姉のいた夏、いない夏


原題:THE INVISIBLE CIRCUS
監督:アダム・ブルックス
出演:キャメロン・ディアス、ジョーダナ・ブリュースター、クリストファー・エクルストン
製作:2001年米

姉のいた夏、いない夏 [DVD]
パイオニアLDC (2001-12-21)
売り上げランキング: 108,553

18歳のフィービー(ジョーダナ・ブリュースター)は、恋人と一緒にヨーロッパへ旅立ったまま帰らぬ人となった姉フェイス(キャメロン・ディアス)の死の真相を知ろうと、一人で旅に出る。
姉が旅先から送ったポストカードを手がかりに彼女の足跡をたどる旅の途中、パリで姉のかつての恋人ウルフ(クリストファー・エクルストン)と再会するのだが・・・。

おすすめ度:

何年か経ってから、2度目を観ました。

アムステルダム、パリ、ベルリンと旅して、最後に姉が死を選んだポルトガルへ辿り着くロードムービー。

姉妹の性格の違いをはじめ、光と影、生と死、強さと脆さ、コントラストがテーマであるような作品。

最初の都市アムステルダムの街を不安げに歩くフィービーが、旅を通して成長(といっても、ほぼお色気系の経験だけなんだけど)して、最後ポルトガルの地では、見た目的にもたくましく強い女性になっている。

子供の頃、脱社会的な行動を取る自由奔放な姉が、妹にとってはとても大きな存在だった。
そんな姉が、自分を残して自ら命を絶ったことについて、真実を知りたいと思う。
一方で、その死のストーリーすらも美化したいと思う、18歳の不安定な年頃の妹役を演じたジョーダナ・ブリュースターが、とても魅力的。
やたら肉感的でセクシーに見えるのは、あの浅黒い肌の色のせいでしょうか。

回想シーンで登場するキャメロン・ディアスも、60年代のヒッピーな感じがよかった。

でも、この二人が姉妹というのは、なんだかとても違和感ありますね。
人種が明らかに違うのに、同じ母親から生まれるワケない。(笑)

>> キャメロン・ディアス出演映画をみる