そんな彼なら捨てちゃえば?

原題:HE’S JUST NOT THAT INTO YOU
監督:ケン・クワピス
出演:ベン・アフレック、ジェニファー・アニストン、ドリュー・バリモア、ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・コネリー、スカーレット・ヨハンソン、ジャスティン・ロング、ジニファー・グッドウィン
製作:2009年米

そんな彼なら捨てちゃえば? [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-07-14)
売り上げランキング: 7257

いつも恋に空回りするジジ(ジニファー・グッドウィン)に、バーテンのアレックス(ジャスティン・ロング)に男の本音を伝えアドバイスする。付き合って7年の恋人ニール(ベン・アフレック)と結婚したいベス(ジェニファー・アニストン)は、全く結婚する気がない彼にイライラ。ヨガ教室の講師アンナ(スカーレット・ヨハンソン)は、妻ジャニーン(ジェニファー・コネリー)のいるベン(ブラッドリー・クーパー)に夢中。
それぞれの恋の行方は・・・。

おすすめ度:

ドリュー・バリモアがプロデュースしたそうですが、彼女自身ネットで彼氏を募集するおちゃめな女性役で出演しています。

個人的には、すごくツボなラブコメでした。

ジジを演じたジニファー・グッドウィンの積極的で空回りなアプローチは、同じ女性として見ていて痛いと思いながらも、なんか笑えます。
アンナを演じたスカーレット・ヨハンソンは、役柄的にも外見からも、女性とくに既婚者の女性には、やや批難されそうですね。
でも、幸薄い未来が見え隠れするような感があり、そこが”100%嫌な女”には見えないところだと思います。

ジェニファー・アニストンは、ピッタリのハマリ役で、いくつになっても可愛い。
ベン・アフレックとのカップルぶりはラブコメ定番で、安定感すら感じました。

それぞれキャラクターやカップルの恋模様に、自分の今までを重ね合わせたりと、共感・同調できる部分もあり、また恋する男の本音についてのノウハウ(?)もあったりして、女性はこの映画、結構楽しめるんじゃないかと思います。

>> ベン・アフレック出演映画をみる
>> ジェニファー・アニストン出演映画をみる
>> ドリュー・バリモア出演映画をみる

カンパニー・メン

原題:THE COMPANY MEN
監督:ジョン・ウェルズ
出演:ベン・アフレック、トミー・リー・ジョーンズ、ケビン・コスナー、クリス・クーパー
製作:2010年米

カンパニー・メン [DVD]
Happinet(SB)(D) (2012-03-02)
売り上げランキング: 49276

大企業の販売部長として働くエリートサラリーマンのボビー(ベン・アフレック)は、ある日突然リストラを言い渡される。
3ヶ月分の給料と再就職支援サポートを受けることを条件に無職となったボビーは、最初はすぐに再就職できると楽観的だが、オファーもなく面接も通らない現実を突きつけられる。
現実的な妻マギー(ローズマリー・デウィット)は、車を手放すことや家の売却を提案するが、プライドを捨てきれないボビーは受け入れることができない。
そんな中、元上司で重役のジーンー(トミー・リー・ジョーンズ)や仲間のフィル(クリス・クーパー)も、2度目のリストラの対象となってしまう・・・。

おすすめ度:

アルゴを観てまた好きになってしまったベン・アフレック目当てでレンタルしました。(^^ゞ
前評判もストーリーも知らずに観ましたが、豪華キャスト、ストーリーもよく作られていて、良い映画でした。

長年貢献してきた(つもり)の会社を、ある日突然解雇される。
貢献度の低い社員をいつまでも雇わない、ある意味会社としては健全な在り方だけれど、リストラされた人間にとっては、突然の解雇で生活が一変、多くを失なってしまう。
そんな大規模リストラを決行した最高経営者は、私利私欲の道に走る。
その辺の背景とそれぞれのキャラクターの心情が、とても分かりやすく描かれたストーリーです。

再就職がなかなか決まらないことで、妻に「期待にこたえられなくてゴメン。」と言うボビーと、それに対して「はじめての挫折じゃない。」と答える妻の何気ない会話に、なんかジーンときてしまいました。

