ブリジットジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月


原題:BRIDGET JONES – THE EDGE OF REASON
監督:ビーバン・キドロン
出演:レニー・ゼルウィガー、ヒュー・グラント、コリン・ファース
製作:2004年英

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル (2012-04-13)
売り上げランキング: 19585

弁護士のマーク(コリン・ファース)と付き合いはじめたブリジット(レニー・ゼルウィガー)。
彼とのラブラブ生活がはじまって、早6週間が経っていた。
ある日、弁護士仲間の若い美人が、マークの家を訪れているところを目撃してしまう。
自分はデブでとりえのない女と落ち込み、しだいに彼の愛をも疑うようになる。
一方、元カレのダニエル(ヒュー・グラント)とは、突然仕事で一緒に組むことになった。
ダニエルはセックスセラピーに通っていて、もう昔のような女遊びは止めたといって彼女に迫るが・・・。

おすすめ度:

「ブリジットジョーンズの日記」の続編。

今回は、彼がいない寂しいブリジットではないけれど、恋がはじまったらはじまったで、新たな悩みが。
女性ならみんな一度は経験するであろう、恋愛中のさまざまな悩み、葛藤。
なんだか妙にリアルでした。

コメディ色は前回よりもさらに濃くなっているので、始終ドタバタしている感じ。
でも、すごくおもしろくて、途中泣けるところもありました。

驚いたのは、レニー・ゼルウィガーの体。
「シカゴ」であんなにガリガリに痩せたのに、またあそこまで戻したんですね。
女優さんってすごい。

ヒュー・グラントは、南の国でちょっと日焼けした浅黒い感じが、さらにエロかったです。

>> レニー・ゼルウィガー出演映画をみる
>> ヒュー・グラント出演映画をみる
>> コリン・ファース出演映画をみる