ディボース・ショウ

原題:INTOLERABLE CRUELTY
監督:ジョエル・コーエン
出演:ジョージ・クルーニー、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ
製作:2003年米

ディボース・ショウ [DVD]
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2004-09-29)
売り上げランキング: 41718

離婚訴訟専門弁護士マイルズ(ジョージ・クルーニー)のもとへ、ある富豪が訪れる。
好色な彼は、妻(キャサリンゼタジョーンズ)に悪事を取り押さえられたため、離婚訴訟の弁護を依頼する。
裁判はマイルズ側の勝訴となるが、復讐に燃えた妻は・・・。

おすすめ度:

離婚訴訟ネタをおもしろおかしく、ドッキリも取り入れたストーリーに仕立ててあります。

ジョージ・クルーニーとキャサリン・ゼタ・ジョーンズの2人の組合せは、とにかく華がありますね。
その他、ビリー・ボブ・ソーントンや、ジェフリー・ラッシュも脇役で登場してます。

キャサリン・ゼタ・ジョーンズの悪女ぶりと美貌に釘付けです。
ちなみに余談ですが、彼女は実生活でも夫のマイケル・ダグラスと財産分与に関する婚前契約を結んでいるらしいです。

原題の「Intolerable Cruelty」のとおり、かなり酷い仕打ちをするけれど、そのブラックなところがおもしろくていい映画。

>> キャサリン・ゼタ・ジョーンズ出演映画をみる
>> ジョージ・クルーニー出演映画をみる

シカゴ

原題:CHICAGO
監督:ロブ・マーシャル
出演:レニー・ゼルウィガー、リチャード・ギア、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、ルーシー・リュー
製作:2002年米

シカゴ スペシャルエディション [DVD]
ハピネット・ピクチャーズ (2003-10-31)
売り上げランキング: 9720

ショーの世界でスターを目指す2人の女性と敏腕弁護士が、シカゴのショービジネスの世界で色々巻き起こす。

おすすめ度:

ブロードウェイ・ミュージカルの映画化。

ミュージカル嫌いの人でも、この映画は楽しめると思います。
私も以前はミュージカルは苦手でしたが、この映画やムーラン・ルージュを観て意識が変わりましたから。

この映画の見所は、レニー・ゼルヴィガーとキャサリン・ゼタ・ジョーンズの歌とダンス。
パワフルで勢いがあって華やかで、とにかくかっこいい。
キャサリン・ゼタ・ジョーンズは、この頃ちょうど妊娠していたらしいけれど、全く分からないほどプロポーション抜群。
リチャード・ギアも、自慢のタップを披露しています。

観終わった後も興奮がなかなか冷めないようなパンチのある映画です。
オススメ。

>> レニー・ゼルウィガー出演映画をみる
>> キャサリン・ゼタ・ジョーンズ出演映画をみる
>> リチャード・ギア出演映画をみる

オーシャンズ12

原題:OCEAN’S TWELVE
監督:スティーブン・ソダーバーグ
出演:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、ジュリア・ロバーツ、アンディ・ガルシア、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、ブルース・ウィリス
製作:2004年米

オーシャンズ 12 [DVD]
オーシャンズ 12 [DVD]
posted with amazlet at 12.08.12
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005-07-01)
売り上げランキング: 10661

オーシャンズに大金を奪われた、ラスベガスの三大カジノを所有するベネディクト(アンディ・ガルシア)は、ダニー(ジョージ・クルーニー)とその手下たち全員を探し出し、奪った金に利子をつけて決められた期限までに返さなければ、命を奪うという脅しに出た。
オーシャンズは、ベネディクトに返す金を集めるため、ヨーロッパに舞台を移し、再び窃盗を企てるのだが・・・。

おすすめ度:

オーシャンズ11の続編。
1作目とメンバーはほぼ同じでしたが、ユーロポールの敏腕捜査官として、キャサリン・ゼタ・ジョーンズが登場。

1作目に比べると、しょぼい印象です。
ストーリーも何だかおかしい。1作目で奪った金を、2作目で利子つけて返すなんて。
キャサリン・ゼタ・ジョーンズのほかにも、後半でブルース・ウィリスが登場したりして、さらに出演者は豪華になっています。
でも、その割りにおもしろくなくて残念。

>> ジョージ・クルーニー出演映画をみる
>> ジュリア・ロバーツ出演映画をみる
>> ブラッド・ピット出演映画をみる
>> マット・デイモン出演映画をみる
>> キャサリン・ゼタ・ジョーンズ出演映画をみる

アメリカン・スウィートハート

原題:AMERICAN’S SWEETHEARTS
監督:ジョー・ロス
出演:ジュリア・ロバーツ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、ジョン・キューザック
製作:2001年米

アメリカン・スウィートハート [DVD]
ポニーキャニオン (2005-03-02)
売り上げランキング: 81881

大物スターのカップル(キャサリン・ゼタ・ジョーンズとジョン・キューザック)は、既に冷め切った関係だったが、共演の話が舞い込み引き受けることに。
とにかく横暴な態度の姉に、彼女のサポートをする妹(ジュリアロバーツ)はだんだん愛想を尽かすが、姉のお相手のジョン・キューザックには秘かに恋心をいだいていた・・・。

おすすめ度:

映画業界、スターのドタバタを描いた作品です。
まず、キャサリン・ゼタ・ジョーンズのワガママぶりがすごい。
彼女は美人なだけに、嫌な女を演じると心底ビッチと思えてしまう。
逆に、いつもは派手な役柄が多いジュリア・ロバーツは、この映画では控えめなで健気な女性を演じていて、なんだか新鮮。

しかし、この美女2人が取り合う相手がジョン・キューザックというのは・・・微妙。

>> ジュリア・ロバーツ出演映画をみる
>> ジョン・キューザック出演映画をみる
>> キャサリン・ゼタ・ジョーンズ出演映画をみる