ベン・アフレックは、やっぱり体格がいいからスーツ姿が似合う!
最近は日本のCMでしか見かけなかったトミー・リー・ジョーンズが、とてもいい味を出してました。
実直な大工役のケビン・コスナーは、一瞬あれ?と思ったぐらい、なんだか老けて冴えなかったけど、役柄的にはとても素敵でしたね。

それにしても、アメリカの会社の解雇というのはアッサリしてますね。
他の映画でも何度か同じような光景を見たことがあるので、あれが実際の解雇のパターンなんでしょうけれど、朝出勤したら突然解雇を告げられ、ダンボール箱に私物を詰めて、そのまま帰宅。
前会社がその費用を負担する再就職支援センターなど、日本とは仕組みが違う失業・再就職のシステムも垣間見れて、興味深かったです。

長年のサラリーマン生活の中で、自分の当たり前としてきたことが崩れ、再出発に向けて四苦八苦する中で、失ってはじめて見えてくる何か、感じる素直な気持ち。
会社生活って、人生の価値って何だろう、と考えさせられますが、観終わった後にはなんとなく元気になれる映画です。

>> ベン・アフレック出演映画をみる
>> ケビン・コスナー出演映画をみる

アルゴ

Filed under: サスペンス・ミステリー,ドキドキしたい — タグ: — 11:58 PM 2012/11/12

原題:ARGO
監督:ベン・アフレック
出演:ベン・アフレック
製作:2012年米

1979年イラン。首都テヘランのアメリカ大使館が過激派グループに占拠され、アメリカ人外交官が人質に取られるが、そのうち6人のアメリカ人外交官が脱出に成功し、カナダ大使公邸に匿われる。CIAのトニー・メンデス(ベン・アフレック)は、6人を救出するためにARGOという架空のSF映画を製作し、6人をカナダ人の映画製作スタッフに身分偽変させて、国外へ脱出させようとする・・・。

おすすめ度:

ベン・アフレック監督主演、製作にはジョージ・クルーニーも携わったようです。

最高におもしろかったです。ストーリー後半の緊迫感、ドキドキが止まらなかった。
架空の映画製作をでっちあげての脱出計画という大胆なミッションを描いた作品という点からも、ジョニー・デップが演じたFBIおとり捜査の「フェイク」と、ややテイストが似ていました。

実話に基づいたストーリーで、イランアメリカ大使館人質事件やイスラム革命についても、この映画で少し勉強できました。
今現在アメリカとイランの間で緊張した関係が続いてるのは、過去にこういった背景があったことも関係しているのかな、とか思ったり。

それにしても、この作戦は機密扱いで長い間謎に包まれていて、公になったのが18年も経った1997年のクリントン政権時代だったというのにも驚き。

ベン・アフレックは若い頃から好きな俳優。
あまり役に恵まれなかったのか、最近の出演作品ではいまいちパッとしない印象だったけれど、この映画では彼の魅力が全開でしたね。
中東のエキゾチックな雰囲気の中、黒髪とあご髭、そして目の下のほくろがなんともセクシー。
監督としても役者としても素晴らしく、惚れ直してしまいました。

イランでの撮影ができず、一部のシーンはトルコのイスタンブールで撮影したようで、ブルーモスク、アヤソフィアなどの文化遺産も見どころです。

>> ベン・アフレック出演映画をみる

パール・ハーバー

原題:PEARL HARBOR
監督:マイケル・ベイ
出演:ベン・アフレック、ジョシュ・ハートネット、ケイト・ベッキンセール
製作:2001年米

パール・ハーバー 特別版 [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2006-01-25)
売り上げランキング: 38708

第二次世界大戦下。
兄弟のように育った親友のレイフ(ベン・アフレック)とダニー(ジョシュ・ハートネット)は、陸軍のパイロット。
レイフは、恋人で看護婦のイヴリン(ケイト・ベッキンセール)を残して、志願兵として彼女の元を発つ。
ダニーとイヴリンは、ハワイのパール・ハーバーに転属になるが、戦争中とは思えないリラックスした日々を過ごす。
そんな中、レイフが乗っていた飛行機が墜落したという連絡を受ける。
それから数ヶ月、お互いに悲しみを癒しあうダニーとイヴリンは、愛し合うようになるが・・・。

