ボーンレガシー

原題:THE BOURNE LEGACY
監督:トニー・ギルロイ
出演:ジェレミー・レナー、エドワード・ノートン、レイチェル・ワイズ
製作:2012年米

ボーン・レガシー [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル (2013-02-20)
売り上げランキング: 808

CIA本部では、内部調査員パメラの告発により、暗殺者を生み出すCIAの極秘プログラムの存在が明るみに出ようとしていた。
それを防ぐため、隠蔽チームのリック(エドワード・ノートン)は、証拠隠滅のため全プログラムの抹消しようとする。
ボーンと同じく暗殺者として生み出されたアーロン・クロス(ジェレミー・レナー)は、2種の薬を服用せねば生きていけない。
彼の体調を管理する会社へ薬を求めてやってきた彼と、職員の銃乱射事件で九死に一生を得たマルタ・シェアリング博士(レイチェル・ワイズ)は、2人で隠蔽チームの追撃から逃げようとするのだが・・・。

おすすめ度:

ボーンシリーズの裏のストーリー。
もう一人の暗殺者アーロン・クロスを主人公としたアクション。
ボーンのストーリーとも絡んでいるので、ボーンシリーズを観てみたほうが確実に楽しめると思います。
特に、時系列的には3作目のボーン・アルティメイタムで、CIAの暗部を探る新聞記者は射殺されるあたりから本作がスタートするので、ボーン・アルティメイタムのストーリに記憶があると、あぁこう繋がるのね、って感じで理解しやすいかも。

アーロン・クロス演じるジェレミー・レナーは、最近人気急上昇の俳優さんらしいですが、ボーンシリーズといえばやっぱりマット・デイモン。
本作はシリーズとは別作品とはいえ、マット・デイモンの印象が強すぎるのか、どうも華が無いなという感じがしてしまう。
隠蔽チームを率いるリック役のエドワード・ノートンの存在感もいまいち。

レイチェル・ワイズが素敵。
本作は、ダニエル・クレイグと電撃結婚した後の作品でしょうか。
この人、もう42歳なんですね。
見た目、若いなぁ。

>> エドワード・ノートン出演映画をみる

スターリングラード

原題:ENEMY AT THE GATE
監督:ジャン・ジャック・アノー
出演:ジュード・ロウ、ジョセフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、エド・ハリス
製作:2001年米、独、英ほか

スターリングラード [DVD]
日本ヘラルド映画(PCH) (2001-11-21)
売り上げランキング: 34393

第2次世界大戦中のスターリングラード。
射撃の名手ヴァシリ(ジュード・ロウ)は、共産党の青年将校ダイロフ(ジョセフ・ファインズ)の要請で、スナイパーとしての任務を始める。
彼の活躍でソ連軍は士気を盛り返したが、彼を倒すためにドイツ軍の狙撃の名手ケーニッヒ少佐(エド・ハリス)が送り込まれる。
そんな中、スターリングラードで凄惨な激戦の火蓋が切って落とされる・・・。

おすすめ度:

実在する伝説のスナイパー、ヴァシリ・ザイツェフにを主人公に、戦争をソ連側の視点で描いた作品です。

ロシア人スナイパーを演じたジュード・ロウは、生粋のイギリス人なのに、何の違和感もありません。
あちらの血も入っているのでしょうか?

ジュード・ロウ演じるヴァリシと、ジョセフ・ファインズ演じるダイロフの間にある友情、そして2人が共に愛する女性(レイチェル・ワイズ)とのロマンス。
トーンの暗い戦争映画ですが、男と男の意地のぶつかりあい、愛する人への思いなど、ドラマとして見ごたえのある作品です。

>> ジュード・ロウ出演映画をみる