マンハッタン花物語


原題:BED OF ROSES
監督:マイケル・ゴールデンバーグ
出演:クリスチャン・スレイター、メアリー・スチュアート・マスターソン
製作:1996年米

マンハッタン花物語
マンハッタン花物語
posted with amazlet at 12.08.19
サントラ ダニエル・オブライエン ボロワーズ サラ・マクラクラン
BMGビクター (1996-07-24)
売り上げランキング: 126988

ワーカホリック気味のリサ(メアリー・スチュアート・マスターソン)は、たった一人の身内である養父を亡くしてしまう。
そんな日、オフィスに着くと彼女宛に綺麗な花束が届けられていた。
送り主が分からないので配達した花屋を訪れた彼女は、その花を配達したルイス(クリスチャン・スレイター)に尋ねるが、教えることはできないと言われる。
数日後、彼女が夜更けにふと窓の外を見ると、外にはルイスが。
彼は、実は単なる配達人ではなく花屋のオーナーで、あるとき偶然窓際で泣いている彼女を見かけて気になり、職場に花を送ったと白状する。
それから毎日、1時間毎にバラの花が届き、部屋はバラでいっぱいに。
2人はしだいに惹かれあっていく・・・。

おすすめ度:

理想のパートナーが目の前にいながらも、自分が幸せになることの恐怖から全てを拒もうとしてしまう、恋に臆病な女性。
以前に仕事に熱中しすぎて家庭を振り返ることがなく亡くなってしまった妻とのことを後悔しながら、今では好きな花を自分の仕事とし愛する人に100%の情熱を傾ける男性。
少し夢のあるストーリーでありながらも、きちんと大人の恋愛を描いた作品です。

メアリー・スチュアート・マスターソンは、とてもピュアなイメージのある人で、この役柄はぴったり。
クリスチャン・スレイターも、爽やかで素敵。

1時間毎にバラの花が贈られてくるなんて、いいじゃないですか。
窓際に座って泣いてみるもんですね。

ハッピーな大人の恋愛映画を観たいときに、とてもおすすめ。

>> クリスチャン・スレイター出演映画をみる
>> メアリー・スチュアート・マスターソン出演映画をみる