ボーンレガシー

原題:THE BOURNE LEGACY
監督:トニー・ギルロイ
出演:ジェレミー・レナー、エドワード・ノートン、レイチェル・ワイズ
製作:2012年米

ボーン・レガシー [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル (2013-02-20)
売り上げランキング: 808

CIA本部では、内部調査員パメラの告発により、暗殺者を生み出すCIAの極秘プログラムの存在が明るみに出ようとしていた。
それを防ぐため、隠蔽チームのリック(エドワード・ノートン)は、証拠隠滅のため全プログラムの抹消しようとする。
ボーンと同じく暗殺者として生み出されたアーロン・クロス(ジェレミー・レナー)は、2種の薬を服用せねば生きていけない。
彼の体調を管理する会社へ薬を求めてやってきた彼と、職員の銃乱射事件で九死に一生を得たマルタ・シェアリング博士(レイチェル・ワイズ)は、2人で隠蔽チームの追撃から逃げようとするのだが・・・。

おすすめ度:

ボーンシリーズの裏のストーリー。
もう一人の暗殺者アーロン・クロスを主人公としたアクション。
ボーンのストーリーとも絡んでいるので、ボーンシリーズを観てみたほうが確実に楽しめると思います。
特に、時系列的には3作目のボーン・アルティメイタムで、CIAの暗部を探る新聞記者は射殺されるあたりから本作がスタートするので、ボーン・アルティメイタムのストーリに記憶があると、あぁこう繋がるのね、って感じで理解しやすいかも。

アーロン・クロス演じるジェレミー・レナーは、最近人気急上昇の俳優さんらしいですが、ボーンシリーズといえばやっぱりマット・デイモン。
本作はシリーズとは別作品とはいえ、マット・デイモンの印象が強すぎるのか、どうも華が無いなという感じがしてしまう。
隠蔽チームを率いるリック役のエドワード・ノートンの存在感もいまいち。

レイチェル・ワイズが素敵。
本作は、ダニエル・クレイグと電撃結婚した後の作品でしょうか。
この人、もう42歳なんですね。
見た目、若いなぁ。

>> エドワード・ノートン出演映画をみる

ファイト・クラブ

原題:FIGHT CLUB
監督:デイヴィット・フィンチャーブラ
出演:ブラッド・ピット、エドワード・ノートン
製作:1999年米

ファイト・クラブ [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2012-04-21)
売り上げランキング: 2132

保険会社で働くジャック(エドワード・ノートン)は、出張先の飛行機でタイラーと名乗る男(ブラッド・ピット)と知り合う。
出張から帰ってみると、なぜかアパートは爆破されており、タイラーのところに泊まらせてもらうことになる。
そこでタイラーは、自分を思いっきり殴るように指示する。
その後も会うたびに殴りあう二人に見物客も集まり、ある地下の部屋に殴りあいの場所を作り、「ファイトクラブ」という会を設立する・・・。

おすすめ度:

ブラッド・ピットとエドワード・ノートン、期待の若手2人の共演。

鍛えられた上半身はとても目の保養になりましたが、ストーリーもなかなかおもしろい。
殴り合いのシーンが多いけれど、それほどバイオレンス色は強くないです。
後半で真実が分かったときは、ビックリでした。

エドワード・ノートンは、圧倒的な存在感があります。

>> エドワード・ノートン出演映画をみる
>> ブラッド・ピット出演映画をみる

ミニミニ大作戦

原題:THE ITALIAN JOB
監督:F・ゲイリー・グレイ
出演:マーク・ウォルバーグ、エドワード・ノートン、シャーリーズ・セロン、ドナルド・サザーランド、セス・グリーン
製作:2003年米

