華麗なるギャツビー

原題:THE GREAT GATSBY
監督:バズ・ラーマン
出演:レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン
製作:2012年米

華麗なるギャツビー [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2014-05-02)
売り上げランキング: 2,302

1920年代のN.Y。宮殿のような豪邸では、毎夜盛大なパーティが開かれていた。その豪邸に住むのは、謎の大富豪ジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)。隣りの小さな家に越してきたニック(トビー・マグワイア)は、ギャツビーに招かれ、ある夜パーティーに参加するのだが・・・。

おすすめ度:

豪華絢爛!
花火は打ち上げられるわ、紙吹雪は舞うわ、シャンパンタワーは出てくるわで、とにかくド派手なお祭り騒ぎ。
1920年代が舞台ということで、ダンスや音楽、衣装やメイクまで、徹底的に当時を再現してて、観ごたえありです。

有名な小説なだけに、また5回目の映画化というだけに、レオナルド・ディカプリオ演じるジェイ・ギャツビーには賛否両論あったようですが。
観てる人それぞれのギャツビー像があると思うから、こういう役を演じるのって大変でしょうね。

この作品は小説も読んでるし、以前に宝塚の舞台でも観てるけど、私の中のギャツビー像は、まさにレオ様が演じたギャツビーそのもの。
過去に執着し、理想の女性に幻想を抱き、財力と権力を持ちながらも、どこか危なげで繊細な彼の表情に、キュンキュンしました。

プライベートでも親友だというレオナルド・ディカプリオとトビー・マグワイア、2人の絡みが最後まで素敵でした。
デイジー役のキャリー・マリガンも、美人ではないけど個性的で魅力のある女優さんですね。
21世紀のオードリーヘップバーンとか言われてるらしいけど、そこまで・・・?って気はしますが。

デイジー、男性から見るとああいうのが “守ってあげたくなる女” なんですねー。

>> レオナルド・ディカプリオ出演映画をみる

ブラッド・ダイヤモンド

原題:BLOOD DIAMOND
監督:エドワード・ズウィック
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジャイモン・フンスー、ジェニファー・コネリー
製作:2006年米

ブラッド・ダイヤモンド [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 16,308

内戦が続くアフリカで、ダイヤを密売するダニー・アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)は、反政府軍RUFに集落を襲撃された際に妻子と生き別れになったソロモン(ジャイモン・フンスー)と出会う。
ソロモンは、ダイヤモンドの採掘場で強制労働させられている最中に、巨大なピンクダイヤモンドの原石を見つけて隠していた。
ダニーがバーで出会ったジャーナリストのマディー(ジェニファー・コネリー)は、RUFの資金源となっている”ブラッド・ダイヤモンド”の真相を探って、アーチャーに近づくのだが・・・。

おすすめ度:

2006年に公開した作品で、米国務省が批判したことでも話題になった作品。
えぐいシーンが多いと聞いてたので、当時は観る勇気がなかったけれど、レオ様の出演作なのでやっぱり観ておこう、ということでレンタル。

悲惨なアフリカの内戦がリアルに描かれ、噂どおり目を覆いたくなるようなシーンの連続。
緊張感やスピード感があって、アクションとしてもサスペンスとしてもおもしろい。

先進国では幸せの象徴ともいえるダイヤモンドの背景に、こんな惨いストーリーがあるとは。
銃を向ける少年兵の映像はショッキングすぎる。
紛争ダイヤの現実。

社会問題提起の色が濃い作品だけれど、レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、そしてアフリカ出身のジャイモン・フンスーそれぞれの人間的魅力もたっぷり。

本作でのレオナルド・ディカプリオは、筋肉ムキムキで超ワイルド。
でも、顔はあいかわらずチャウチャウ。cute!!

