バレンタインデー

原題:VALENTINE’S DAY
監督:ゲイリー・マーシャル
出演:アシュトン・カッチャー、ジェニファー・ガーナー、ジェシカ・ビール、ジェシカ・アルバ、アン・ハサウェイ、ジェイミー・フォックス、テイラー・スウィフト、テイラー・ロートナー、エリック・デイン、ジュリア・ロバーツ、ブラッドリー・クーパー、キャシー・ベイツ、シャーリー・マクレーン
製作:2010年米

バレンタインデー [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-11-03)
売り上げランキング: 4,941

舞台は、バレンタインデーのロサンゼルス。
老若男女15人の恋の行方をオムニバス風に描いた作品。
婚約から一転破局してしまったカップル、長年連れ添った夫婦、片思いの少年、次のステップに進みたい高校生カップル、バレンタインが大嫌いな独身たち。
みんな最高のバレンタインデーを夢みているが・・・。

おすすめ度:

キャストが豪華。若手からベテランまで有名どころを惜しみなく、という感じ。

アシュトン・カッチャーは、単純で素直な友達想いの花屋のオーナーが、意外とハマリ役。
ジェシカ・アルバは、出番が少なくてがっかり。
久しぶりに映画で観たジェニファー・ガーナーは、プライベートではもう3児の母なのに、そんなの全然感じさせないほど若くてキュート。
アメフト選手役のエリック・デインは、目の保養になるわ~と思って観ていたら、ストーリー中盤では意外な告白が。

他にも、登場するたび思わずオーっ!と言ってしまうようなスターが次々と出てくるので、ミーハーには嬉しい映画です。

同じくゲイリー・マーシャル作品で、似たような雰囲気の映画で「ニューイヤーズ・イブ」がありますね。
ストーリーは、ニューイヤーズ・イブのほうが好きかも。
そういえば、ジェシカ・ビールとアシュトン・カッチャーは、両作品に出演してますね。
ゲイリー・マーシャルのお気に入りなのかしら。

アメリカのバレンタイン事情がよく分かる映画。
バレンタインデーにカップルで仲良く観たら楽しいと思います。

>> アシュトン・カッチャー出演映画をみる
>> アン・ハサウェイ出演映画をみる
>> ジュリア・ロバーツ出演映画をみる

コラテラル

原題:COLLATERAL
監督:マイケル・マン
出演:トム・クルーズ、ジェイミー・フォックス
製作:2004年米

コラテラル [DVD]
コラテラル [DVD]
posted with amazlet at 12.08.13
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2011-07-08)
売り上げランキング: 38993

L.Aのタクシー運転手マックス(ジェイミ・ーフォックス)は、ある夜ヴィンセントと名乗る男(トム・クルーズ)を乗せる。
紳士風のその男は、今夜中にこなさなければいけない仕事があると言い、専属のドライバーにならないかと多額のチップを提示してきた。
最初の目的地につき、ヴィンセントを降ろして待っている間に事件が起こる。
ヴィンセントという男が、プロの殺し屋であることに気づく・・・。

おすすめ度:

トム・クルーズが悪役に扮したサスペンス・アクション。

途中までは結構ハラハラドキドキの展開でおもしろかったけど、後半は緊張感が切れてしまいました。

トム・クルーズの悪役、始終クールな表情は珍しい。
タクシードライバー役のジェイミー・フォックスは、こういう運転手L.Aにいる!って感じが普通っぽくて、良かったです。

>> トム・クルーズ出演映画をみる

クリップス

Filed under: ヒューマンドラマ — タグ: — 8:53 AM

原題:REDEMPTION
監督:ヴォンディ・カーティス・ホール
出演:ジェイミー・フォックス
製作:2004年米

クリップス [DVD]
クリップス [DVD]
posted with amazlet at 12.08.13
エスピーオー (2005-07-08)
売り上げランキング: 107339

犯罪多発都市ロサンゼルス。「クリップス」という若いギャング・グループのボスであるトゥッキーは、殺人事件をおこし刑務所へ送られる。
刑務所暮らしの彼のもとへ、一人の女性ライターが現われる。
クリップスについての記事を書こうとしている彼女は、彼に当時のクリップスついてのインタビューを申し入れる。
刑務所を頻繁に訪れる彼女との間にしだいに深い信頼関係が生まれ、その後の彼の人生は大きく変わっていく・・・。

おすすめ度:

実在のギャングスター、スタン・トゥッーキー・ウイリアムズの半生を描いた作品。
主役は、「レイ」でアカデミー賞主演男優賞を受賞したジェイミー・フォックス。

元ギャングで殺人まで犯した彼が、刑務所の中で自分を見つめなおし、子供たちに非暴力を訴え、やがてはノーベル平和賞を受賞するという壮大な真実のストーリー。
頑なに心を閉ざしていたトゥッキーが改心し、非暴力を訴えるようになるまでの過程はかなりサラッとしているので、観ているほうとしては、「なんだか急にイイ人になっちゃって。」という印象が。
でも、登場人物それぞれの心の葛藤がよく描かれていて、いい映画だったと思います。

原題の「redemption」は、宗教的背景があって私たち日本人にとってはなかなか理解しにくい単語ですが、この映画を観ると、なんとなくそのニュアンスが分かるような気がします。