リンカーン弁護士

原題:THE LINCOLN LAWYER
監督:ブラッド・ファーマン
出演:マシュー・マコノヒー、マリサ・トメイ、ライアン・フィリップ
製作:2011年米

リンカーン弁護士 [DVD]
Happinet(SB)(D) (2013-01-08)
売り上げランキング: 26,675

L.Aに住むミック・ハラー(マシュー・マコノヒー)は、少々汚い手を使うも、軽い刑でおさめる司法取引が得意な敏腕弁護士。
検事のマギー(マリサ・トメイ)とは離婚しているも、二人の間には娘がいて、今でも良好な関係を保ち続けている。
ある日、資産家の息子ルイス(ライアン・フィリップ)が殺人未遂容疑で訴えられる。
ルイスの強い希望もあり、弁護の依頼を受けるミックだったが・・・。

おすすめ度:

法廷を舞台としたドラマですが、サスペンス・スリラー映画としておもしろかったです。
意外な展開から突如、不穏な空気が漂いはじめ、ストーリー後半の緊張感。

タイトルの「リンカーン弁護士」は、マシュー・マコノヒー演じる弁護士のミックが、いつも黒い高級車リンカーンに乗っているから。

マシュー・マコノヒーの法廷映画といえば、「評決のとき」。
あの頃は、若くて真面目な新米弁護士役で、クリーンで爽やかな印象だった彼。
しかし本作では、腹黒くてチョイ悪な中年弁護士に。
この人は、若い頃のほうが素敵だったなぁ。

離婚してもまだ未練がありそうな、彼にあれこれ尽くす元妻役のマリサ・トメイが良かった。
色気、貫禄、キュートさを全部持ってるアラフィフって感じで、好きですねー。

ライアン・フィリップは、たぶん映画で観たのは「サベイランス」以来。
あれから10年経って、美男子からプレ中年になり、少しふっくらしましたね。
でも、相変わらず綺麗な顔してたけど。

若い頃のあの人たちがこうなった、って視点でも楽しめた映画でした。

>> マシュー・マコノヒー出演映画をみる
>> マリサ・トメイ出演映画をみる

評決のとき

原題:A TIME TO KILL
監督:ジョエル・シュマッカー
出演:マシュー・マコノヒー、サミュエル・L・ジャクソン、サンドラ・ブロック、ケビン・スペイシー、アシュレイ・ジャド、ドナルド・サザーランド、キーファー・サザーランド
製作:1996年米

評決のとき [DVD]
評決のとき [DVD]
posted with amazlet at 12.08.20
日本ヘラルド映画(PCH) (2003-06-18)
売り上げランキング: 58294

白人と黒人の差別がまだ強く残る街で起きた、白人2人による10歳の黒人少女のレイプ事件。
少女は一命を取り留めたものの、子供の産めない体になってしまった。
父親のカール・リー(サミュエル・L・ジャクソン)は、その怒りから、2人の白人を殺害してしまう。
カール・リーの弁護を担当することになった若き弁護士のジェイク(マシュー・マコノヒー)は、凄腕の検事バックリー(ケビン・スペイシー)を相手に、圧倒的に不利な状況での裁判がはじまった・・・。

おすすめ度:

法廷ドラマですが、人種差別が色濃く描かれています。
大切な人を奪われた人間の怒り・復讐、自分の家族を犠牲にしてまで使命を貫こうとする正義。
意外な言葉で陪審員たちの心を掴んだ最終弁論は、涙なくして観れません。

マシュー・マコノヒーとサミュエル・L・ジャクソンの他にも、主人公の妻にアシュレイ・ジャド、アシスタント役ににサンドラ・ブロック、恩師役にドナルド・サザーランド、KKKの一員にキーファー・サザーランド、と豪華なキャストで見ごたえあり。

>> マシュー・マコノヒー出演映画をみる
>> サミュエル・L・ジャクソン出演映画をみる
>> ケビン・スペイシー出演映画をみる
>> サンドラ・ブロック出演映画をみる

ニュートン・ボーイズ

原題:THE NEWTON BOYS
監督:リチャード・リンクレイター
出演:マシュー・マコノヒー、イーサン・ホーク、スキート・ウーリッチ
製作:1998年米

ニュートン・ボーイズ [DVD]
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント (2004-05-28)
売り上げランキング: 116630

人を殺さないをモットーに、次々と鮮やかに銀行強盗を繰り返すニュートン兄弟。
ウィリス(マシュー・マコノヒー)は、強盗で得た大金を元に、石油発掘の事業に手を出すが失敗してしまう。
そして兄弟たちとカウボーイの生活に。
ある日、大金を手にすることができる列車強盗の話を聞いたウィリスは、兄弟を集めこれを最後の強盗と決行する・・・。

おすすめ度:

実在した銀行強盗4兄弟を描いた作品。
ニュートン・ボーイズなんて冴えないタイトルのわりに、おもしろかったです。

イケメン兄弟を目で楽しむのに良い作品。
イーサン・ホークはチョビ髭をはやしたりしてて、ガタカや大いなる遺産の時のようなスマートな格好良さはなし。
スキート・ウーリッチは、ジョニーデップに似てますね。

>> イーサン・ホーク出演映画をみる
>> マシュー・マコノヒー出演映画をみる

10日間で男を上手にフル方法

原題:HOW TO LOSE A GUY IN 10 DAYS
監督:ドナルド・ペトリー
出演:マシュー・マコノヒー、ケイト・ハドソン
製作:2003年米

10日間で男を上手にフル方法 [DVD]
パラマウント ジャパン (2005-08-19)
売り上げランキング: 110143

女性雑誌社に勤めるアンディ(ケイト・ハドソン)は、ある日上司に「恋人を作り、その男の嫌がることをしてわざとフラれ、体験記を反面教師となるようコラムにする」という仕事を与えられる。
実験台に選ばれたのは、あるパーティで出会った広告マンのベン(マシュー・マコノヒー)。
しかし彼もまた、上司から「10日以内に恋人を作ったら大事な仕事を任せる。」という賭けのため、彼女を選んでいたのだった・・・。

おすすめ度:

How to本のタイトルのようなこの映画、暇つぶしに観ましたが意外と楽しめました。
軽いタッチのラブコメです。

ケイト・ハドソンは個人的にちょっと苦手(特に顔、なんか威圧感を感じる)だけど、この役はハマリ役でした。
マシュー・マコノヒーも良かった。

>> マシュー・マコノヒー出演映画をみる