>> レオナルド・ディカプリオ出演映画をみる

マイ・ルーム

原題:MARVIN’S ROOM
監督:ジェリー・ザックス
出演:メリル・ストリープ、レオナルド・ディカプリオ、ダイアン・キートン、ロバート・デ・ニーロ
製作:1996年米

マイ・ルーム [DVD]
マイ・ルーム [DVD]
posted with amazlet at 12.08.18
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-03-07)
売り上げランキング: 60311

手に職をつけようと美容学校に通う母リー(メリル・ストリープ)と、そんな母親に反発する息子ハンク(レオナルド・ディカプリオ)。
ある日ハンクは自宅に放火し、家出してしまう。
そんな中、フロリダに住む姉ベッシー(ダイアン・キートン)から20年ぶりに電話があり、自分は白血病で親族からの骨髄移植が必要だと伝えられる。
家族はそんな姉のいるフロリダを訪れる。
姉は結婚もせず、両親の面倒を見ていた。
父は寝たきりの痴呆症。
20年前に家を飛び出してしまった妹リーと、姉・両親との間には、複雑な感情があった・・・。

おすすめ度:

家族それぞれが悩みを抱え、誰かを大切に思って生きている。
家族の関係というのは、壊すのも簡単だけれど、修復するのもそれなり時間はかかるけれど不可能ではないということを学ばせてくれる映画。
メリル・ストリープとダイアン・キートン演じる姉妹が、自分の感情をぶつけ合うシーンが印象的でした。

大女優に混ざって、レオナルド・ディカプリオも存在感ある演技でした。

>> ロバート・デ・ニーロ出演映画をみる
>> メリル・ストリープ出演映画をみる
>> レオナルド・ディカプリオ出演映画をみる

ロミオ&ジュリエット

原題:ROMEO + JULIET
監督:バズ・ラーマン
出演:レオナルド・ディカプリオ、クレア・デーンズ
製作:1996年米

ロミオ&ジュリエット [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2012-09-28)
売り上げランキング: 64462

対立する財閥モンタギュー家とキャプレット家。
ある晩、キャプレット家が開催したパーティに忍び込んだロミオ(レオナルド・ディカプリオ)は、キャプレット家の一人娘ジュリエット(クレア・デーンズ)に一目惚れする。
2人は教会で、神父と友人たちだけに囲まれ結婚を誓うのだった。
キャプレット家とモンタギュー家の間にある事件が起こり、ロミオの親友が命を落としてしまう。
立場が危うくなったロミオ。
神父のアイデアで、2人は危険な計画に挑むのだった・・・。

おすすめ度:

シェイクスピアの傑作、ロミオ&ジュリエットの現代版。

ロミオをレオナルド・ディカプリオ、ジュリエットを世界規模のオーディションで選ばれたというクレア・デーンズが演じています。
現代版に多少ストーリーもアレンジされていますが、裏庭で愛を誓い合うあの有名なシーンなどはそのままです。
背中に羽をつけたジュリエットが最初に登場する場面が、とても印象的。
透明感があって本当に可愛い。

何だかんだ言っても、私はやっぱりオリジナルが好きです。
現代版は確かに新鮮ではあるけれど。
この恋愛ストーリーの背景にある、対立する両家の歴史やストーリー全体の重みは、やはりオリジナルのほうが上手く表現されている気がします。

音楽は好きでした。

>> レオナルド・ディカプリオ出演映画をみる
>> クレア・デーンズ出演映画をみる

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

原題:REVOLUTIONARY ROAD
監督:サム・メンデス
出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャシー・ベイツ
製作:2008年米・英

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで スペシャル・エディション [DVD]
角川エンタテインメント (2009-06-05)
売り上げランキング: 37932

郊外の一戸建てを買い、2人の子供にも恵まれた幸せそうな夫婦生活。
妻エイプリル(ケイト・ウィンスレット)は地元の劇団員、フランク(レオナルド・ディカプリオ)はセールスマンとして働いている。
お互い、日々の生活に虚しさを感じていた。
そんな時、エイプリルがパリでの暮らしを提案するのだが・・・。

おすすめ度:

タイタニックのカップルの再共演ということで、話題になりました。
1950年のアメリカを舞台に、ある夫婦の結婚生活を描いた作品。

最初から激しい夫婦喧嘩ではじまり、最後まで重たい空気の流れる映画です。
自分の描く人生のストーリーから遠くかけはなれていく不安、葛藤、ジレンマに押しつぶされそうになる主人公を、主役の2人が演じています。
後半はかなり激しい描写もあり、日本語のタイトルに「燃え尽きるまで」とついているのが腑に落ちました。