ミニミニ大作戦 コレクターズ・エディション [DVD]
ポニーキャニオン (2004-01-21)
売り上げランキング: 44238

窃盗のカリスマであるチャーリー(マーク・ウォルバーグ)が、仲間たちを集め金塊を盗みだす。
しかし、仲間のひとりスティーブ(エドワード・ノートン)が裏切って金塊を独り占めし、ジョン(ドナルド・サザーランド)を殺害。
一年後、チャーリーたちは復讐に燃えるジョンの娘ステラ(シャーリーズ・セロン)を仲間に入れ、復讐を企てるのだが・・・。

おすすめ度:

こんなカワイイ邦題がついているけど、原題は「THE ITALIAN JOB」。
1969年にマイケル・ケイン主演で作られた映画のリメイク版とのこと。

イタリアのヴェニスから、アメリカのロサンゼルスへと舞台が変わり、3台のミニクーパーが登場して、街をかけまわります。
全体的にスピード感があり、ミニクーパーの動きに釘付け。
かなりおもしろい作品です。

悪役のエドワード・ノートン、イカれたコンピューターオタク役のセス・グリーンがいい。
そして、大好きなマーク・ウォルバーグ、やっぱりカッコイイ!

>> マーク・ウォルバーグ出演映画をみる
>> エドワード・ノートン出演映画をみる
>> シャーリーズ・セロン出演映画をみる

25時

原題:25TH HOUR
監督:スパイク・リー
出演:エドワード・ノートン、フィリップ・シーモア・ホフマン、アンナ・パキン 
製作:2003年米

25時 [DVD]
25時 [DVD]
posted with amazlet at 12.08.18
角川映画 (2009-11-20)
売り上げランキング: 22025

麻薬の売人モンティ(エドワード・ノートン)は、何者かに密告され逮捕されてしまう。
懲役7年の刑を受けた彼は、25時間後には刑務所に入らなければいけない。
翌日の朝、刑務所に向かうまでの限られた時間を、どう過ごすか。
一緒に暮らす恋人を密告者ではないかと疑いはじめたり、後悔と絶望感を抱えながら、最後の夜は幼なじみの友人2人も招いて、なじみの店でパーティを開くのだが・・・。

おすすめ度:

9・11以降のN.Yの人々や街、取り巻く環境を強く意識して描かれた作品のように思います。
製作者の思いや嗜好が全面に出ている作品で、賛否両論ありそうな映画です。
私個人的には、観ていてあまり気持ちのいい映画ではなかったです。

でも、やっぱりエドワード・ノートンはいい。
彼の存在感は、犬を連れて立っているだけで、既にそこに何か物語があるような。
不思議なオーラを放っています。

>> エドワード・ノートン出演映画をみる

アメリカン・ヒストリーX

原題:AMERICAN HISTORY X
監督:トニー・ケイ
出演:エドワード・ノートン、エドワード・ファーロング
製作:1998年米

アメリカン・ヒストリーX [DVD]
アミューズ・ビデオ (2000-09-22)
売り上げランキング: 39285

消防士の父を黒人ドラッグディーラーに殺された青年(エドワード・ノートン)は、白人至上主義集団のカリスマ的存在だった。
その彼が、刑務所にいる間に、怒りや憎しみからは何も生まれないことを知り改心する。
出所後、兄を尊敬して組織に入っていた弟(エドワード・ファーロング)にも自分が間違っていたことを語り、それに心動かされた弟も、学校の宿題であった兄弟をテーマにした論文を書くが、その翌日に・・・。

おすすめ度:

Wエドワードの出演で話題になったこの映画。
人種差別の問題がベースにあり、かなりの問題作と騒がれたけれど、衝撃的でよく出来た作品だと思いました。

エドワード・ノートンの役作りはお見事。
出所前のワルだったころの彼と、出所後の彼、まるで別人のようでした。
あのマッチョな身体も、一見の価値あり。(でも相変わらずナデ肩はナデ肩…)

後半の兄弟愛には感動。
そして、信じられないあのラスト。
あらゆる意味で衝撃を受ける作品です。
個人的にはかなり好きですが、アメリカ人の中にはこの映画を「最低!」と言う人もいるようで。

>> エドワード・ノートン出演映画をみる