ローマでアモーレ


原題:TO ROME WITH LOVE
監督:ウディ・アレン
出演:ウディ・アレン、アレック・ボールドウィン、ロベルト・ベニーニ、ペネロペ・クルス、ジェシー・アイゼンバーグ
製作:2012年米・伊・西

アメリカの音楽プロデューサーのジェリー(ウディ・アレン)は、イタリア人と婚約した娘に会うために、夫婦でローマを訪れる。
同じ頃、田舎から出てきた新婚カップルは、ホテル到着後さっそくハプニングが。
妻は美容室へ行くため街へ出たところ迷子になり、その間に帰りを待つ夫のところには、なぜかコールガール(ペネロペ・クルス)が現れる。
アメリカの建築学生ジャック(ジェシー・アイゼンバーグ)は、恋人と暮らしているが、ある日彼女の親友が転がり込み、ジャックは彼女に惹かれていく。
レオポルド(ロベルト・ベニーニ)は、平凡なサラリーマンだが、ある朝突然マスコミに取り囲まれ、大スターになっていた・・・。

おすすめ度:

日本では、2013年6月の公開予定。

今までウディ・アレン作品にはそれほど興味はなかったけれど、ミッドナイト・イン・パリがすごく良かったので、本作も観てみました。

まず、出演者がなかなか豪華。
「ソーシャル・ネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグ。
「ライフ・イズ・ビューティフル」のロベルト・ベニーニ。
アレック・ボールドウィンに、ペネロペ・クルス。
そして、ウディ・アレン自身もキャストとして出演。

複数のストーリーが同時進行する形で、ローマの町を舞台に繰り広げる人間模様を描いた作品。

ミッドナイト・イン・パリのほうが繊細で、ストーリーもよく作られていたような気がします。
ドタバタで明るい作品だけれど、観終わったあと何か印象に残るような映画ではなかった。

ただ、ローマという町の魅力はたっぷり表現されていて、旅に出たくなりますね。

バルセロナ、パリ、ロンドン、ローマと、ヨーロッパの魅力溢れる都市を舞台に描いてきたウディ・アレン監督ですが、なんと次回作はサンフランシスコが舞台だという噂。

>> ペネロペ・クルス出演映画をみる