おすすめ度:

戦争映画として観ると色々と不満を言いたくなりますが、わりきって娯楽大作として観れば楽しめます。
ケイト・ベッキンセール演じるイヴリンが、恋人が戦死したと知って身近にいた彼の友人にあまりにあっさり乗り換えるあたりが少々引っかかりましたが、まぁそういう部分も含めてハリウッドらしい大作です。

真珠湾奇襲攻撃により米国が参戦して、ベン・アフレックとジョシュ・ハートネット演じる2人のアメリカ人が日本攻撃の部隊へ。
何十年か前にはこうして戦っていた国の人たちの映画を、今こうして観ているんだなぁと、複雑な気持ちになりますね。

パール・ハーバーといえば、主題歌のフェイス・ヒルの「There You’ll Be」。
一度聞くとなぜか頭の中をグルグルまわってしまうので困ります。

この映画を観た一番の目的、お目当てのベン・アフレックとジョシュ・ハートネットは、かっこよかったです。

>> ジョシュ・ハートネット出演映画をみる
>> ベン・アフレック出演映画をみる

200本のたばこ

原題:200 CIGARETTES
監督:リサ・ブラモン・ガルシア
出演:ベン・アフレック、ケイシー・アフレック、コートニー・ラブ、ケイト・ハドソン、クリスティーナ・リッチ
製作:1999年米

200本のたばこ [DVD]
200本のたばこ [DVD]
posted with amazlet at 12.08.18
角川書店 (2005-11-25)
売り上げランキング: 44334

大晦日のニューヨーク。年越しパーティに招かれた人達は、一緒に新年を迎えるパートナーを探そうと必死・・・。

おすすめ度:

ベン・アフレックとケイシー・アフレックの兄弟が共演。

健康に悪そうなタイトルの映画ですが、独身男女の恋愛群像劇です。
色んなキャラクターの若者がいて、それぞれが楽しい新年を迎えようと行動するのが観ていて楽しい。
最後のオチも好きです。

アメリカ人は、なぜここまでして新年をカップルで迎えたいか。
Happy New Year!と言いながらパートナーとkissするらしいけれど、パートナーがいない人は、仕方ないから友達とするって聞いたことがある。
そんなにチューがしたいのか?

>> ベン・アフレック出演映画をみる
>> クリスティーナ・リッチ出演映画をみる

ドグマ

Filed under: コメディ — タグ: , — 12:54 PM 2012/08/16

原題:DOGMA
監督:ケヴィン・スミス
出演:ベンアフレック、マットデイモン 
製作:1999年米

ドグマ [DVD]
ドグマ [DVD]
posted with amazlet at 12.08.15
東宝 (2001-03-23)
売り上げランキング: 42307


堕天使の2人(ベン・アフレック、マット・デイモン)が、天国への帰還を企むが、それを阻止しようとする者が現われ、事態は思わぬ方向に・・・。

おすすめ度:

何だか意味がよく分からないストーリーでした。
堕天使の2人が天国へ戻ると、世界に矛盾が生じて滅亡してしまうとか。
前半はおもしろくなりそうな雰囲気だったのに、途中からだんだんとワケが分からなくなり。
サルマ・ハエックが出てきたり、最後にはアラニス・モリセットが出てきたりと、そんなところしか覚えていません。

>> ベン・アフレック出演映画をみる
>> マット・デイモン出演映画をみる

トータル・フィアーズ

原題:THE SUM OF ALL FEARS
監督:フィル・アルデン・ロビンソン
出演:モーガン・フリーマン、ベン・アフレック
製作:2002年米

トータル・フィアーズ [DVD]
東宝東和 (2004-11-25)
売り上げランキング: 55988

CIAでロシア担当の情報分析官をしているジャック(ベン・アフレック)は、ロシアの現職大統領が亡くなったために召集され、長官のウィリアム(モーガン・フリーマン)と共にロシアへ向かう。
そこで、ロシアがチェチェンの首都に毒ガス攻撃を仕掛けたことを知った彼らは、捜査に乗り込む。
スーパーボウルの試合が行なわれているボルチモアに核弾頭が持ち込まれたという噂から、ロシアとアメリカとの間には不穏な空気が漂い、最高の警戒態勢に・・・。

