプレー

原題:HAIRSPRAY
監督:アダム・シャンクマン
出演:ジョン・トラボルタ、ミシェル・ファイファー、クリストファー・ウォーケン、ザック・エフロン、ニッキー・ブロンスキー
製作:2006年米

ヘアスプレー [DVD]
ヘアスプレー [DVD]
posted with amazlet at 13.02.04
角川映画 (2009-06-19)
売り上げランキング: 773

ボルチモアに住む陽気な高校生トレイシー(ニッキー・ブロンスキー)は、テレビの人気番組「コーニー・コリンズ・ショー」と、そのショーの中で活躍するリンク(ザック・エフロン)に夢中。
コーニー・コリンズのダンスパーティで彼に大抜擢されたニッキーは、番組レギュラーの座を獲得。たちまち人気者となるが・・・。

おすすめ度:

1987年の大ヒットミュージカルを映画化した作品とのこと。
評判が良かったので、DVDレンタルして観ました。

ノリが良くて、楽しい映画でした。
特に「グッドモーニングボルチモア」の歌とダンスで始まったオープニングには、ぐっと心をつかまれましたね。

ただ、前評判に期待しすぎたせいか、そんなに大絶賛するほどかな、というのが本音。
人種差別やコンプレックスを含んだメッセージ性のある脚本を、ポジティブ一辺倒で仕上げてるのにはちょっと。

意地悪役のミシェル・ファイファーは好演。
久しぶりに観たクリストファー・ウォーケンも、意外な役どころでおもしろかった。
ザック・エフロンは、主人公に好意をもたれるイケメン役だけど、完全な脇役で華がない。
主人公のトレイシーを演じたニッキー・ブロンスキーは、新人さんでしょうか。
ぽっちゃりで可愛い!との評判には、うーん・・・。

ジョン・トラボルタの女装は、色んな意味で迫力あります。
私生活でもそっちの趣味があるらしいと聞いて、苦笑。

>> ミシェル・ファイファー出演映画をみる
>> ザック・エフロン出演映画をみる

ニューイヤーズ・イブ

原題:NEW YEAR’S EVE
監督:ゲイリー・マーシャル
出演:ロバート・デ・ニーロ、ヒラリー・スワンク、ミシェル・ファイファー、ザック・エフロン、ハル・ベリー、サラ・ジェシカ・パーカー、アシュトン・カッチャー、ジェシカ・ビール、アビゲイル・ブレスリン、ジョン・ボン・ジョヴィ
製作:2011年米

ニューイヤーズ・イブ [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-11-07)
売り上げランキング: 237

大晦日のニューヨーク。カウントダウンのイベント「ボール・ドロップ」の準備が進んでいる。
N.Yに住むさまざまな事情を抱える人々が、その特別な日に愛や勇気と向き合おうとしていた・・・。

おすすめ度:

クリスマス前のカップルをオムニバス風に描いた「ラブ・アクチュアリー」の、大晦日版という感じ。
とにかく豪華なキャストで、私のようなミーハーには嬉しい作品です。

印象に残ったのは、ミシェル・ファイファーとザック・エフロンの不思議な組合せ。
ミシェル・ファイファー、あの役柄はかなり頑張ってましたね。
そんな彼女を軽快にリードするザック・エフロンが、とてもキュートでした。

アシュトン・カッチャーとリー・ミシェルのカップルも、自然体で良かったです。

ジョン・ボン・ジョヴィは・・・大根ですねー。
もちろん、歌は良かったですが。

あと、ネタバレになるので控えますが、ストーリー終盤のある2人の強い絆には、ホロッと泣けました。

N.Yタイムズスクエアの年越しイベント、「ボール・ドロップ」って言うんですね。
毎年カウントダウンの様子はニュース等で見ますが、こんな豪華なボールを落とすイベントだったとは。

2時間前後の映画の中で、それぞれの個性、人生がうまく描かれている映画。
とても楽しめました。
年末に観ると、より気分が盛り上がっていいかもしれません。

>> ロバート・デ・ニーロ出演映画をみる
>> ミシェル・ファイファー出演映画をみる
>> ザック・エフロン出演映画をみる
>> ハル・ベリー出演映画をみる

アンカーウーマン

原題:UP CLOSE & PERSONAL
監督:ジョン・アヴネット
出演:ロバート・レッドフォード、ミシェル・ファイファー
製作:1996米

アンカーウーマン [DVD]
東芝デジタルフロンティア (1998-09-25)
売り上げランキング: 69852

ニュース局のアンカーを夢見る女(ミシェル・ファイファー)が、小さなローカル局に採用される。
そこで、ある事件をきっかけに一線をしりぞいた元アンカーの男(ロバート・レッドフォード)にアドバイスを受けながら、しだいに実力派レポーターとして頭角を出していく。
尊敬の気持ちは、いつしか愛情に・・・。

おすすめ度:

報道の世界の厳しさやドロドロした人間関係は、なかなか新鮮でおもしろい。
いい仕事をして、どんどん磨かれて綺麗になっていくアンカーを演じるミシェル・ファイファーには、とても元気づけられます。
やっぱり仕事を頑張る人って、輝いて見えるもんですね。
努力って、報われるもんですね。
そう思わせてくれる作品です。

いつも彼女のそばで支えてくれる渋いロバート・レッドフォードが、大人の魅力たっぷりでかっこいい。

>> ミシェル・ファイファー出演映画をみる

アイ・アム・サム

原題:I AM SAM
監督:ジェシー・ネルソン
出演:ショーン・ペン、ミシェル・ファイファー、ダコタ・ファニング
製作:2001年米

I am Sam : アイ・アム・サム [DVD]
松竹 (2002-12-21)
売り上げランキング: 16420

7歳の知能しか持たない父親(ショーン・ペン)は、娘のルーシーとの2人暮らしをしているが、7歳になって父親の知能を超えたルーシーを、今後も父親が育てていくことは難しいと判断した施設が、ルーシーを施設で預かることに。
サムは、ルーシーを取り替えすため、弁護士(ミシェル・ファイファー)に頼んで裁判で戦う決意をする。
条件つきの親権は認められたものの、ルーシーは里親のもとで暮らすことになり。
それでも、親子の絆はますます深まる。

おすすめ度:

知的障害を持つ父親と、その娘の親子愛を描いた作品。
難しいこの役を演じたショーン・ペンは、この作品でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされました。
本当に素敵な役者さんですね。
個性的で独特の雰囲気があって。
好きとか嫌いじゃなく、次またこの人の作品を観てみたいって思わせる魅力がある。

ダコタちゃんは、この映画の頃から少し「私は天才子役」と自意識している感もあるような、ないような?

とにかく、2人の親子としての息もピッタリで、周りが引き離そうとしても絶対に離れない強い親子愛に感動しました。

>> ショーン・ペン出演映画をみる
>> ミシェル・ファイファー出演映画をみる