いつか晴れた日に


原題:SENSE AND SENSIBILITY
監督:アン・リー
出演:エマ・トンプソン、ヒュー・グラント、ケイト・ウィンスレット
製作:1995米

いつか晴れた日に [DVD]
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (2000-01-28)
売り上げランキング: 106532

19世紀のイギリス南西部を舞台に、良家の姉妹の恋愛から結婚までをコミカルに描いた作品。
女性作家ジェーン・オースティンが1795年に発表した小説
いつか晴れた日に―分別と多感
を映画化した作品のようです。

しっかり者で控えめな長女(エマ・トンプソン)と、自由奔放で多感な次女(ケイト・ウィンスレット)に、おてんばな三女の3姉妹。
長女は、控えめで紳士な若者(ヒュー・グラント)に惹かれるが、彼には長年の婚約者がいた。
次女は、姉妹を色々と助けてくる大佐(アラン・リックマン)に好意を持たれるが、少しプレイボーイな匂いのする若者に夢中。
それぞれに恋をして、失恋して、最愛のパートナーと結ばれることを夢見て・・・。

おすすめ度:

大好きな映画の1つです。
タイトルの「Sense and sensibility」のとおり、各キャラクターの感情を繊細に描いた素敵な作品。

舞台となっているイギリス南西部は、私が留学中に滞在していた地なのでとても親近感があるのですが、緑の美しいイギリスの田園風景がなにより印象的。

19世紀ということで、カボチャパンツ風スタイルの男性陣に、ヒラヒラふわっふわドレスの女性陣。
さすがはイギリスを代表する俳優の皆様、似合いますね。

追いかけてボロボロに傷つく愛、オモテには出さずひたすら思い続ける愛。
エマ・トンプソンとケイト・ウィンスレット演じる姉妹は、それぞれ正反対のキャラクターで、女性なら観ていて私はこっち派、と気持ちを重ねるところもあるかもしれません。

>> ヒュー・グラント出演映画をみる
>> ケイト・ウィンスレット出演映画をみる