おすすめ度:


政情不安定なロシアと警戒するアメリカ、核問題など、政治的な題材を盛り込んだ政治サスペンス。
ハラハラドキドキの展開。

ベン・アフレックが優秀な分析官を演じていますが、しっくりきません。
緊迫したシーンでこの顔が出てくると、なんか気が抜ける感じ。
ジョニー・デップあたりがこの役をやっていたら、もっとおもしろい映画になっていたと思うんですが。

>> ベン・アフレック出演映画をみる
>> モーガン・フリーマン出演映画をみる

チェイシング・エイミー

原題:CHASING AMY
監督:ケヴィン・スミス
出演:ベン・アフレック、ジェイソン・リー
製作:1997年米

チェイシング・エイミー [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-04-04)
売り上げランキング: 31843

若手漫画家ホールデン(ベン・アフレック)は、親友と共同で描いたコミックが売れ、パーティに招かれた。
そこで、女性漫画家アリッサを紹介され、彼女に一目ぼれしてしまう。
しかし彼女はレズビアンだった・・・。

おすすめ度:

好み好まれ三角関係。
結構ぶっ飛んだストーリーに、付いていけず。
たいくつで途中ちょっと寝てしまいました。
なので、キャストにマット・デイモンとあったけれど、どこで出ていたのか気づかなかったです。
だからといって 、もう一度ちゃんと観たいとも思わない映画。
私の中では、かなりハズレ。

>> ベン・アフレック出演映画をみる

ジーリ

原題:GIGLI
監督:マーティン・ブレスト
出演:ベン・アフレック、ジェニファー・ロペス、アル・パチーノ、クリストファー・ウォーケン
製作:2003年米

ジーリ [DVD]
ジーリ [DVD]
posted with amazlet at 12.08.13
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (2005-06-22)
売り上げランキング: 132743

L.Aに住む自称町一番のチンピラ、ラリー・ジーリ(ベン・アフレック)が、ボスの命令で検察官の弟である知恵遅れの青年を誘拐することに。
しかし信頼されていない彼には、監視役ということでリッキーという女性(ジェニファー・ロペス)が送りこまれる。
彼は最初は女の監視役などつけられ自尊心を傷つけられたと腹を立てるが、彼女の知性と魅力にだんだんと惹かれていくのだが・・・。

おすすめ度:

交際真っ最中でLOVEな頃のベン・アフレックとジェニファー・ロペスの共演作品だったかと。

内容がうすっぺらい映画で、しまりがない。
最後のほうにアル・パチーノやクリストファー・ウォーケンも出てくるけど、彼らの出演の意味も何だかよく分からない。

私のようにベンもジェニファーも好きで、2人のLOVEっぷりが観てみたいという明確な目的でもない限り、この映画オススメしません。

ジェニファー・ロペスは可愛いけど、やっぱりお芝居よりダンスしてたほうがいいです。

>> アル・パチーノ出演映画をみる
>> ベン・アフレック出演映画をみる

恋におちたシェイクスピア

原題:SHAKESPEARE IN LOVE
監督:ジョン・マッデン
出演:ジョセフ・ファインズ、グウィネス・パルトロウ、ベン・アフレック
製作:1998年米

恋におちたシェイクスピア [DVD]
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2004-09-29)
売り上げランキング: 25953

シェイクスピアの新作のオーディションに、トマス・ケントと名乗る青年(グウィネス・パルトロウ)がやってくる。
トマスは、商人の娘ヴァイオラが男装した姿だった。
女性が舞台に立つことが許されない時代、演劇をしたい彼女は男性に変装してオーディションにやってきたのだった。
シェイクスピアはヴァイオラに一目惚れ、トマスがヴァイオラの仮の姿だと知った後、2人は恋に落ち忍び愛を続けてゆくが・・・。

おすすめ度:

