ブラック・スワン

原題:BLACK SWAN
監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ナタリー・ポートマン、ミラ・クニス、ウィノナ・ライダー
製作:2010年米

ブラック・スワン [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2012-12-19)
売り上げランキング: 37956

バレエ団に所属するバレリーナのニナ(ナタリー・ポートマン)は、プリマドンナの夢を追いかけていた。
芸術監督のトーマ(ヴァンサン・カッセル)は、トップダンサーのベス(ウィノナ・ライダー)を降板させ、新しい演出での「白鳥の湖」の公演を計画し、プリマドンナにニナを抜擢する。
純真な白鳥と妖艶な黒鳥の二役を踊らなければならないニナだが、官能的な黒鳥を演じることができず、次第に精神的に追い詰められていく・・・。

おすすめ度:

アカデミー最優秀主演女優賞に輝いたナタリー・ポートマンの体当たり演技がすごいです。
バレエのことは実際よく分からないけど、本当のバレリーナのように見えました。
どれだけのトレーニングと体作りで、本作品に挑んだんでしょうか。
プロ意識の強さを感じます。
バレエのほかsexyシーンも魅せどころなんだと思いますが、綺麗すぎるせいでしょうか、あまり色気を感じないのは私だけ?
ウィノナ・ライダーの荒れっぷりはよかったです。

追い詰められていくニナの焦燥感や恐怖感は伝わってきましたが、ストーリーの展開にハラハラドキドキという感じはなく、スリラー・サスペンスという視点だと、ちょっと物足りなさが残ります。

>> ナタリー・ポートマン出演映画をみる
>> ウィノナ・ライダー出演映画をみる

リアリティ・バイツ

原題:REALITY BITES
監督:ベン・スティラー
出演:ウィノナ・ライダー、イーサン・ホーク、ベン・スティラー
製作:1993年米

リアリティ・バイツ [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル (2012-04-13)
売り上げランキング: 22581

大学を卒業したリレイナ(ウィノナ・ライダー)はTV局の仕事につくが、毎日決まりきったことを淡々とこなしていくだけの単純ワークに嫌気がさす。男友達のトロイ(イーサン・ホーク)は仕事もせず、自分の好きな音楽活動に没頭。
そんな中、彼女は自分たちの世代を表現したドキュメンタリーを製作することに・・・。

おすすめ度:

当時28歳だったベン・スティーラーがはじめて監督した作品のようです。
彼はMTV編集局長の役で出演もしています。

現実社会に向き合う若者の葛藤を描いたストーリー。
アメリカの若者の生活が、自然かつリアルに表現されています。

若い頃のウィノナ・ライダーやイーサン・ホークも観れるし、ヒット曲「マイ・シャローナ」もいいですね。

>> ウィノナ・ライダー出演映画をみる
>> イーサン・ホーク出演映画をみる
>> ベン・スティラー出演映画をみる

シザーハンズ

原題:EDWARD SCISSORHANDS
監督:ティム・バートン
出演:ジョニー・デップ、ウィノナ・ライダー
製作:1990年米

シザーハンズ (特別編) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2010-06-25)
売り上げランキング: 2001

ハサミの手を持つ人造人間エドワード(ジョニー・デップ)が街にやってくる。
器用に木を刈ったり街の人々の髪を切ってあげたりしていくうちに、街の人気者となっていく。
高校生のキム(ウィノナ・ライダー)と出会い、しだいにお互い惹かれていくが、ある事件をきっかけにエドワードは街から追い出されることに・・・。

おすすめ度:

両手がハサミの人造人間と少女の恋を描くSFファンタジー。

雪降る夜に、おばあさんが孫娘にベッドで物語を話し始めるシーンが好き。
優しい心を持つエドワード純粋さ優しさに、素直に心を打たれます。
子供じみたファンタジーではなく、ティム・バートンの独特の世界観と切ない物語に、大人も楽しめるおとぎ話です。

ジョニー・デップはこの映画で一躍有名になったけれど、強烈な特殊メイクをしているので、後になって他の映画を観てから、この人があのシザーハンズの!?と気づく人も結構多いようで。

共演のウィノナ・ライダーとは、私生活でも当時はLOVEでしたね。

>> ジョニー・デップ出演映画をみる
>> ウィノナ・ライダー出演映画をみる

オータム・イン・ニューヨーク

原題:AUTUMN IN NEW YORK
監督:ジョアン・チェン
出演:リチャード・ギア、ウィノナ・ライダー
製作:2000年米

オータム・イン・ニューヨーク [DVD]
JVCエンタテインメント (2001-02-23)
売り上げランキング: 37592

帽子のデザインを勉強中のシャーロット(ウィノナ・ライダー)が、レストラン経営者のウィル(リチャード・ギア)と知り合い、恋に落ちる。
40年以上も独身貴族を貫き、派手な女性遍歴を繰り返してきたウィルは、彼女に長く真剣に付き合うつもりがないことを告白。
重い病にかかっているシャーロットは、本当の恋に身を焦がしたいと願うのだが・・・。

おすすめ度:

秋から冬に変わりゆくニューヨーク、セントラルパークが素敵です。

若い女の子と、年上男性の恋。
中年おやじのプレイボーイぶりにイラつく一方、自己中心的な恋のはじまり方も理解できたりして。
ストーリーは結構ドロドロしてるけど、すっきり観れる恋愛映画です。

恋に恋するウィノナ・ライダーが可愛くて救われます。

>> リチャード・ギア出演映画をみる
>> ウィノナ・ライダー出演映画をみる