レオナルド・ディカプリオは、年を重ねて貫禄がつき、素敵な男性になりましたね。

>> レオナルド・ディカプリオ出演映画をみる
>> ケイト・ウィンスレット出演映画をみる

太陽と月に背いて

Filed under: ヒューマンドラマ — タグ: — 11:20 PM 2012/08/15

原題:TOTAL ECLIPSE
監督:アニエシュカ・ホランド
出演:デイヴィッド・シューリス、レオナルド・ディカプリオ
製作:1995年英・仏・ベルギー

太陽と月に背いて [DVD]
パイオニアLDC (1998-11-25)
売り上げランキング: 78198

ストーリーは、ヴェルレーヌ(デイヴィッド・シューリス)の回想によりはじまる。
10代のランボー(レオナルド・ディカプリオ)が、詩人のヴェルレーヌを頼ってパリにきて、2人の奇妙な同棲生活がはじまる。
ブリュッセル、ロンドンと住み歩き、大英博物館に通いながら詩作に打ち込むようにまでなったランボーのために、生活費を稼ぐヴェルレーヌ。
しだいに、2人の恋愛関係は崩壊していく。
数年後に再会したときに、 酔っていたヴェルレーヌは、銃を暴発させランボーにケガを負わせてしまう。
この一件で、彼の男色が明らかになり・・・。

おすすめ度:

かなり衝撃的でした。
いわゆる「同性愛」、過激な性描写、生々しい映像もあったりで。
私自身がランボーの詩はおろか、文芸作品への興味や理解がないので、そういうところばかりが気になってしまったのかも。

いわゆるハリウッド映画とは、撮り方や見せ方が一味違っていて、新鮮ではありました。

ヴェルレーヌとランボーを演じた2人は、かなりの体当たり演技だったと思います。

>> レオナルド・ディカプリオ出演映画をみる

タイタニック

原題:TITANIC
監督:ジェームズ・キャメロン
出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット
製作:1997年米

タイタニック アルティメット・エディション [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2006-01-07)
売り上げランキング: 950

深海に眠るタイタニック号の引き上げ作業。
ずっと昔にあった処女航海で沈没してしまったタイタニック号の生存者だという101歳の老女ローズ(ケイト・ウィンスレット)が、悲劇の航海の模様を語りだす。
画家志望の青年ジャック(レオナルド・ディカプリオ)との出会い、激しい恋におちて、船が沈没するまでの短い間の二人の愛を思い出し、隠しもっていたペンダント「碧洋のハート」を海に沈めるのだった・・・。

おすすめ度:

20世紀最大の海難事故となった豪華客船タイタニック号の悲劇を描いた作品。
画家志望の青年と上流階級の娘の恋の物語。

ほぼ原寸大というタイタニック号の模型(縦半分)を実際に海に浮かべて撮影したと聞きましたが、CG含めてものすごい映像技術です。
徹底的に忠実に再現しようとしてるのが、よく伝わってきます。

船が沈没するまでの船内の出来事、ジャックとローズの恋物語を、3時間足らずでまとめた素晴らしい作品。
素直に感動して泣ける映画でした。

評価は正反対に分かれるようですが、私個人的には映画は基本的に楽しませてくれるもの、エンタテイメント性が一番のポイントなので、そういう意味では、誰もがエンディングまで知っている大惨事を、これだけの超大作に仕上げ、観た人に色んな感情を持たせ、しかもあれだけのロングランとさせた映画には、堂々と★5つを付けたいです。

ローズ役のケイト・ウィンスレットについても結構厳しい声があるようですが、そんなに悪かったかな?
私はあの役は合ってたと思うし、レオナルド・ディカプリオとの組合せも好きでした。

>> レオナルド・ディカプリオ出演映画をみる
>> ケイト・ウィンスレット出演映画をみる

ザ・ビーチ

原題:THE BEACH
監督:ダニー・ボイル
出演:レオナルド・ディカプリオ
製作:2000年米

ザ・ビーチ (特別編) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2012-09-28)
売り上げランキング: 55776

アメリカ人の若者リチャード(レオナルド・ディカプリオ)が、バンコクの宿泊先である男に出会い、秘密の孤島「ザ・ビーチ」の伝説を耳にする。
その男が自殺したあと、孤島の地図を手にした彼は、フランス人カップルと共に孤島へと渡る。
そこで3人が目にしたのは、数十人の若者が暮らすコミュニティ。
自由気ままな暮らしを楽しむ3人だったが、しだいにその集団の謎めいた部分に気づき始める・・・。