シェイクスピアの叶わぬ恋を描いた劇中劇。

イギリスの演劇の歴史や、エリザベス朝のロンドンで町全体が芝居熱に加熱している背景がリアルに描かれています。

衣装もすごくて、ジョセフ・ファインズやベン・アフレックのかぼちゃパンツが可愛いです。
2人の恋物語は、ロミオとジュリエットを形作ったもので、映画の後半でジョセフ・ファインズのロミオと、グウィネス・パルトロウのジュリエットで上演されるんですが、これがとっても素敵で見とれてしまう。

映画の中で演劇が楽しめるという、2度おいしい作品。
もう一度観たいなぁと思う映画です。

>> グウィネス・パルトロウ出演映画をみる
>> ベン・アフレック出演映画をみる

恋は嵐のように

原題:FORCES OF NATURE
監督:ブロンウェン・ヒューズ
出演:サンドラ・ブロック、ベン・アフレック
製作:1999年米

恋は嵐のように [DVD]
恋は嵐のように [DVD]
posted with amazlet at 12.08.13
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2009-04-10)
売り上げランキング: 70545

結婚式を控えたベン(ベン・アフレック)は、式場に向かうため乗った飛行機が滑走路で事故。
隣りで気を失っていた女性サラ(サンドラ・ブロック)を介抱したことで、なぜか2人は一緒に目的地を目指すことに。
次々とアイデアを持ち出すサラに、成すすべもなく言いなりになるベン。
旅を続けていくうちに、2人の間にしだいに恋心が芽生えてくるが・・・。

おすすめ度:

ベン・アフレックが好きで、何も考えずに観るにはいいラブコメかなと思ってレンタルしたんですが、始終サンドラ・ブロック演じる女性に押され気味のハッキリしない男に、少々イラつきました。

結婚を間直にしてバタバタするハリウッド映画でありがちですがラブコメですが、まぁおもしろかったです。

>> サンドラ・ブロック出演映画をみる
>> ベン・アフレック出演映画をみる

恋の方程式 あなたのハートにクリック2

原題:THE THIRD WHELL
監督:ジョーダン・ブラディ
出演:デニス・リチャーズ、ルーク・ウィルソン、マット・デイモン、ベン・アフレック 
製作:2001年米

恋の方程式 あなたのハートにクリック2 [DVD]
パイオニアLDC (2002-07-25)
売り上げランキング: 97184

お目当ての同僚ダイアナ(デニス・リチャーズ)が恋人と別れたことを知ったスタンリー(ルーク・ウィルソン)は、同僚のマイケル(ベン・アフレック)の指導の下、デートマニュアルを作り、彼女を誘い出す。
同僚たちは、2人の関係に賭けで行方を見守る。
しかし初デートの日、2人の乗る車は交通事故に巻き込まれてしまう・・・。

おすすめ度:

製作総指揮にベン・アフレックとマット・デイモンの名前があったので、気になってレンタルしました。
「ドグマ」のような映画ではなかったので、ひとまずホッ。

デート中のドタバタを描いたコメディで、まぁ暇つぶしにはよい映画。
マット・デイモンは本当にしょうもない役での出演だけど、結構カワイかった。

ちなみに、邦題の「クリック2」は二乗を意味してるそうで、クリック・クリック!ってことみたいです。
ベストおかしなタイトル賞をあげたいです。

>> マット・デイモン出演映画をみる
>> ベン・アフレック出演映画をみる

グッド・ウィル・ハンティング

原題:GOOD WILL HUNTING
監督:ガス・ヴァン・サント
出演:ロビン・ウィリアムズ、マット・デイモン、ベン・アフレック
製作:1997年米

グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-03-07)
売り上げランキング: 410

大学の清掃員として働くウィル(マット・デイモン)が、ある日構内の黒板に書かれた数学の難解な問題を、あっさりと解いてしまう。
解いたのが彼だと分かった教授は、ワルとつるんでいる彼にセラピーを受けさせ、なんとか数学問の道へ導こうとするが、なかなかうまくいかない。
彼は子供の頃に里親を転々と渡り歩き、虐待まで受けた辛い過去を持っていた。
同じく妻に先立たれ悲しい過去を持つ教授(ロビン・ウィリアムズ)が彼の教育を担当することになるが、初めの頃はうまく噛み合わなかった2人も、そのうち心を通わせるようになる。
ウィルには数学者としての将来が見えてきて、愛する女性も現われる。
ワル友達の中で彼の一番の親友(ベン・アフレック)は、才能のある彼はこの街に自分たちと一緒にいるような人間ではないと、別れを告げる。
お祝いに仲間から贈られた車で、ウィルはその街を旅立ってゆく・・・。

