ビフォア・ミッドナイト

Filed under: 恋愛・ラブコメ — タグ: , — 5:30 PM 2015/02/20

原題:BEFORE MIDNIGHT
監督:リチャード・リンクレイター
出演:イーサン・ホーク、ジュリー・デルピー
製作:2013年米

ビフォア・ミッドナイト [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015-02-04)
売り上げランキング: 337

9年ぶりにパリでの再会を果たした2人のその後。
時はさらに9年経ち、ジェシー(イーサン・ホーク)とセリーヌ(ジュリー・デルピー)は、双子の子供たちと共にギリシャで6週間の休暇を過ごしていた。
最初の出会いから18年、いまや生活を共にし、仕事と育児に追われる2人。
久しぶりに2人きりのロマンチックな夜を過ごす予定も、些細なことから口論になってしまい・・・。

おすすめ度:

余韻を残す終わりだった2作目「ビフォア・サンセット」から、また9年が経っています。
結ばれることはないと思っていた2人の間には、まさかの子供まで。

40代になった2人は、日々の生活に疲れて、若い頃のパッションはやや失いながらも、あの果てしなく続くテンポの良い会話は健在。
風光明媚なギリシャの町を歩きながら、とにかくよく喋る。
さっきまでたわいもない話で盛り上がっていたのに、なぜか喧嘩がはじまったり。
理論派で愛情深いアメリカ人男と、行動力のある感情派のフランス人女が一緒に暮らすと、こんな風になるということ。

このシリーズは、ほぼ2人の会話だけで成り立っています。
1作目:恋人までの距離(ディスタンス)
2作目:ビフォア・サンセット

今度どうなるか分からない2人の不安定な関係、切なさといったものは今作にはなく、家庭の問題や夫婦の間に生じる亀裂といった、よくありがちな夫婦の物語に傾いていましたね。
前作が傑作だっただけに、どうかな・・・と思うところはあったけれど。
人ってこうして年を取っていくんだね、って向き合えた映画。

ともあれ、2人のその後がまた観れたのは、嬉しかったです。
また続きがあるのかな?

>> イーサン・ホーク出演映画をみる

チェ・28歳の革命/チェ・39歳別れの手紙

Filed under: ヒューマンドラマ — タグ: — 6:49 PM 2015/01/09

原題:CHE: PART ONE/THE ARGENTINE, CHE: PART TWO/GUERRILLA
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:ベニチオ・デル・トロ
製作:2008年・米

チェ ダブルパック (「28歳の革命」&「39歳別れの手紙」) [DVD]
NIKKATSU CORPORATION(NK)(D) (2009-06-12)
売り上げランキング: 26,490

放浪中のメキシコである晩、アルゼンチン人の医師チェ・ゲバラとキューバ革命を画策するフィデル・カストロが出会う。
革命メンバーとなったゲバラは、カストロら革命メンバーと共に、グランマ号にてキューバに上陸する。
農民の信頼を得て、ゲリラ兵を訓練し、激しいゲリラ戦を勝ち抜いてついにキューバ革命は成功するのだが・・・。

おすすめ度:

革命家チェ・ゲバラの半生を描いた2部作。
キューバ旅行の前に、歴史のおさらいも含めて観ました。

プエルトリコ出身のベニチオ・デル・トロが、アルゼンチン人のチェ・ゲバラを演じています。
ゲバラ本人は相当なイケメンで、顔はどちらかといえばブラッド・ピット似。
でも、やっぱりラテンの血の入ったベニチオ・デル・トロのほうが適役だったでしょうね。

前編のチェ・28歳の革命では、ゲバラがカストロと出会い、キューバ革命の同志として共に戦い、革命を成功させるまでを描いています。
後編では、キューバ革命成功後、ゲバラがカストロらと別れて革命の場をボリビアに移してからの話がメイン。

本2部作では、キューバ革命の前後を中心に描かれており、戦闘シーンが多めです。
ゲバラが若い頃、南米諸国を放浪しながら他国に支配される南アメリカの現状を目の当たりにし、その後革命家として生きることを決意するにいたった心情、背景がこの映画ではほとんど描かれていないのがちょっぴり残念。
でも、喘息持ちでありながらゲリラの第一線で戦い、時には医師として革命メンバーや農民を手助けをする、強く心優しいゲバラの人柄は、ベニチオ・デル・トロの好演もあって、見事に伝わってきました。

キューバの首都ハバナには、革命博物館やチェ・ゲバラの元邸宅などがあり、映画の中では描かれきれていなかった革命中のエピソードや、彼のプライベートの生活などを知ることができました。
キューバ旅行の様子はこちらのブログで紹介しています。

>> ベニチオ・デル・トロ出演映画をみる

ローマ法王の休日

Filed under: コメディ — 4:54 PM 2014/02/21

原題:HABEMUS PAPAM
監督:ナンニ・モレッティ
出演:ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル、レナート・スカルパ、ナンニ・モレッティ
製作:2011年・伊

ローマ法王の休日 [DVD]
Happinet(SB)(D) (2013-02-02)
売り上げランキング: 28,305

ローマ法王が亡くなり、次の新法王を選ぶ「コンクラーべ」という会議の為、世界各国から枢機卿がバチカンに集結する。
投票によって選ばれる枢機卿たちは、誰もが自分が選ばれないように願うが、メルヴィル(ミシェル・ピッコリ)という一人の枢機卿が新法王に選ばれる。
メルヴィルは、サン・ピエトロ大聖堂のバルコニーから、広場に集まるキリスト教信者に向けて就任演説をする直前、重圧のあまりパニックになり、演説をすっぽかして街へ逃げ出してしまう・・・。

おすすめ度:

予告編ではとてもコメディ色が強い映画のように宣伝されていたので、新ローマ法王が街へお忍びで遊びに行っちゃうような破天荒なストーリーを想像していましたが、ちょっと違っていましたね。

コンクラーベという新法王選出会議のことや、コンクラーベ期間中の枢機卿たちの様子など、なかなか知りえないネタを題材に映画化しているのはおもしろい。

ストーリー後半は、重圧に耐え切れず街へ飛び出したメルヴィルが、そこで起こる出来事、出会う人々を通して、過去の自分を思い返し今の自分を見つめ直していくという、心の葛藤を描いたもので、暗めのトーン。若干眠くなりました。
この映画は果たしてコメディ?と思いつつ、迎えるラストがこれまたふわーっと。

この種の映画を見慣れていないせいか、正直あまり良さが分からなかったという感じ。
ただ、新ローマ法王を演じたミシェル・ピッコリというおじいちゃんの哀愁漂う演技はよかった。

システィーナ礼拝堂は、実際にイタリア旅行の際に見ていますが、一瞬本当にあの場で撮影が行なわれたのかと思ったぐらい。
当然、撮影許可が降りるワケもなく、全部セットだったと後で分かりましたが。