デッドマン・ウォーキング


原題:DEADMAN WALKING
監督:ティム・ロビンス
出演:スーザン・サランドン、ショーン・ペン
製作:1995年米

デッドマン・ウォーキング [DVD]
パイオニアLDC (2002-02-22)
売り上げランキング: 81698

カップル殺害の罪で刑務所に入れられたマシュー(ショーン・ペン)の死刑が決まる。
囚人たちの精神アドバイザーとして働く修道女シスター・ヘレン(スーザン・サランドン)は、最初は冷酷な死刑囚に対して悪印象を持つも、相棒は無期懲役なのに対してマシューだけに死刑が確定したことに対して疑問を持つ。
審問会や知事への直訴を試みる彼女だったが、結局死刑執行は確実となってしまう。
最後の最後まで改心を見せない彼だったが、ヘレンに対して少しずつ心を開いていく・・・。

おすすめ度:

監督脚本はティム・ロビンス、主演は奥さんのスーザン・サランドン。
夫婦の共同作品ということでも、スーザン・サランドンがこの映画で主演女優賞を取ったことでも話題になりました。

殺人とレイプという大罪を犯した死刑囚、殺された被害者とその家族、死刑囚が改心して穏やかに死を受け入れることを望む修道女。
ストーリーが進む中で、それぞれの立場で色々考えさせられますが、死刑の是非や聖書の教えなど重いテーマが背景にあり、観ている途中で気持ちの持っていき場が分からなくなりました。
精神アドバイザーとして死刑囚を支える修道女と、最後は彼女の教えを理解し死にゆく死刑囚の対話は、とても切なく悲しいです。

ショーン・ペンの演技が素晴らしいです。

>> ショーン・ペン出演映画をみる
>> スーザン・サランドン出演映画をみる