おすすめ度:

マット・デイモンとベン・アフレックの2人が脚本して、アカデミーオリジナル脚本賞を取った作品。

1人1人の登場人物の内に秘める思いを、単純すぎず複雑すぎず、適度に描かれている作品。
辛い過去を持った若い青年を、自分も傷を負った人生の先輩が支えていくのが、とても感動的。

マット・デイモンが数学の天才を演じていますが、これがハマリ役。
ベン・アフレックも、この映画ではいい味を出しています。
彼はこの頃からアルマゲドンあたりまでが、一番良かったなぁ。

>> ベン・アフレック出演映画をみる
>> マット・デイモン出演映画をみる
>> ロビン・ウィリアムズ出演映画をみる

偶然の恋人

原題:BOUNCE
監督:ドン・ルース
出演:ベン・アフレック、グウィネス・パルトロウ
製作:2000年米

偶然の恋人 2枚組スペシャルエディション [DVD]
パイオニアLDC (2001-08-24)
売り上げランキング: 76369

飛行機の欠航で出張帰りに足止めをくらったバディ(ベン・アフレック)は、同じように空港で次の便を待つ脚本家の男グレッグと意気投合する。
自分の便が間もなく出発することになったが、家族の待つところへ早く帰りたがっている彼に自分のチケットを譲ってあげのだが、なんとその飛行機が・・・。

おすすめ度:

当時は実生活でもloveだった、ベン・アフレックとグウィネス・パルトロウ出演のラブロマンス。

2人の出会いは、そこまでの経緯は偶然といえば偶然だけれど、少なくとも片方は過去の出来事から相手に対し複雑な気持ちを抱いているワケで、この「偶然の恋人」という邦題は、あまりピンときません。

暇つぶしに観るにはいいかな。

>> ベン・アフレック出演映画をみる
>> グウィネス・パルトロウ出演映画をみる

アルマゲドン

原題:ARMAGEDDON
監督:マイケル・ベイ
出演:ブルース・ウィリス、ビリー・ボブ・ソーントン、リブ・タイラー、ベン・アフレック
製作:1998年米

アルマゲドン [DVD]
アルマゲドン [DVD]
posted with amazlet at 12.07.22
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2006-01-25)
売り上げランキング: 1488

惑星が地球に近づいている。このままほおっておけば、18日後にはその惑星が地球に衝突し、人類は破滅してしまう。
NASAの指揮官(ビリー・ボブ・ソーントン)は、石油発掘のプロ(ブルース・ウィリス)とその仲間たちに、その惑星の表面に穴を開ける作業を依頼する。
彼は大事な娘(リブ・タイラー)を地球に残し、1人の若き青年(ベン・アフレック)を含む数名の仲間と共に、その任務を背負いシャトルに乗り込み宇宙に向かう。
惑星での作業が進む中、誰か1人が残って、手動にてスイッチをONしなければいけないことが判明。
この任務を背負うのは・・・。

おすすめ度:

地球を守るため、宇宙に旅立った男たちの死闘を描いた感動作。
前評判のとおり、ラストは号泣でした。

いくら訓練したからとはいえ、石油発掘要員がいきなりスペースシャトルに乗れるのか?という疑問は置いといて。
地球を守るという壮大なテーマでありながら、最後はやっぱり娘の幸せを願う一人の父親の想いが全てを物語る、よくできたヒューマンドラマです。

この映画でのベン・アフレックはかっこよくて、ファンになりました。
リブ・タイラーとのツーショットがすごくお似合い。
キャスティングが良かったと思います。

>> ベン・アフレック出演映画をみる
>> ブルース・ウィリス出演映画をみる