ドン底女子のハッピー・スキャンダル

Filed under: 恋愛・ラブコメ — タグ: — 5:52 PM 2012/12/09

原題:WITHOUT MEN
監督:ガブリエラ・タリグアビーニ
出演:エヴァ・ロンゴリア、クリスチャン・スレイター
製作:2011年米

ドン底女子のハッピースキャンダル [DVD]
トランスワールドアソシエイツ (2012-11-02)
売り上げランキング: 88603

ジャーナリストのゴードン(クリスチャン・スレイター)は、紛争地帯でスクープを探しているときに、ある少年から一冊の日記を渡される。
日記には、女しか住まない村の様子が綴られていた。
その村では、男たちがいなくなった後、ロサルバ(エヴァ・ロンゴリア)が村長となり、女性たちが一致団結して村の再建を試みていたのだが・・・。

おすすめ度:

クリスチャン・スレイターが出演ということで観てみたんですが、うーーん。

ある事件後に村から男が全員いなくなり、女だらけの生活になって、唯一の男性である神父のアホっぷり、レズビアン・・・。
ジャーナリストという役柄のクリスチャン・スレイターは、ストーリー上ほとんど存在感なし。
というか、ジャーナリストがスクープを探して、っていうくだりも、必要なのかどうだか。
おかしな脚本で、一体何を伝えたかったのか分からない映画でした。

ドン底女子も出てこないし、大したハッピースキャンダルもないし、邦題はストーリーに全くマッチしてない。

そんな中でも少し印象に残ったのは、クリスチャン・スレイターの割れた腹筋。(何年か前はだいぶぽっちゃりしてたけどワークアウトしたっぽい)
あと、「デスパレートな妻たち」にも出ているエヴァ・ロンゴリア。
この人、モデルの梨花にちょっと似てませんか。

>> クリスチャン・スレイター出演映画をみる