おすすめ度:

3人が孤島に到着して生活を始めるあたりまでは、この後なにが起こるのかというドキドキ感でおもしろかったけれど、後半はガッカリ。
サスペンスにしてはヒネリがなさすぎだし、結局何を表現したかったのかよく分からないストーリー展開。
レオナルド・ディカプリオも、いまいちパッとしません。

舞台となった美しいビーチは、タイのピピ島とのこと。
この映画の後、ピピ島への旅行客が増えたとか。

それにしても、アメリカ人にとってタイというのは、エキゾチックで刺激的、謎に包まれた魅力ある国のようですね。
本作品以外にも、クレア・デーンズ主演のブロークダウン・パレスなどを観ても、そう思います。

>> レオナルド・ディカプリオ出演映画をみる

ギルバート・グレイプ

原題:WHAT’S EATING GILBERT GRAPE
監督:ラッセ・ハルストレム
出演:ジョニー・デップ、ジュリエット・ルイス、レオナルド・ディカプリオ
製作:1993年米

ギルバート・グレイプ [DVD]
角川書店 (2012-07-20)
売り上げランキング: 2471

生まれてから町を一度も出たことのない24歳のギルバート(ジョニー・デップ)。
太って自由に動くことすらできなくなってしまった母親と、知能障害を持つ弟アーニー(レオナルド・ディカプリオ)がいる家族と一緒に住んでいる。
平凡でたいくつな毎日を過ごしているある日、自由奔放なベッキー(ジュリエット・ルイス)が現れる。
彼女との出会いを通じて、彼の生活や心にしだいに変化が起こり・・・。

おすすめ度:

好きな映画ベスト3に入るお気に入り映画です。
何度も観ているけれど、飽きるどころか観るたびにまた好きになる。

色々な問題がありながらも、お互いを支えあう家族の愛、ふと感じる不安や心の葛藤、突然の出会い。
平凡に生きているようで、実は色んなことを感じて考えて、人って生きているんだなぁって思えます。
人間どおしの繋がりを深く描いた作品で、すごく暖かくて癒される映画です。

知能障害を持つ主人公の弟を演じているのは、レオナルド・ディカプリオ。
私はこの映画を最初に観たとき、まだ彼のことをよく知らず、本当に知能障害の子を起用しているのかと思ったぐらい、彼の迫力ある演技は本当に素晴らしいです。
責任感の強い素朴な青年を演じるジョニー・デップ、強くて優しい自由奔放な女性を演じるジュリエット・ルイス。
キャストがみんな素敵です。

>> ジョニー・デップ出演映画をみる
>> レオナルド・ディカプリオ出演映画をみる

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

原題:CATCH ME IF YOU CAN
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:トム・ハンクス、レオナルド・ディカプリオ、クリストファー・ウォーケン
製作:2003年米

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2009-04-10)
売り上げランキング: 13944

16歳のフランク・アバグネイル(レオナルド・ディカプリオ)は、両親の離婚をきっかけに家を出してしまう。
小切手詐欺をはじめた彼は、パイロットの制服を手に入れ、提携する航空会社の飛行機で逃げ回る。
FBIのベテラン捜査官カール(トム・ハンクス)は躍起になって犯人を追うが、なかなか正体をつかめない。
フランクは、小児科医、弁護士になりすますのだが・・・。

おすすめ度:

詐欺師の実話をピルバーグが映画化。

主役を演じたレオナルド・ディカプリオは、パイロット→医者→弁護士と次々変身していきます。
レオ様ファンにはたまらない映画でしょう。
この頃、実年齢は30歳ぐらいのはずだけど、10代を演じていても全く違和感がないのがすごい。
爽やか~。

詐欺師とそれを追う捜査官のストーリーだけど、コメディタッチでおもしろかったです。
主人公の心の弱さ、家族の絆、そういうドラマな部分もよく出来ている映画です。

でも、本当にこんな事件があったのかぁって、ビックリさせられる話ですね。

>> レオナルド・ディカプリオ出演映画をみる
>> トム・ハンクス出演映画をみる