フォーン・ブース

原題:PHONE BOOTH
監督:ジョエル・シュマッカー
出演:コリン・ファレル、ケイティ・ホームズ
製作:2003年米

フォーン・ブース [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2009-02-06)
売り上げランキング: 29563

傲慢で自分の好き勝手をしている広告マンのスチュー(コリン・ファレル)は、毎日のようにニューヨーク8番街にある電話ボックスから、新進女優パム(ケイティ・ホームズ)に電話をかけ、独身と偽り口説いていた。
電話を切った直後に、その電話ボックスの電話が鳴り思わず取ってしまった彼は、電話の相手(キーファー・サザーランド)に脅かされる。
彼はなぜか自分の私生活を全て知っており、このまま電話を切ればライフルで撃ち殺すと言う。
その電話の男は、電話中に公衆電話をめぐっていざこざを起こした娼婦の用心棒をどこからかライフルで撃ち殺し、電話ボックスの周りは警察に包囲されてしまう・・・。

おすすめ度:

ハラハラ・ドキドキのサスペンス。
タイトルのPHONE BOOTHのとおり、電話ボックスが舞台。
派手なアクションシーンはなく、電話での2人のやり取りだけで物語が進みます。
犯人の要求で電話を切れない主人公の緊張感と恐怖とストレスに、観ているこちらも冷や汗。

キーファー・サザーランドは、ほぼ声だけの出演。
でもその存在感は大きく、画面露出時間が長かったコリン・ファレルと同等の注目度でした。

コリン・ファレルに口説かれる新進女優の役には、エッフェル塔の頂上でトム・クルーズからプロポーズされたという、ケイティ・ホームズが。
冴えない女優さんですが、あの普通っぽいところがいいんでしょうかネ。

>> コリン・ファレル出演映画をみる

フォー・ウェディング

原題:FOUR WEADDING AND A FUNERAL
監督:マイク・ニューウェル
出演:ヒュー・グラント、アンディ・マクドウェル、クリスティン・スコット・トーマス
製作:1994年英

フォー・ウェディング [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2011-09-21)
売り上げランキング: 18874

独身男のチャールズ(ヒュー・グラント)は、女性にモテるが、結婚となるとなかなか踏み切れない。
ある日、アメリカ人の女性キャリー(アンディ・マクドウェル)に彼は一目惚れするが・・・。

おすすめ度:

4つの結婚式と、1つのお葬式。
なぜか邦題ではお葬式が省略されています。
ストーリー上、なくてはならないシーンでしたが。

イギリスの文化や風習が垣間見れておもしろいです。

煮え切らないイギリス人男と、自由奔放なアメリカ人女の恋愛を描いています。
恋愛観、結婚観、それぞれだなぁと。

主役の2人より、周りを固めている他のキャストのほうが地味にいい演技をしています。

ラストは、無理矢理に仕立てた感があり、ちょっと引きました。

>> ヒュー・グラント出演映画をみる
>> クリスティン・スコット・トーマス出演映画をみる

フェイク

原題:DONNIE BRASCO
監督:マイク・ニューウェル
出演:ジョニー・デップ、アル・パチーノ
製作:1997年米

フェイク エクステンデッド・エディション [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2010-04-16)
売り上げランキング: 5007

FBI捜査官のジョー(ジョニー・デップ)が、マフィア組織に潜入することを命じられ、ドニー・ブラスコという名前に変えて、組織の末端の1人レフティ(アル・パチーノ)に近づいていく。
着実に成果を上げる一方で、レフティとは単なる師弟関係を超えた親密な関係になっていく・・・。

おすすめ度:

ジョニー・デップ、アル・パチーノ、2人の大物俳優の共演に期待していましたが、その期待はまったく裏切られることなく。

実際に存在するFBI捜査官ジョー・ピストーネの実話が基になっているとのこと。
どんなに辛い潜入捜査だったろうと、胸を打たれます。

危険と隣り合わせの恐怖感、使命をまっとうしようとする正義感、その中で揺れ動く心の葛藤を完璧に表現していたジョニー・デップは、やっぱり凄い役者です。
アル・パチーノは、今回はマフィアといっても珍しく情けない役柄でしたが、組織の中でうだつのあがらない、でもどこか憎めない人間味のある男を哀愁たっぷりに演じていて、こちらも良かった。

レフティとドニーの間に生まれた師弟関係を超える強い心の繋がりが静かに終わりを迎えたときには、安堵とともに喪失感が。
2人のシリアスな演技に、本当に感動しました。

>> アル・パチーノ出演映画をみる
>> ジョニー・デップ出演映画をみる