華麗なるギャツビー


原題:THE GREAT GATSBY
監督:バズ・ラーマン
出演:レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン
製作:2012年米

華麗なるギャツビー [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2014-05-02)
売り上げランキング: 2,302

1920年代のN.Y。宮殿のような豪邸では、毎夜盛大なパーティが開かれていた。その豪邸に住むのは、謎の大富豪ジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)。隣りの小さな家に越してきたニック(トビー・マグワイア)は、ギャツビーに招かれ、ある夜パーティーに参加するのだが・・・。

おすすめ度:

豪華絢爛!
花火は打ち上げられるわ、紙吹雪は舞うわ、シャンパンタワーは出てくるわで、とにかくド派手なお祭り騒ぎ。
1920年代が舞台ということで、ダンスや音楽、衣装やメイクまで、徹底的に当時を再現してて、観ごたえありです。

有名な小説なだけに、また5回目の映画化というだけに、レオナルド・ディカプリオ演じるジェイ・ギャツビーには賛否両論あったようですが。
観てる人それぞれのギャツビー像があると思うから、こういう役を演じるのって大変でしょうね。

この作品は小説も読んでるし、以前に宝塚の舞台でも観てるけど、私の中のギャツビー像は、まさにレオ様が演じたギャツビーそのもの。
過去に執着し、理想の女性に幻想を抱き、財力と権力を持ちながらも、どこか危なげで繊細な彼の表情に、キュンキュンしました。

プライベートでも親友だというレオナルド・ディカプリオとトビー・マグワイア、2人の絡みが最後まで素敵でした。
デイジー役のキャリー・マリガンも、美人ではないけど個性的で魅力のある女優さんですね。
21世紀のオードリーヘップバーンとか言われてるらしいけど、そこまで・・・?って気はしますが。

デイジー、男性から見るとああいうのが “守ってあげたくなる女” なんですねー。

>> レオナルド・ディカプリオ出演映画をみる