ローマでアモーレ

原題:TO ROME WITH LOVE
監督:ウディ・アレン
出演:ウディ・アレン、アレック・ボールドウィン、ロベルト・ベニーニ、ペネロペ・クルス、ジェシー・アイゼンバーグ
製作:2012年米・伊・西

アメリカの音楽プロデューサーのジェリー(ウディ・アレン)は、イタリア人と婚約した娘に会うために、夫婦でローマを訪れる。
同じ頃、田舎から出てきた新婚カップルは、ホテル到着後さっそくハプニングが。
妻は美容室へ行くため街へ出たところ迷子になり、その間に帰りを待つ夫のところには、なぜかコールガール(ペネロペ・クルス)が現れる。
アメリカの建築学生ジャック(ジェシー・アイゼンバーグ)は、恋人と暮らしているが、ある日彼女の親友が転がり込み、ジャックは彼女に惹かれていく。
レオポルド(ロベルト・ベニーニ)は、平凡なサラリーマンだが、ある朝突然マスコミに取り囲まれ、大スターになっていた・・・。

おすすめ度:

日本では、2013年6月の公開予定。

今までウディ・アレン作品にはそれほど興味はなかったけれど、ミッドナイト・イン・パリがすごく良かったので、本作も観てみました。

まず、出演者がなかなか豪華。
「ソーシャル・ネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグ。
「ライフ・イズ・ビューティフル」のロベルト・ベニーニ。
アレック・ボールドウィンに、ペネロペ・クルス。
そして、ウディ・アレン自身もキャストとして出演。

複数のストーリーが同時進行する形で、ローマの町を舞台に繰り広げる人間模様を描いた作品。

ミッドナイト・イン・パリのほうが繊細で、ストーリーもよく作られていたような気がします。
ドタバタで明るい作品だけれど、観終わったあと何か印象に残るような映画ではなかった。

ただ、ローマという町の魅力はたっぷり表現されていて、旅に出たくなりますね。

バルセロナ、パリ、ロンドン、ローマと、ヨーロッパの魅力溢れる都市を舞台に描いてきたウディ・アレン監督ですが、なんと次回作はサンフランシスコが舞台だという噂。

>> ペネロペ・クルス出演映画をみる

すべての美しい馬

原題:ALL THE PRETTY HORSES
監督:ビリー・ボブ・ソーントン
出演:マット・デイモン、ペネロペ・クルス
製作:2000年米

すべての美しい馬 [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2009-11-04)
売り上げランキング: 34376

父親を亡くした青年ジョン(マット・デイモン)は、友人を誘ってカウボーイとしての新しい生活を夢見てメキシコへ。
メキシコ人のロチャが経営する牧場で働くようになる。
そこで彼の娘アレハンドラ(ペネロペ・クルス)と恋に落ちるが・・・。

おすすめ度:

自然が美しい映画です。

マット・デイモンのカウボーイ姿、結構良かったです。
ペネロペ・クルスは、どの映画でもイケメンにモテる役でいいですね。

ヒネリすぎておかしくなった邦題も多くありますが、この映画の場合は「All the pretty horses」という原題を直訳しすぎて、おかしな邦題になってしまったパターンですね。

>> マット・デイモン出演映画をみる
>> ペネロペ・クルス出演映画をみる

コレリ大尉のマンドリン

原題:CAPTAIN CORELLI’S MANDOLIN
監督:ジョン・マッデン
出演:ニコラス・ケイジ、ペネロペ・クルス
製作:2001年米

コレリ大尉のマンドリン [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2002-05-15)
売り上げランキング: 17453

ギリシアのある島に住む医師の娘ペラギア(ペネロペ・クルス)は、精神的にも変わり果てて戦争から戻ってきた婚約者に困惑している。
戦争でギリシャはイタリアとドイツに降伏し、ある日彼女が住む島にもイタリア兵の軍がやってきた。
その中には、マンドリンを背中に背負ったコレリ大尉(ニコラス・ケイジ)がいた。
戦争中でも、音楽や笑いが耐えないイタリア兵に、島の人達も少しずつ打ち解けていく。
コレリ大尉とペラギアは、しだいにお互い惹かれ合っていくのだが・・・。

おすすめ度:

第二次世界大戦中ケファロニア島というギリシャの牧歌的な島が舞台となった、「恋におちたシェイクスピア」のジョン・マッデン監督作品。

戦争の真っ只中と感じさせない島での生活。
戦時下でも音楽を愛し人生を楽しもうとする兵士たちと、島の人々とのふれあいが自然で、その中で芽生えるピュアな恋という設定もいいです。

マンドリンを背中に背負ったニコラス・ケイジと、ビルマの竪琴を持った中井貴一さんが、絵的にかぶります。

>> ニコラス・ケイジ出演映画をみる
>> ペネロペ・クルス出演映画をみる

ウーマン・オン・トップ

Filed under: 夏に観たい,恋愛・ラブコメ — タグ: — 11:41 PM 2012/08/11

原題:WOMAN ON TOP
監督:フィナ・トレス
出演:ペネロペ・クルス
製作:2000年米

ウーマン・オン・トップ [DVD]
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント (2003-04-11)
売り上げランキング: 85500

料理上手の妻イザベラ(ペネロペ・クルス)と旦那は、レストランを経営して、その料理のおいしいことでお店は大繁盛だった。
が、ある日旦那の浮気現場を発見。
怒ったイザベラは、彼を置いて一人アメリカへ。
サンフランシスコで料理番組に出ることになった彼女は、セクシーな格好で料理を作るということで話題になる。
そこへ、別れた旦那が突然来るのだが・・・。

おすすめ度:

ウーマン・オン・トップという、ずいぶん大胆なタイトル。
ストーリーはなんだか変ですが、ペネロペ・クルス主演のお色気ムービーなので、その辺は気にしないこと。
スパイシーでセクシーなラテン美女を見たい人にはおすすめ。

私個人的には、音楽はとても楽しめました。
ボサノバはじめ、南米系のノリのいい音楽が流れていて、気持ちいいです。

>> ペネロペ・クルス出演映画をみる