ニューイヤーズ・イブ

原題:NEW YEAR’S EVE
監督:ゲイリー・マーシャル
出演:ロバート・デ・ニーロ、ヒラリー・スワンク、ミシェル・ファイファー、ザック・エフロン、ハル・ベリー、サラ・ジェシカ・パーカー、アシュトン・カッチャー、ジェシカ・ビール、アビゲイル・ブレスリン、ジョン・ボン・ジョヴィ
製作:2011年米

ニューイヤーズ・イブ [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-11-07)
売り上げランキング: 237

大晦日のニューヨーク。カウントダウンのイベント「ボール・ドロップ」の準備が進んでいる。
N.Yに住むさまざまな事情を抱える人々が、その特別な日に愛や勇気と向き合おうとしていた・・・。

おすすめ度:

クリスマス前のカップルをオムニバス風に描いた「ラブ・アクチュアリー」の、大晦日版という感じ。
とにかく豪華なキャストで、私のようなミーハーには嬉しい作品です。

印象に残ったのは、ミシェル・ファイファーとザック・エフロンの不思議な組合せ。
ミシェル・ファイファー、あの役柄はかなり頑張ってましたね。
そんな彼女を軽快にリードするザック・エフロンが、とてもキュートでした。

アシュトン・カッチャーとリー・ミシェルのカップルも、自然体で良かったです。

ジョン・ボン・ジョヴィは・・・大根ですねー。
もちろん、歌は良かったですが。

あと、ネタバレになるので控えますが、ストーリー終盤のある2人の強い絆には、ホロッと泣けました。

N.Yタイムズスクエアの年越しイベント、「ボール・ドロップ」って言うんですね。
毎年カウントダウンの様子はニュース等で見ますが、こんな豪華なボールを落とすイベントだったとは。

2時間前後の映画の中で、それぞれの個性、人生がうまく描かれている映画。
とても楽しめました。
年末に観ると、より気分が盛り上がっていいかもしれません。

>> ロバート・デ・ニーロ出演映画をみる
>> ミシェル・ファイファー出演映画をみる
>> ザック・エフロン出演映画をみる
>> ハル・ベリー出演映画をみる

キャットウーマン

原題:CATWOMAN
監督:ピトフ
出演:ハル・ベリー、ベンジャミン・ブラット、シャロン・ストーン
製作:2004年米

キャットウーマン [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 10427

大手化粧品会社のデザイナーとして働くペイシェンス(ハル・ベリー)は、会社のワンマン社長とその妻(シャロン・ストーン)の陰謀に巻き込まれ殺されてしまう。
しかしその日を境に、彼女は自由と自信を持った「キャットウーマン」として生まれ変わる・・・。

おすすめ度:

2004年のワースト映画を決めるゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)で、見事4部門を制覇してしまった映画。

評判どおり、つまらない映画でした。
脚本のベースはスパイダーマンに似ている感じだけど、ドキドキやスリルはなし。
全体的に薄っぺらい感のある映画でした。

ハル・ベリー、ベンジャミン・ブラット、シャロン・ストーンと出演者は豪華なのに、もったいないです。
ハル・ベリーのナイスボディも色気に欠けるし、シャロン・ストーンの体を張った演技も、いまひとつ。

ベンジャミン・ブラットって、三田村邦彦に似てませんか?

>> ハル・ベリー出演映画をみる