マリー・アントワネット

Filed under: ヒューマンドラマ — タグ: — 9:52 PM 2013/05/20

原題:MARIE ANTOINETTE
監督:ソフィア・コッポラ
出演:キルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン
製作:2006年米

マリー・アントワネット (通常版) [DVD]
東北新社 (2007-07-19)
売り上げランキング: 3,105

14歳のオーストリア皇女マリー・アントワネット(キルステン・ダンスト)は、フランス王太子(ジェイソン・シュワルツマン)に嫁ぐことになった。
マリーは、ヴェルサイユ宮殿での豪華な暮らしを楽しみながらも、王太子と夫婦関係と子作りのプレッシャーに悩まされる日々だったが・・・。

おすすめ度:

ソフィア・コッポラらしい、独特の世界観のある作品。

そういえば、ヴァージン・スーサイズ、ロスト・イン・トランスレーションと観てきて、私にはこの人の作品の魅力は理解できないから、もう観るのをやめよう、って前に思ったのに。
また観ちゃった。

確かに映像は美しいのだけど、微妙な”間”とか全体的なトーンが、どうも好きになれなくて。
スッキリしない終わり方も、なんだかなぁって。

一人の女の子の宮廷での日常を描いた作品、って軽い気持ちで観るといいのかも。
歴史映画や伝記の感覚で観ちゃうと、は?って感じです。

キルスティン・ダンスト、16~18歳のお姫様を演じるには無理がありすぎです。
肌感とか表情とか、観ようによってはおばあちゃんみたい。

>> キルスティン・ダンスト出演映画をみる

ブラッド・ダイヤモンド

原題:BLOOD DIAMOND
監督:エドワード・ズウィック
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジャイモン・フンスー、ジェニファー・コネリー
製作:2006年米

ブラッド・ダイヤモンド [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 16,308

内戦が続くアフリカで、ダイヤを密売するダニー・アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)は、反政府軍RUFに集落を襲撃された際に妻子と生き別れになったソロモン(ジャイモン・フンスー)と出会う。
ソロモンは、ダイヤモンドの採掘場で強制労働させられている最中に、巨大なピンクダイヤモンドの原石を見つけて隠していた。
ダニーがバーで出会ったジャーナリストのマディー(ジェニファー・コネリー)は、RUFの資金源となっている”ブラッド・ダイヤモンド”の真相を探って、アーチャーに近づくのだが・・・。

おすすめ度:

2006年に公開した作品で、米国務省が批判したことでも話題になった作品。
えぐいシーンが多いと聞いてたので、当時は観る勇気がなかったけれど、レオ様の出演作なのでやっぱり観ておこう、ということでレンタル。

悲惨なアフリカの内戦がリアルに描かれ、噂どおり目を覆いたくなるようなシーンの連続。
緊張感やスピード感があって、アクションとしてもサスペンスとしてもおもしろい。

先進国では幸せの象徴ともいえるダイヤモンドの背景に、こんな惨いストーリーがあるとは。
銃を向ける少年兵の映像はショッキングすぎる。
紛争ダイヤの現実。

社会問題提起の色が濃い作品だけれど、レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、そしてアフリカ出身のジャイモン・フンスーそれぞれの人間的魅力もたっぷり。

本作でのレオナルド・ディカプリオは、筋肉ムキムキで超ワイルド。
でも、顔はあいかわらずチャウチャウ。cute!!

>> レオナルド・ディカプリオ出演映画をみる

もしも昨日が選べたら

原題:CLICK
監督:フランク・コラチ
出演:アダム・サンドラー、ケイト・ベッキンセール、クリストファー・ウォーケン
製作:2006年米

もしも昨日が選べたら [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2009-09-02)
売り上げランキング: 11,769

仕事が忙しい建築士のマイケル(アダム・サンドラー)は、家族サービスができず、フラストレーションが溜まる日々。
ある夜、一人でスーパーに出かけたマイケルは、怪しい店員モーティ(クリストファー・ウォーケン)から、万能リモコンを与えられる。
早速使い始めたマイケルは、その万能リモコンの不思議な威力を知って、都合よく使い始めるのだが・・・。

おすすめ度:

「もしも昨日が選べたら」という邦題ですが、昨日どころか自由に時を操ることができる不思議なリモコン。
そのリモコンを使って、無邪気にいたずらするアダム・サンドラーがいい。
この人、本当におもしろいです。

彼の奥さん役のケイト・ベッキンセールは超綺麗。
怪しさたっぷりのクリストファー・ウォーケンも良かった。

面倒なことを回避してきた結果、失ったものも大きかったと気づく主人公。
ストーリー終盤は、ジーンとくるシーンも。

人生を1度体験して、その反省をふまえて2度目の人生を生きれたら、後悔なんてしないだろうな。
そんな思いが映画になった作品。

>> アダム・サンドラー出演映画をみる