カンパニー・メン


原題:THE COMPANY MEN
監督:ジョン・ウェルズ
出演:ベン・アフレック、トミー・リー・ジョーンズ、ケビン・コスナー、クリス・クーパー
製作:2010年米

カンパニー・メン [DVD]
Happinet(SB)(D) (2012-03-02)
売り上げランキング: 49276

大企業の販売部長として働くエリートサラリーマンのボビー(ベン・アフレック)は、ある日突然リストラを言い渡される。
3ヶ月分の給料と再就職支援サポートを受けることを条件に無職となったボビーは、最初はすぐに再就職できると楽観的だが、オファーもなく面接も通らない現実を突きつけられる。
現実的な妻マギー(ローズマリー・デウィット)は、車を手放すことや家の売却を提案するが、プライドを捨てきれないボビーは受け入れることができない。
そんな中、元上司で重役のジーンー(トミー・リー・ジョーンズ)や仲間のフィル(クリス・クーパー)も、2度目のリストラの対象となってしまう・・・。

おすすめ度:

アルゴを観てまた好きになってしまったベン・アフレック目当てでレンタルしました。(^^ゞ
前評判もストーリーも知らずに観ましたが、豪華キャスト、ストーリーもよく作られていて、良い映画でした。

長年貢献してきた(つもり)の会社を、ある日突然解雇される。
貢献度の低い社員をいつまでも雇わない、ある意味会社としては健全な在り方だけれど、リストラされた人間にとっては、突然の解雇で生活が一変、多くを失なってしまう。
そんな大規模リストラを決行した最高経営者は、私利私欲の道に走る。
その辺の背景とそれぞれのキャラクターの心情が、とても分かりやすく描かれたストーリーです。

再就職がなかなか決まらないことで、妻に「期待にこたえられなくてゴメン。」と言うボビーと、それに対して「はじめての挫折じゃない。」と答える妻の何気ない会話に、なんかジーンときてしまいました。

ベン・アフレックは、やっぱり体格がいいからスーツ姿が似合う!
最近は日本のCMでしか見かけなかったトミー・リー・ジョーンズが、とてもいい味を出してました。
実直な大工役のケビン・コスナーは、一瞬あれ?と思ったぐらい、なんだか老けて冴えなかったけど、役柄的にはとても素敵でしたね。

それにしても、アメリカの会社の解雇というのはアッサリしてますね。
他の映画でも何度か同じような光景を見たことがあるので、あれが実際の解雇のパターンなんでしょうけれど、朝出勤したら突然解雇を告げられ、ダンボール箱に私物を詰めて、そのまま帰宅。
前会社がその費用を負担する再就職支援センターなど、日本とは仕組みが違う失業・再就職のシステムも垣間見れて、興味深かったです。

長年のサラリーマン生活の中で、自分の当たり前としてきたことが崩れ、再出発に向けて四苦八苦する中で、失ってはじめて見えてくる何か、感じる素直な気持ち。
会社生活って、人生の価値って何だろう、と考えさせられますが、観終わった後にはなんとなく元気になれる映画です。

>> ベン・アフレック出演映画をみる
>> ケビン・コスナー出演映画をみる