ミスティック・リバー

原題:MYSTIC RIVER
監督:クリント・イーストウッド
出演:ショーン・ペン、ケビン・ベーコン、ティム・ロビンス 
製作:2003年米

ミスティック・リバー [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 28002

子供の頃のある悲惨な事件を引きずりつつ、3人の子供が成長し大人になる。
11歳の頃、路上で遊ぶジミー(ショーン・ペン)、ショーン(ケビン・ベーコン)、デイブ(ティム・ロビンス)。
そこに1台の車が止まり、デイブだけを乗せて去っていった。
男たちに性的暴行を受けたデイブは、数日後に逃げ出し家に戻った。
大人になり違う人生を歩む3人だが、ある日とある事件が起こる。
その悲惨な事件をきっかけに、3人の間に疑惑が生まれ・・・。

おすすめ度:

映画を観た後で小説も読みましたが、映画のほうは原作に忠実に作られていたと思います。

ほどよい緊張感の中で、先が読めないスリル。
音楽やカメラカットがまたドキドキ感を増長させ、最後まで気の抜けないサスペンスです。
予測できなかった最後の展開にドキっとしました。

名俳優3人ですが、私は特にティム・ロビンスの後姿の演技が好きです。


>> ティム・ロビンス出演映画をみる
>> ショーン・ペン出演映画をみる
>> ケビン・ベーコン出演映画をみる

ミート・ザ・ペアレンツ

原題:MEET THE PARENTS
監督:ベイ・ローチ
出演:ロバート・デ・ニーロ、ベン・スティーラー
製作:2000年米

ミート・ザ・ペアレンツ [DVD]
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2004-12-29)
売り上げランキング: 60297

付き合っている彼女と結婚したい看護士のグレッグ(ベン・スティーラー)は、彼女の両親の元を訪れる。
彼女の父(ロバート・デ・ニーロ)は、娘が連れてきた彼氏に露骨に嫌味な態度を取る。
何とか父親に好かれようと努力するも、元CIAの父親はウソ発見機を持ち出したり、彼の脱いだ上着のポケットを探ったり、身元調査まで始めてしまう。
結局、家を追い出されてしまったグレッグだったが・・・。

おすすめ度:

結構おもしろかったです。

頑固で意地悪でも、どこか愛嬌があって憎めない父親を演じた、ロバート・デ・ニーロ。
こういう彼の演技は、他の映画ではなかなかみれませんね。

>> ベン・スティラー出演映画をみる
>> ロバート・デ・ニーロ出演映画をみる

マンハッタン花物語

原題:BED OF ROSES
監督:マイケル・ゴールデンバーグ
出演:クリスチャン・スレイター、メアリー・スチュアート・マスターソン
製作:1996年米

マンハッタン花物語
マンハッタン花物語
posted with amazlet at 12.08.19
サントラ ダニエル・オブライエン ボロワーズ サラ・マクラクラン
BMGビクター (1996-07-24)
売り上げランキング: 126988

ワーカホリック気味のリサ(メアリー・スチュアート・マスターソン)は、たった一人の身内である養父を亡くしてしまう。
そんな日、オフィスに着くと彼女宛に綺麗な花束が届けられていた。
送り主が分からないので配達した花屋を訪れた彼女は、その花を配達したルイス(クリスチャン・スレイター)に尋ねるが、教えることはできないと言われる。
数日後、彼女が夜更けにふと窓の外を見ると、外にはルイスが。
彼は、実は単なる配達人ではなく花屋のオーナーで、あるとき偶然窓際で泣いている彼女を見かけて気になり、職場に花を送ったと白状する。
それから毎日、1時間毎にバラの花が届き、部屋はバラでいっぱいに。
2人はしだいに惹かれあっていく・・・。

おすすめ度:

理想のパートナーが目の前にいながらも、自分が幸せになることの恐怖から全てを拒もうとしてしまう、恋に臆病な女性。
以前に仕事に熱中しすぎて家庭を振り返ることがなく亡くなってしまった妻とのことを後悔しながら、今では好きな花を自分の仕事とし愛する人に100%の情熱を傾ける男性。
少し夢のあるストーリーでありながらも、きちんと大人の恋愛を描いた作品です。

メアリー・スチュアート・マスターソンは、とてもピュアなイメージのある人で、この役柄はぴったり。
クリスチャン・スレイターも、爽やかで素敵。

1時間毎にバラの花が贈られてくるなんて、いいじゃないですか。
窓際に座って泣いてみるもんですね。

ハッピーな大人の恋愛映画を観たいときに、とてもおすすめ。

>> クリスチャン・スレイター出演映画をみる
>> メアリー・スチュアート・マスターソン出演映画をみる